お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

カンフー・パンダ2 (日本語吹替版)

G
  • 吹替

世界一有名なパンダ、ポーが帰ってきた!

ジャック・ブラック(吹替:山口達也)の世界一有名なパンダ、ポーが帰ってきた!ドリーム ワークスアニメーションの「カンフー・パンダ2」は楽しさも最高。アカデミー賞(R)にノミネートされた1作目に続く“期待どおりの2作目”(スコット・ボウルズ、USAトゥデイ)だ。ポーが 迎える、龍の戦士になって以来初の大きな試練。ポーの仲間たち、 マスター・ファイブと共にかつてない強敵を倒す旅に出ることに。目が離せなくなる冒険はノンストップアクションとすばらしい物語、美しいアニメーションが ぎっしり詰まっている。

詳細情報

原題
Kung Fu Panda 2
音声言語
日本語吹替
制作年
2011
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2015-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

アニメーション洋画ランキング

カンフー・パンダ2 (日本語吹替版)の評価・レビュー

3.6
観た人
7796
観たい人
922
  • 4.2

    かつきよさん2020/06/02 20:50



    前作が気に入ったため鑑賞しました。
    サブストーリーであるマスターファイブの秘密やホリデイ、アニメシリーズも一部鑑賞しましたが、これらは鑑賞せずにナンバリングだけ見ても全く問題はありません。
    特にアニメシリーズはオリジナル?の設定やキャラクタが多く、同じ原作の別作品と言った感じで、正史ではない可能性が高いです。(どうやらパラレルワールド扱いのようです)
    スペシャル版は、キャラの造形が深まるのでオススメです。

    さて、本編についてですが、実は3まで鑑賞しましたが、三部作の中で一番完成度が高く、メッセージ性も濃厚な傑作だと思います。

    前回はメッセージ性がそこまで高くなかったのに対して、今作は打って変わって、かなりメッセージ性は濃密です。
    エンタメに振り切っていたとはいえ、前作では、龍の戦士に選ばれたポーの葛藤と、自分らしさが最大の武器になる、心の持ちようの大切さや、自分や誰かを信じることの大切さが根底のテーマとしてありました。今作はそれをさらに一歩進めたテーマに踏み込んでいるように思います。

    今作では、前作で誰もが疑問に思った、ミスターピンとポーの親子関係の真相を描かれています。
    自分が何者なのか、アイデンティティの揺らぎ、探求、そして確立が一本の映画の中で丁寧に描かれております。(やや丁寧すぎますが、そのテンポ感が子供も楽しめるこの映画独特の利点だとも思っております。)

    しかし、ポーの出生に関しては冒頭五分で詳らかになりますし、そこから最後の展開までストーリー自体は予測可能なほど王道なストーリーですので、ミステリ要素や予想外の展開を楽しむような展開はありません。
    その王道のストーリーを、かなり詳らかに、そしてかなりハイクオリティな映像美と演出の妙で描き出しているため、キャラクタの心情や、テーマの重さが画面からひしひしと伝わってきて、映画全体に訴求力があります。

    特に、「内なる平和」のシークエンスは、三部作でも随一の迫力がありますので、とても気に入っております。
    内なる平和、というエッセンス自体も、物語とポーを通して、かなり道徳的に強いメッセージ性の一つの役割を担っています。
    ポーがどう自分の過去と向き合い、どうアイデンティティや内なる平和を獲得していくのか、というのがこの映画最大の見どころですね。
    一作の完結性を高めるためか、一応ファミリー向けでもございますので、前回同様かなりテンポはいいです。ポーの成長速度に関しては、すこし速すぎるなとは思いますが、ストーリーのコンパクトさと前作での彼の活躍を鑑みれば大きな評価点にはなりません。今回は前回に比べて演出も丁寧ですしね!

    彼と同等か、それ以上の葛藤も周囲のキャラクタにはあるはずだと思うのですが、それはまあ主人公補正ということで!3作見ると、そもそもこの世界においてパンダという生物がすこし特別な存在として位置しているのかな?とも思えますし…

    大人向けと完全に言い切るには少しファンタジー色やご都合展開色が強いのですが、それを差し置いても大人も楽しめる名作に仕上がっていることは間違いありません。

    見どころその2としましては、やはりキャラクタの動きです。
    表情豊かで様々な動きを見せてくれるキャラクターは、見ていて全く飽きません。
    また、前作では出会いが描かれていましたが、マスターファイブやシーフー老子とポーとの関係性が仕上がっている所から物語は始まっておりますので、このキャラクタたちの掛け合いを見ているだけでも相当ほっこりします。

    カンフーパンダ初代が気に入った方は必ず2も気にいるはずですので、是非ご覧ください!

