お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

幸せのちから

G
  • 字幕

全財産21ドルから立ち上がった、父子の奇跡の感動作。

1980年代。妻と5歳の息子と3人で暮らしていたセールスマンのクリス・ガードナーは家賃も払えず、どん底の生活を送っていた。ついには、妻が出て行き、家を追い出され、貯金も底をついてしまう。そんなクリスが最後に選んだ道は自分の才能を信じて、一流証券会社へ入社することだった。しかし6ヶ月の無給のインターンを経て、正式採用されるのはただ一人。愛する息子のため、奇跡を信じてクリスの過酷な戦いの日々が始まった。

詳細情報

原題
THE PURSUIT OF HAPPYNESS
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2006
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2014-10-17 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

幸せのちからの評価・レビュー

3.7
観た人
54275
観たい人
15215
  • 3.8

    歯医者のお姉さんさん2021/06/22 21:41

    次から次へハプニングがあるので展開にハラハラしながら観れて面白かったです。天下のウィルスミスの表情にこちらも一喜一憂させられる。楽しそうに談笑しながら食事を摂る家族を見つめるシーンは切なかったです。いいお話を観たな、って気分になれる映画。それにしても子役〜!いいパパだ、って言うシーンでグッときてしまった!ウィルスミスが子役くんを見つめる瞳が好きだなと思いましたが、本当の息子くんだったんですね。納得。

  • 4.5

    ういこすさん2021/06/21 04:22

    頑張るってこういうことか。頑張りが認められる幸せってすごいんだね
    私はなんも頑張れてないから、幸せが遠いんだね

  • 3.3

    tanpeさん2021/06/20 23:42

    1980年代に、21ドルという全財産から巨万の富を築き上げた実在の男、クリス・ガードナー。
    そんな彼の困難な時期を描いた半生記。

    どこまでがホントのことか分からないけど、やることなすこと全て裏目に出てて気の毒になる😢
    間が悪いというかタイミングが悪いというか...⤵️

    でも、この人は諦めない。
    「きっと良くなる。」って運任せにする人はいっぱいいるけど、この人は努力を怠らないで言えるとこがスゴイ。
    で、自分のいっぱいいっぱいな状況を仕事する上で言い訳にしてないとこがエライ!
    でも、誰かに頼っていたらもうちょっとマシな状況になっていたのでは?と思ったりもするけど。

    息子への接し方も興味深かったな。
    苦労かけてるから、どうしても「ごめんね。」って言ってしまいそうになるけど、それは母親的な考えなのかな?
    あくまでも彼は、「大丈夫だよ、なんでもないよ。」っていうスタンスなんだよね。
    男親のプライドってやつなのか。
    でも、駅のトイレで寝泊まりしてる時の涙は、ホントにしんどいのが伝わってきて見てて辛かったな。

    それにしても、半年間の無給の研修やって、採用されるのは1人だけって厳しいな💦
    さすが、弱肉強食のアメリカ企業。
    証券会社じゃなおさら競争率激しいよね。

    成功を収めた彼が、今どんな風になってるかは分からないけど、この苦難の時期にいろんな人に迷惑かけたことは忘れないでいて欲しいな。

  • 3.5

    toraさん2021/06/17 23:43

    すごい。何度も心が折れて当然のことでもギリギリのところを踏みとどまって努力し続けた人。並の人にできることではない。
    そもそも、なぜあの機械に全てを投資したかが分からないし、ヒッピーに預けたりかなり無謀だけど、だからこそ向こう見ずに頑張れるところもあったのだろう。

    ジェイディン可愛かった。

  • 3.5

    たさん2021/06/17 22:35

    クリストファーかわいい
    生きていく支えにもなっているんだろうなと感じた
    高級車で走るその横で、教会にズラッと並ぶ人々の対比がなんともいえない気持ちになった。
    最後の表情にとてもぐっとくる

    ルービックキューブ発売当初はこんな感じだったのかー!!

  • 3.6

    しゃりさん2021/06/16 23:46

    努力が報われた瞬間は自分のことのように感動した。ただそれまでの苦悩を見てるのが辛くて…特にトイレで寝るシーンとか。息子に楽しんでもらいたい親心と1日先の未来も保証されてない現実とのギャップが😢
    貧困から這い上がるにはここまでの努力と才能がないと無理なのかな?
    私はそれなりに真面目に働いてそれなりの暮らしができれば十分なんだけど、アメリカでは淘汰されそう。笑

  • 4.0

    がーひーさん2021/06/16 22:45

    ルービックキューブのシーンと駅のトイレで一晩過ごすシーンが、成功を掴もうとするビジネスマンとしての姿と父親としての姿それぞれを究極的に描いてた。「二兎追うものは、」なんて言葉もあるけど、どっちも諦めずに貪欲でいることも時には必要と教わった。

  • 3.8

    DaikiMiharaさん2021/06/16 19:40

    実話に基づいた映画。個人事業に失敗した男が家族を抱えて新しい仕事に挑戦する話。持ち前の学習能力とひとつのルービックキューブがキッカケで人生を変える仕事のチャンスを掴むことになる。ただし半年間のインターンシップで合格するのは1人だけ... 家を追われ、妻に見捨てられ、息子と2人で生き抜く1人の男の苦労の物語。

  • 5.0

    ymさん2021/06/15 16:51

    ★★★★★
    ウィルスミスファンとしては見ておくべき映画。
    息子役の子がかわいすぎる。
    がんばれって応援したくなる。
    感動する。
    自分もまだまだやれるって気持ちになる。

  • 3.0

    のりたまさん2021/06/14 01:14

    実話ベース。
    何か成し遂げたいと思ったり、変わりたいと思う時に、そうならないと困る理由がある状況ってヒトは強くなれるんだなーと再認識できる。
    例え、達成するまでに想定外の困難が有ったとしても。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す