お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

グレース・ケリー 公妃の生涯

G
  • 字幕

人気絶頂でハリウッドを去りモナコ公妃となった女優グレース・ケリーの生涯に迫った感動のドキュメンタリー。

ハリウッド女優として人気絶頂の中、モナコ大公レーニエ3世と恋におち、彼のために華々しいキャリアのすべてを捨て、26歳の若さで女優を引退し、本物の「プリンセス」となったグレース・ケリー。彼女の人生は、現代のおとぎ話として、今もなお語り継がれているが、そこには知られざる、妻として母として、そしてプリンセスとしての苦悩があった…。本作では、幼少期からハリウッドのトップ女優になるまで、そしてレーニエ3世と恋におちプリンセスとなるまでの姿が、当時の貴重映像や写真、彼女をよく知る関係者たちへのインタビューと共に描き出された感動の物語。

詳細情報

原題
GRACE KELLY : The American Princess
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
1987
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2015-04-24 15:00:00
シェア
お気に入り
販売終了 

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
販売終了2019-08-07

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,650
販売終了2019-08-07

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

グレース・ケリー 公妃の生涯の評価・レビュー

3.3
観た人
224
観たい人
420
  • 3.7

    クワンさん2020/05/08 14:26

    世界から愛されて親しみに満ちたオードリーヘップバーンの対極にいるような近寄り難く圧倒的な輝きをただ遠目に観るしかできないような孤高の存在グレース・ケリー✨

    裏窓などヒッチコック作品で魅了されたクールビューティとは彼女のためにある言葉。ただそんな言葉を超えて、気品に溢れた眩いばかりの美しさと意志の強さに満ちたあの眼差しが鋭く突き刺さる。

    御伽話のような映画界からプリンセスストーリーの行く末の悲劇。ドキュメンタリーには彼女の内面の葛藤が垣間見えるが、やっぱり今はただ永遠に絶えることのないスクリーンのグレースケリーの姿を焼き付けたい。

  • −−

    aya8さん2019/09/19 17:21

    裏窓で昔の女優さんは気品があって本当に美しいな。と思ったのが、初グレイスケリーでした^ ^
    全作品観たくなりました^ ^

  • 3.3

    まるさん2019/05/31 21:50

    モノクロの映像から伝わってくる気品さには最初驚いたけれど、当時の時代の人たちが揃ってゆうものだから相当なものだったのだろう...

  • 3.3

    Keicoroさん2019/04/26 16:18

    短時間にグレースケリーをまとめたドキュメンタリー映画、かな

    凛とした美しさ、と言う表現はグレースケリーの為にあると思わされる

  • 3.3

    shirokumaさん2019/02/10 13:00

    おとぎ話のような人生。
    綺麗だけの世界じゃないんだなと。

    グレースの凛としたたたずまいと表情にはため息が出る。

  • 3.2

    ルさん2019/01/17 00:11

    派手めな映画女優のスターとかではなく、グレースケリーが割と好きなので観てみた。
    彼女の生涯を幼少期から事故で亡くなるまでサラッと追っていくかんじで、ハリウッドに進出するまでは分かったけど内容薄いな〜って思った。あと出てくる人が何者か分からない。彼女とどんな間柄だったのかの説明がもうちょい欲しい。
    ジェームズスチュワートが出てきて高まった。おじいさんだった、、

    グレースケリーの生まれながらにして持ってるあの気品。本物の美人ってかんじで好きだなー

  • 3.8

    マチャアキさん2019/01/09 02:27

    エルメスの代名詞👜バーキンなどの価値をグッと上げたのが、ケリーバッグの存在。エルメスのカバンを愛用していた公妃の名からつけられたもの。だからなのか、今となっては💴100万を超えるものもざらにあってとても手に届きそうにない。そんなところも女性にはたまらないのでしょうか。お嬢様に育った公妃のご家庭では、🍦🍦🍦🍦🍦🍦🍦🍦アイスクリームを買うくらいの感覚だったのでしょうかね。恨めしい。あっ、違う。羨ましい。

