お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

グレート・デイズ 夢に挑んだ父と子

G
  • 字幕

向き合えずにきた父と子が<本当の親子>になるまでの物語。

車いす生活を送る17歳の少年、ジュリアン。失業中の父親ポールは、息子を愛してはいるが、正面から向き合うことができない。そんな父の態度に不満を募らせるジュリアンは、トライアスロン選手だった若き日のポールをとりあげた新聞記事を見つけ、とんでもないことを思いつく―。それは、父親と一緒にトライアスロン最難関の“アイアンマンレース”出場という計画だった! 監督は、『エトワール』のニルス・タヴェルニエ。父親役には、フランスの名優、ジャック・ガンブラン。息子には、オーディションで選ばれたファビアン・エロー。親子の絆再生を瑞々しく描く本作は本国フランスで公開されると「エネルギーに溢れている!」と力強い口コミが広がり大ヒットを記録。

詳細情報

音声言語
フランス語
字幕言語
日本語
制作年
2014
制作国
フランス
対応端末
公開開始日
2015-02-04 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,650
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,200
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

グレート・デイズ 夢に挑んだ父と子の評価・レビュー

3.5
観た人
1861
観たい人
1759
  • 4.0

    まるてんちさん2021/03/22 14:36


    めちゃくちゃエネルギッシュ

    歩み出す力の大切さと
    その周りの応援の力

    頑張ってる人に気付かされることも多い

    大きい愛を得ましたっていう途中の手紙読むところ
    まさに、これを見てる俺がそうやった

    実際は想像を絶するくらい過酷で長い戦いなんやろうなあ
    元気でた

    愛を与える人になりたいね

  • 3.8

    おえんさん2021/02/02 23:01

    2021年「17」

    展開が急に起こって、「何でこんなに急に?」というところはちょっとあったけども、「父・母・子」「夫婦/夫・妻」がそれぞれに向き合って良い方向へ変化していくというドラマで良かった。

    私自身は両親が亡くなり「子供」という意識は無くなってきているので、「親」という立場で考えてみた。

    この映画のジュリアンであれば特にそう感じてしまうのかしれないが、「子供はいつまでも親が助けないといけない存在」
    「親はいつまでも子供より強い者・正しい者」
    そういう観念があるのでは?

    この映画の夫婦は結婚25年、娘と息子。息子が18歳。ということを考えると50代前半。

    「障がい」があることで「ある部分」は絶対的に補助が必要だが、それ以外の所では18歳の息子は自分で考え、行動している。ドラマの中盤以降でそんな息子に励まされ・刺激を受け、決断を迫られて、行動を始める父親。確かに「父親=正しく、強い」というのは変なステレオタイプ的な考えなのでは。

    ラスト近くでフラフラでギブアップ寸前の父親を救うのは、それまで守られながら(当然、体力的な事を考えれば彼自身も頑張っているのだけど。)一緒にいた息子が父親を励ます行動に出る。

    我が息子二人も成長してきた。その点では、この映画と同様に「父親だから」みたいに思わず、だけど出来るところを頑張るのが良いんだろうなぁ。

    それにしても、父は事前のトレーニングかなり頑張ったよなぁ。その姿を見て妻も気持ちを寄せてくれたのだろう。人間は頑張っている人に弱い。

    だから「ロッキー」なのか!(^^)!

    最後に、新型コロナでマラソン大会が中止となり1年近くとなった。映画のゴールシーンを観て懐かしく思う。マラソン大会のゴールだけではないですが、新型コロナ以前の生活が一つづつ戻ってくる日を願いながら、緊急事態宣言の日々をそれぞれ送りましょう。

    久しぶりに元気になる映画を観ることが出来ました。感謝!!

    Never Never Never Never Never Give Up!!!

  • 3.7

    値引きシールが好きさん2020/11/30 23:20

    過度に盛り盛りな演出はなく
    シンプルでGOOD。
    映像もキレイ。

    イヌ連れた彼女は何なんだ?
    急にどうした?

    もっと父ちゃんを応援してやれよ〜。
    おいていくなら何か言えよ〜。

  • 3.1

    ノリオさん2020/10/10 17:52

    いつ泣くんだ、いつ泣かせるんだ。
    まあそういう映画です。

    仕事人間で障害を持った息子とうまく接せられずにいる父親。リストラされ、家族との時間を持つようになり、息子の願いもあってトライアスロンに挑戦するというもの。

    ご多分にもれず、堅物な親父が折れて、そこそこに練習して、お互いの距離を縮めて、レースに挑むというストーリーなんだけど、この映画における「背に腹は代えれんよなあ」って部分がどうも薄味なのである。

    リストラにあっているわけで、もちろん収入もない。
    『リトルダンサー』であの親父がバレエを認めるから感動するわけであって、収入面の部分をおざなりにして感動部分だけ描いてもやっぱりグッとこない。

    とはいえ、レースシーンは本物さながらの迫力で素晴らしかったです。

  • 3.6

    natsuyasaiiiさん2020/08/26 04:41

    親父の、前半の意気地の無いからの、やる気にみなぎってきた後半のギャップが胸熱。
    身体障害者をテーマにした作品というとのは、ハンディキャップや、健常者との折り合いが上手くいかない葛藤を描いているものが多いが、本作では主人公だけではなく、主人公を取り巻く全ての関係者が、そういった低俗なステージは終わりましたという感じで、幸せな世界だった。
    1人じゃないからこそ、みなぎってくる力がある。

  • 3.4

    ゆきさん2020/08/19 05:31

    このパパさんおいくつ?
    尋常じゃない体力に驚いたんだけど!
    途中で休ませてあげたかったわー。
    トレーニングしたにしてもすごいよ!
    ママさんも精神的に強い人だけど、パパの気持ちの強さにも感動する!
    ボクちゃんの挑戦する心意気にも感動!

  • 3.9

    ろっちさん2020/08/05 23:32

    車椅子の少年と父の話。
    色々あって笑、車椅子の少年が、トライアスロンに挑んだ実話。を映画化した。父は少年と向き合えなかったが、トライアスロン経験者の父はサポートとして向き合ってゆく。……ってあらすじ。
    面白かった。「お父さん頑張ったなっ!」と言ってあげたい!子供よりもお父さんの再生ストーリーでした。頑張るお父さんがカッコいい。サクッと観られる上映時間と、予想通りの展開。安心して観られる良作でした。
    まぁ多くは語るまい(笑)

  • 4.5

    つよさん2020/06/24 22:40

    車椅子の息子とトライアスロンに出る父親。
    聞いたことあるエピソードで、父親が勇気付けるためにチャレンジさせたものと思ってたら逆だった。
    実話とはまた違う話?
    景色も綺麗。

  • 4.0

    ぽむさん2020/06/18 06:23

    分かりやすストーリー、時間も90分といい感じ。見やすい映画。
    風景もよく、目でも楽しいかも。

    タイトル通り
    グレートデイズ!夢に挑んだ父と子

    父親の不器用だけど一所懸命な姿いい。

    障害者は障害者でないと分からない事がたくさんある。辛い事もたくさんある。
    でも、障害者も健常者も頑張る気持ち、やろうとする勇気があればなんでも出来るんだよ。そんな感じ。

  • 3.5

    chanさん2020/05/28 16:40

    障害を抱え車椅子生活を送る息子と
    向き合うことができず距離を置く父

    そんな父子が目指した
    トライアスロン最難関
    “アイアンマンレース”

    無謀かもしれない
    嘲笑われてもいい
    心の壁を越えたい

    走り続けた挑戦の日々がすれ違う
    家族を結んでいく心が温まる物語

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す