  • 3.5

    ナオヤさん2020/05/27 22:36


    カンフー・パンダシリーズ第2作目🎬

    前作では主人公のポーが「龍の戦士」に成長し、
    カンフーの達人であり大敵のタイ・ランに勝利するまでの話でした。そして今作では主にポーの出生の秘密にフォーカスし、過去、現在、未来のポーの在り方を描いていました。前作では触れませんでしたが、ジャック・ブラック、アンジェリーナ・ジョリー、ジャッキー・チェン、ルーシー・リュー、セス・ローゲン、デヴィッド・クロス、ダステティン・ホフマン、ゲイリー・オールドマンなど声優の豪華さは目を光るものがあります✨そして今作の見所は予言おばばのセリフです。特に印象的だったのが、"始まりは幸せじゃなかったかもしれないけれど、それであんたが決まるんじゃない。大事なのはその後、何者になると決めるのかが大切だ"というセリフです。自分を決めるのは自分自身だという力強いセリフになっていました。

  • 4.3

    友二朗さん2020/05/26 21:18

    めちゃくちゃかっこいい。

    小学生の時カンフーパンダにめっちゃハマったんやけど、理由を思い出せた。

    これは憧れる。

  • 4.0

    tamarinさん2020/05/26 14:19

    マスター・ファイブの仲間としてすっかり溶けこんだポーが、ゴンメンシティを救うバトルの中で自らの出生の秘密に迫っていく...!名実ともに龍の戦士になっても、相変わらずもふもふなフォルムがかわいい笑 基本的にシュールな世界観でテンポ良く進んでいくんだけど、前回に続き妙に沁みる名言もありました。ステルスモードのポー(全然ステルスじゃない)がすき🤣🧡

  • −−

    くうねるだすさん2020/05/26 07:32

    吹替えだとちょっと声が高くイメージが違ったのでまた字幕で。シュールさも増すな。1も2も家族愛。相変わらずポーになごむ。エンディング可愛かった。

  • 4.2

    紫亭京太郎さん2020/05/23 01:30

    過去にとらわれている限り「心の平和」は訪れない。これから「何者」になるかが寛容。パンダに人生の極意を教わりこれからを問われるとは夢にも思わず。
    娯楽活劇CGアニメにしてただのアクション・アニメにとどまらない人生哲学を問うビックリアニメ映画!

  • 3.0

    モエさん2020/05/23 00:04

    冷静にダスティン・ホフマンによる修行で強くなったジャック・ブラックが、アンジェリーナ・ジョリー、ジャッキー・チェン、ルーシー・リュー、セス・ローゲンとゲイリー・オールドマン倒しに行くのすごくないですか?

  • 3.4

    monaさん2020/05/21 01:57

    はじめ、月でウーグウェイ導師が釣りしてるのがよかった、ドリームワークスの粋な演出!元のセリフだけじゃなくて日本語字幕のセンスが抜群すぎ笑 マスターファイブとポーの仲が1より断然深まってて嬉しかった!

  • 3.1

    kiritoさん2020/05/18 13:53

    【内なる心】

    動けるデブことカンフーパンダ②

    前作でカンフーを習得し竜の戦士となったパンダが中国を救う話。

    今作ではポーの出生の秘密が明らかとなる。
    ポーの本当の父と母は誰なのか。過去に何があったのか。
    過去の傷を今の力とし前に進んでいくのはありきたりな設定とはいえ良かった。

    また、前作に引き続きアクションシーンも多く、ぬるぬる動くためお金をかけていることがわかる。
    今回の敵は孔雀なのだが、その戦闘の仕方もなかなか。
    ただ、カンフーの戦いというよりかは銃器VSカンフーとなってしまった点は残念。

    笑えるシーン(パンダがドジを踏むシーン)を踏まえているので子供的なうけも相変わらずよさそう。

    ※ポー覚醒シーン(太極図)のとこはいい。


    2020.5.17

  • 3.8

    shinさん2020/05/14 01:25

    2020年、152本目。


    ポーの自分探し。
    最初のDREAMWORKSの月にいるのがウーグウェイ導師なのがたまらん。
    相変わらずの映像の綺麗さとアクションのキレ。
    キャストにゲイリー・オールドマンが追加されたのもたまらん。
    ユニークで笑えるシーンも勿論だが、めちゃくちゃ泣ける。
    ポーの1番の敵は階段。
    ポーの精神的な成長がえぐい。
    顔つきは別人。
    カンフーパンダは一貫して過去、現在、未来について語られてる。
    僕たちは、今を生きている。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す