    彼女の生涯をめっちゃ端折ってザックリ言いますと、20歳ごろまでは演劇のお勉強。20代は女優としてスクリーンを賑わせ、後半にモナコ大公と結婚。以後、20年以上に亘って公妃としてご活躍。美貌を保ったまま52歳の時に事故でこの世を去られました。車の事故とはいうものの断言できるものではないようで、本当のところはどうだったのか。そんなところは、イギリスのダイアナ妃と被る感じで謎に満ちている。お二方ともえげつない美人ですし、恋多き女性だったのもまた同じような感覚を覚えるわけです。これ日本だったら、宮内庁の審議官あたりに睨まれて、交際相手の女性を徹底調査の上、男性遍歴を暴露された挙句に破談になるパターンではないかと。と考えると諸外国の方々は伸びやかな感じですね。

    前述したイングリッド・バーグマン氏とはわずか2週間違いでお亡くなりになっているグレース・ケリー氏🔔ちぃ~ん。1982年という年に、世界は2大美人サンを失ったということになります。ヒッチコック監督に愛された(女優として)ことも共通していて、何かしら思うところがあるのです。家族を愛したイングリッド・バーグマン氏と違って、広く民衆を愛したグレース・ケリー氏。その人生は、めちゃめちゃ中身の濃い半世紀だったといえる。公妃として活躍した四半世紀で残した、形あるもの無いもの。それらは今も鮮やかに残り受け継がれている。彼女が残した言葉は素晴らしく心に刺さる!何かしら観るものの心に響くドキュメント作!!

    僕のお気に入りはコレ。

    (๑˃̵ᴗ˂̵)幸せとは、自分に平和を感じること。

    (๑˃̵ᴗ˂̵)人生というものは、
    決して振り向いてはいけないもの。

    (๑˃̵ᴗ˂̵)ヒッチコック監督から学んだこと、
    殺人シーンをラブシーンのように、
    ラブシーンを殺人シーンのように演じなさいと。

    (≧∀≦)私を愛しているなら、追いかけてきて。
    ※精神的マゾな僕にはキマシタ♡

    鑑賞日:昔々の僕の誕生日🎂

  • 2.0

    ちょこばななさん2018/05/05 03:17

    プリンセスということからお高くとまっているイメージがあったが、ハッとするほどの美しさと気品、親しみやすい笑顔に目を奪われた。
    自分の力で何でも成し遂げようとするところも素晴らしい。
    彼女をさらに輝かせたのはか弱さの中にあるたくましさだと知る。

    話し方や仕草で魅せるところはマリリン・モンローに似ている気がする。
    でもやっぱりオードリーには勝てないかなぁ

    インタビューされる方々が何者か分かりづらかったので、明記されていればなお良かった。
    かなり削られている部分はあったが、楽しめた。
    成功するには才能と行動力が必要。

  • 3.5

    Qちゃんさん2018/05/04 08:24

    グレース・ケリーの幼少期からハリウッド女優時代、モナコ王妃になって、交通事故で亡くなるまでを描いたドキュメンタリー映画。

    ハリウッドでの苦労も大変だったようだが、モナコ王妃になってからも「如何にして国民の信頼を得るか」で苦労されたとのこと。
    交通事故現場の映像も、こんな凄いカーブで事故ったら…というもの。

    「見かけは華奢な感じでも芯が強い」という生前の姿を知る人たちの言葉が印象的。

    永遠なるクール・ビューティ。

  • 4.0

    kidさん2018/03/27 22:24

    最高👏🏽👏🏽👏🏽

    優雅で気品にあふれてて、本当に憧れの女性!
    静かな美しいさ、冷たい美、そう、クールビューティ!!
    外面も美しければ、内面も寡黙で努力家で穏やかで、人間として尊敬できる!!

    こんな淑やかな女性になりたいと心から思った
    これからもあなたは私のミューズです、プリンセスグレース!!

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す