お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ザ・ダイバー

G
  • 字幕

デ・ニーロの名演が光る、実話に基づくネイビー・アクション超大作!

海軍のエリート、マスターダイバーのビリー・サンデーは、ダイバー養成所で“神”と呼ばれる男だった。ある日白人ばかりの養成所に、サンデーに憧れてダイバーを目指すカール・ブラシアという黒人兵士がやってきた。その日から鬼教官サンデーは彼に対し差別といえるほど厳しい訓練を開始。それに耐え抜いたカールは、ついに海軍史上初の黒人ダイバーとなった。だがそんな彼に言い渡された任務は、海に墜落した戦闘機から核弾頭を回収するという、最も危険なものだった!

詳細情報

原題
MEN OF HONOR
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2000
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2014-07-04 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
330
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

ザ・ダイバーの評価・レビュー

3.8
観た人
1897
観たい人
1416
  • 2.6

    Rさん2021/06/21 21:56

    シャーリーズ・セロン出演作だから観たのだが、米海軍の潜水士の物語であった。
    ロバート・デ・ニーロも出演しているが、主役は黒人ダイバー役のキューバ・グッディング・ジュニア。

    潜水士は、海中に落ちたりした兵士を助けたり、様々な海中作業を行う海軍兵。
    海中で部品組み立て試験、片足切断する事態になっても頑張る黒人ダイバーは、実在した人の伝記とのこと。

    シャーリーズ・セロンは、最初は娼婦のような妖麗さであったが、デ・ニーロの妻役も良かった。
    この映画製作時(2000年頃)のシャーリーズ・セロンはショートカットの髪型で出演。
    ただ、この映画、シャーリーズ・セロン出演場面が少ない。

    全体的に「闘う男の物語」であった。

  • 3.7

    Violetさん2021/05/31 23:55

    ▼あらすじ
    貧しい小作農の家に生まれたカール・ブラシアは海軍に入隊し、そこで人命救助のために果敢に海に飛び込むマスターダイバーであるサンデーの姿を目にした。これをきっかけにサンデーに憧れ、マスターダイバーを志すカールだがーー。

    これまたそこまで有名じゃないけど隠れた名作!✨(私が知らないだけで有名なのかな)
    理不尽な人種差別に屈せずにマスターダイバーを目指した勇敢な黒人男性を描いた実話の物語。これエンドクレジットのところで実話ということを知って本当にびっくりした。

    デニーロの演技が素晴らしすぎてめちゃくちゃ引き込まれた....正直、デニーロの存在感が強すぎてカールを演じたキューバ・グッディング・Jrが喰われてた感じは否めない...
    デニーロ好きには堪らないと思います!!

    ✂︎----以下ネタバレ-------
























    ダイバー養成所の学長の「自分がいるうちには黒人の卒業生を出したくない」という言葉には唖然。これが実話ベースなのだから言葉も出ない....

    サンデーは塞栓症のため人生そのものだったダイビングを断念しなければならなかった。
    そんな中で黒人であり貧困のため学もなかったカールがこれまでの常識を覆してどんどんと這い上がっていく。サンデーに近づいていく。
    自分よりもずっと不利な立場のはずのカールが真っ直ぐに前を見据えて突き進んでいく姿に対する、サンデーの悔しさと羨ましさと、でもそこには「期待」も滲んでいて....こうしたサンデーの心の機微をデニーロが見事に演じきっていて、デニーロの織りなす雰囲気が言葉に表せないほどよかった...!
    ラストシーンの12歩はサンデーの言葉に泣かされた。

    あと、カールがすごいのはもちろんだけど、わたしはそれを支える奥さんが本当に素晴らしいと思った。わたしだったらきっと逃げ出してしまうだろうな...。

    ASNF stands for "A Son Never Forgets."

    Billy Sunday:
    The Navy Diver is not a fighting man, he is a salvage expert. If it’s lost underwater, he finds it. If it's sunk, he brings it up. If it's in the way, he moves it!! If he's lucky, he will die young, 200 feet beneath the waves, for that is the closest he'll ever get to being a hero!!

  • 3.4

    attoさん2021/05/26 18:53

    アメリカ映画をたくさん観る中でやはり根底的にある差別はまだ残っているし、これからも残るのだろうなと思う。

    それでもわかり合う人はいるし最初から寄せ付けない人もいる。

    名誉と矛盾の混ざるアメリカ社会。

  • 3.5

    ひな鳥ピヨーさん2021/05/23 23:23

    時に立ちはだかる壁となり時に護る防壁となり本心が見えないサンデー

    カールの負けん気とガッツに自分のダイバー魂みたいな悔しい思いを託したかったのかな。

    水中なら欠損なんて関係ないと思ったのに浮力の差か…第一人者になるのは障害だらけ

  • 5.0

    aqiLaさん2021/04/07 18:08

    ロバート・デ・ニーロの出演作品で観たなかで一番、ロバート・デ・ニーロがロバート・デ・ニーロしてて一番ロバート・デ・ニーロを好きになったロバート・デ・ニーロ。

  • 2.8

    Chadさん2021/03/06 22:58

    期待する要素あるのにいまいちな作品だった。意外性がほしかった。

    B級(ランク詳細はプロフィールに)

  • 4.2

    植木尊臣さん2021/02/10 23:06

    主題歌でもあるBrian McKnightのWinという曲を好きになり、その後にこの映画のことを知りました。
    本編ももちろん感動でしたが、エンドロールでこの曲が流れた瞬間僕の涙腺は終わりました(笑)

  • 3.7

    黄色のうさぎさん2021/02/07 21:30

    実話。黒人海軍ダイバー。昔のダイビング装置凄い重そう。何するにも差別されたけど実力と努力の賜物です。シャーリーズセロンが綺麗どころで出てて目の保養。

  • 3.7

    おたしんさん2021/02/07 16:20

    ダイバー。
    ネイビーにこんな人たちがいるなんて知らなかった。
    人を救うために命を懸ける。
    海の中という危険な場所で。

    冷たい水の中に潜りに行く熱い男たち。
    かっこよかった。

    そんな職に憧れたカール。
    天職だったと思う。
    めげずに折れずに諦めずにマスターダイバーを目指す姿に感銘を受けた。
    黒人差別が強い中そこにも負けずに突き進む強さ。
    屈強な男たちが差別してたりイジメみたいなことしてるのガッカリ。
    身体だけデカくて脳みそ小さいのか。
    認定試験で工具ばら撒いたのは見てるこっちが怒鳴りそうになったけどそれにも屈せずやり遂げたカールが凄くて凄くて。

    現場でも成果を出した彼に悲劇が起こったのは見るのが辛かった。
    何故彼なのか。
    壁を乗り越え続けてきたのにまだ試練を与えるのか。
    あの状態になってまで諦めない心と重い決断に心打たれた。
    どうなろうとダイバーであることがカールの人生だったんだと思う。

    あれほど過酷な日々を送らされていたにも関わらずサンデーに対する気持ちは怒りだけではなかった。
    見下されていたことすらバネにして今のカールに繋がっている。
    周りから見るとただの差別にしか見えないけど本人にしか分からない思いもあるんだろう。
    尊敬していただけあって師匠だと感じていたのだろうか。
    歪な形の絆が生まれていたように見えた。

    そしてラスト。
    大きすぎる12歩に泣いた。
    サンデーのおかげもあって成し遂げられたんだと思う。
    良い意味で悪い時代を思い出せて感動できるシーンだった。


    実話ベースの作品ということでこんな人が本当にいたんだと驚かされました。
    現役を続けたという事実もかっこいい。
    信念があって動き続けたんだろうな。
    物語が進むにつれてボルテージが上がってく映画だと思いました。
    ラストはしっかり感動できます!
    そんでもってエンドロールで流れるブライアンマックナイトのWINが良い歌すぎて余韻に浸りまくれます。

    クソみたいな役だったけどデヴィッドコンラッドがイケメンすぎた。

  • 4.0

    月の狼さん2021/01/27 15:27

    良い作品。

    人種差別を克服する作品の主人公は
    常にまっすぐである。
    伝記映画なら尚更。だがそこが良い。

    デニーロのキャラもよく居る鬼教官だが、
    彼には彼の逆境や闘いがあり
    それを見事に演じている。

    ダイバーの話と言うよりは
    ダイバーになるまでの話。

    私としてはダイバーの活躍物より
    訓練して友情や挫折がある方が感動しやすいので
    この作品はジーンとする。

    最終試験や、ラストの12歩は記憶に残るし
    たまに見直したくなるだけの質の良さがある。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す