お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

グリーンブック

G
  • 吹替
  • 字幕

旅の終わりに待ち受ける奇跡とは?

時は1962年、ニューヨークの一流ナイトクラブ、コパカバーナで用心棒を務めるトニー・リップは、ガサツで無学だが、腕っぷしとハッタリで家族や周囲に頼りにされていた。ある日、トニーは、黒人ピアニストの運転手としてスカウトされる。彼の名前はドクター・シャーリー、カーネギーホールを住処とし、ホワイトハウスでも演奏したほどの天才は、なぜか差別の色濃い南部での演奏ツアーを目論んでいた。二人は、〈黒人用旅行ガイド=グリーンブック〉を頼りに、出発するのだが─。

なお、吹き替えでも英語以外の言語や歌唱部分など一部字幕が表示されます。あらかじめご了承ください。

詳細情報

原題
GREEN BOOK
作品公開日
2019-03-01
音声言語
英語/イタリア語/ロシア語/ドイツ語or日本語吹替
字幕言語
日本語
作品公開日
2019-03-01
制作年
2018
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2019-08-30 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,650
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,200
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

グリーンブックの評価・レビュー

4.2
観た人
153693
観たい人
119083
  • 4.6

    pideさん2021/12/01 09:48

    超良作。
    黒人への偏見が色濃く残っているアメリカ。
    レストランでまともに食事も出来ない。
    黒人専用のホテルにしか泊まれない。
    それがたとえ地位や名誉を手にしている男でも。
    トニーは彼の用心棒というか運転手兼身の回りの世話をする男。
    この調子の良い男が天才で孤高のピアニストドクターシャーリーと友情を築いていく。
    旅先で起こる色々な出来事やトラブルを通じて2人が手にするものは?

    キーワードは手紙。

  • 3.9

    ごさん2021/12/01 09:26

    誰がどうみても、とても良くできた、とても良い映画

    南部に向かう黒人天才ピアニストと、それに付き従う差別意識を内面化したイタリア系移民という構図は、それだけでいろんなドラマがこの映画の中に確信させる

    トニーのキャラも非常に良い

    __

    本当にいい映画なのであえて粗探しをするとしたら、やはり現実の差別問題はもっと暗く、根強いものな気もする(分かった気になってしまっては仕方ないが)ということ

    2人の和解があまりにも簡単に進みすぎている気がするし、ラストもあまりにも当たり障りのないものであった

    ただ、あくまで映画だから、この方が楽しめるのは事実だ!!

    ___

    逆にいいなと思ったのは、非常に巧妙に「歴史と共にすっかり日常になった差別」を描いていること

    あんなに演奏に喜んでいた白人たちが、いざ生活の場面ではうやうやしく「colored」と記された宿やトイレを案内する

    そして、それを咎められると、これが決まりだから、と一点張り

    それはただ単純に暴力を通すよりも、よっぽど重く暗い差別の描写であったと思う

    本当の差別とは歯石のように、もっとさりげなく、気づけば僕らの人生と共に凝り固まっていくものだ

  • 4.1

    ももいろさん2021/12/01 01:47

    トニーの奥さんが最初から最後まで素敵。美人でいて性格まで素晴らしい。正直最初はトニーには勿体無い人と思ってしまった笑

    黒人の差別問題が主だから胸くそ展開も多い。(何回◯◯◯キューと言ったかわからん笑)
    でも最後のみんなでドクターを迎え入れるシーン、ほんと感動する。

  • 3.8

    Kazuakiさん2021/12/01 01:31

    良い映画だったが、『最強のふたり』の方が好き。
    有色人種に対する差別を痛みとして特筆して描くのではなく、この社会に当たり前にあるものとして描いていて、それが余計にリアルさを引き立てているように感じた。

  • 3.5

    ひらたまさん2021/12/01 00:51

    ▫️人種差別についてじぶんに知識があったらもっと深く映画をたのしめたのにな〜っていう後悔。普段あまりにも馴染みがない『テーマ』に気持ちを上手くのせて観れなかった

    ▫️『グリーンブック』っていう題名にかけてキーポイントには緑が使われてたような...

    ▫️『黒人でもなく、白人でもなく、それに男でもない。』ってセリフはさすがに切なすぎた

  • 4.2

    rimovienaさん2021/11/30 21:39

    またいい映画に出会ってしまった🥺
    ラストまで飽きずに心が温まる映画だった!実際はこれ以上にキツい旅立っただろうなぁ

    ヴィゴモーテンセンこんな役もやるのね…リアルだった

    寂しい時は先に手を打たなきゃ!

  • 4.0

    はしゃさん2021/11/30 20:35

    黒人白人間の差別は歴史や物語で知ることはあるけど
    映画で見せられるとこんなに壮絶なことを同じ人間同士でさも当たり前のようにやっていた(いる)と思うと悪い意味ですごい。

  • 4.3

    こうせいさん2021/11/30 14:23

    こういう黒人が題材の映画やドラマは、どうしても最悪の結末を想像してしまうんですが、とても素敵な終わり方をしたので安心しました。
    自分が今まで観た映画の中でも、結構上位に入る名作です。

  • 4.2

    Taikiさん2021/11/30 13:47

    「行こうぜ相棒、あんたにしかできないことがある」

    実話を元にした黒人のピアニストと白人の運転手のロードムービー!
    当時の黒人差別が痛々しいけど、根は良いヤツのトニーが上手く対処してくれるから多少はスカッとする!胸糞悪い部分がチラホラあってキツイけど笑
    性格正反対の二人が永遠の友情を育むラストはめちゃくちゃ良かった!
    今すぐケンタッキーチキン食べたい笑笑

    「寂しい時は、自分から先に動けよ」

    「才能だけでは人の心は動かない」

  • 3.8

    深爪さん2021/11/30 12:43

    「才能だけでは人の心は動かない」
    招待されて歓迎されている雰囲気があったのに、ステージ裏での扱いの差を知ってこの言葉の意味が理解できた。
    シャーリーとドロレスのハグに泣いた

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました