お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

学校

G

下町の夜間中学校を舞台に様々な境遇の生徒に情熱を注ぐ教師との心の交流を描く。

下町の一角にある夜間中学の教師・黒井は、卒業式も近づいたある日、卒業記念文集のための作文の授業を行う。原稿用紙にそれぞれの思いを綴る様々な職業、年齢の生徒たちの横顔を見ながら、黒井は彼らとの思い出を振り返る。孫もいる年になって入学してきた在日韓国人の女性・オモニ。髪の毛を染めたツッパリ少女・みどり。昼間は肉体労働に励む少年・カズ。父は中国人、母は日本人で五年前に中国から移住してきた青年・張。自閉症で登校拒否児だったえり子…。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

学校の評価・レビュー

3.8
観た人
3746
観たい人
1580
  • −−

    TooLさん2021/06/16 22:20

    小学生の時全校生徒で体育館で観て退屈だった記憶がある。

    今うん十年ぶりにじっくりと観て分かったことがある。



    「こんなん小学生に分かるか!!!」

    当時ウチの学校はどんだけ教師のエゴをぶつけてきとんねん!笑


    でも、少し歳を重ねた今見ると、黒井先生と一緒に自分もこの生徒一人一人の話に真剣に向き合ってるようでとても心地よい時間が過ごせた。
    さすがの山田洋次監督だわ。
    しかし小学生には見せても仕方ない。

  • 3.9

    チュンセさん2021/06/13 00:25

     最後の授業よかった。なんか仕事やら、成功やらそんなことばっかりで、それも大事なんだろうけど、人として大事なことを忘れてしまってた。
     教員免許とったけど別の道に進んだからこういう映画避けてたけど、観てよかった。

  • 4.4

    Karinさん2021/06/12 12:10

    この手の話ボロボロきちゃう
    「勉強」するために夜間学校に通う生きづらい世の中を懸命に生きる男女たち。年齢は様々で生まれた環境も生きた境遇も過去も全て違うけど追い求めるものは辿っていけばみんな「幸福」なんだよね
    幸福を見つけるために勉強する、と思えば嫌な勉強も少しは楽になるかも

  • 4.0

    りさん2021/06/04 14:46

    親に入れてもらうのが当たり前、みたいに思って大学に入学した自分が恥ずかしいと思った

    幸せに生きるために沢山苦労してやっとの思いで勉強している人がいること
    この作品を通じて初めて気づいた

    幸せってきっと身近なもので
    身近すぎて見えないから、
    小さな幸せに気づくために勉強するのかもしれない

  • 3.7

    いしはらしんすけさん2021/06/02 15:06

    田中邦衛案件、これもかろうじて(?)ネトフリ入ってたので観てみました。

    しかし考えてみれば山田洋次作品って、寅さんをいくつかと「幸福の黄色いハンカチ」ぐらいしか観たことないという体たらく。この「学校」シリーズも「釣バカ」もまともに観たことなかったなぁ。

    まあなんか山田洋次作品って、品行方正、文科省推薦みたいなイメージから敬遠気味だった世代ではあってですね。長じてからはさして苦手意識もない一方で、改めて観る機会もなかったっていう。

    で、一旦観てみたらですね、当然と言うべきか、やっぱあらゆる点でちゃんとしてんですねー。結構な数の登場人物からなる群像劇でありながら、各キャラの見せ場が絶妙なバランスで配されていて、これぞウェルメイド。わかりやすいサービスとしての、渥美清のカメオ出演に至るまで、見事に過不足ないしねぇ。

    田中邦衛演じるイノさんが竹下景子演じる田島先生に片想いする展開は、常に「北の国から」の世界線で過ごしている私(異常)としては、ちょっと飲み込みづらいのだけれど、クライマックスまでの導線としては、確かにいい塩梅なのよねー。

    てことで、そこまで舐めてた訳ではないけれど、思いのほか満足度高い、山田洋次クオリティが味わえる佳作ですな。

  • 5.0

    おっくーさん2021/06/01 14:50

    年齢も職業も異なる人が通う夜間学校。
    その中でイノさんの「死」をきっかけに行うホームルーム。

    「幸福」とはなんなのか。

    この映画がその答えをを見つけるきっかけになるかもしれない。

    西田敏行さんの優しさ溢れる人間味を感じられる素敵な作品。

  • 4.5

    寅さん2021/05/31 01:00

    観終わって幸福に包まれた
    今回二度目の鑑賞だけど、こんなに感動するとは思わなかった

    幸福とは何なのか知るために勉強する、かぁ
    いろんな登場人物のバックグラウンドがあって、下手するとダイジェスト・オムニバスのように見られてもおかしくない構成だけど、一人一人の物語と黒井先生とのかけがえのない思い出が温かく描かれてる

    感動するシーンばかりだけど挙げるなら、
    イノさんが黒井先生に怒るシーン
    幸福について考えるシーン
    が好きだった

  • 4.0

    yyyさん2021/05/30 00:01

    田中邦衛は本当に恐れ入りますという演技だし、今、見るととても心にくる。

    からの西田敏行はこういう役者さんにずっといつづけてもらいたいなと思う。

    そして個人的にゆうき奈江については初めて知ったけどまじオーラすごい。かわいい。ファッションも一周回って最高にいい。ソバージュってかわいいな。

    山田洋次の日本ぽさ、なくても困らないけどあるから必要な細かいポイント。

    電車の脇、車から頭出す、その他今では出来ない演出。

    ちょうど遠くも近くもない、1992年というときを感じる。

  • 4.5

    じょうたろうさん2021/05/29 23:24


    学校に通ってる人、もう学生時代が終わって社会人として働いてる人誰であれこの作品は胸に響くものがあると思います。
    是非見てほしい映画です。

  • 4.0

    saodakeさん2021/05/29 11:25

    ちゃんと演技力あるキャストを揃えるとベタな人情ものでもしっかり見応えあるものになるなぁ。
    田中邦衛、西田敏行がやっぱすごいわ。
    幸福について議論するシーンも色々考えながら見てた。映画終わっても思考がまとまらない…。
    萩原聖人はいのさんの人生をバカにしてたんじゃない。不条理への怒りだったんだろうと思う。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す