お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

パレードへようこそ

G
  • 字幕

境遇の違いを乗り越えた友情は、やがてサッチャー政権を揺るがす伝説のパレードとなった…。

1984年のサッチャー政権下、不況に揺れるイギリス。ロンドンに住むゲイの青年マークは、スト中の炭坑労働者とその家族を支援するため、ゲイ&レズビアンの仲間たちと『LGSM』という組織を結成し募金活動を始める。しかしいざ募金を集めてみると、彼らへの偏見で支援の申し出はことごとく断られてしまう。そこに唯一支援を受け入れてくれる炭坑が現れたが、それはちょっとした勘違い。お礼に招いたウェールズの炭坑町の町民たちは、初めて出会った『LGSM』の面々に驚き、偏見を持って冷遇する。しかし、最初は冷ややかだった町の人々も交流するうちに徐々にお互いの心が開き始める。だが一方、炭鉱労働組合と政府の交渉は決裂しストは長期化、さらにサッチャーは組合員の家族手当を停止を宣言。苦境を知った『LGSM』の面々は更なる支援資金集めのコンサートを企画するが、その先には思わぬ困難が待ち受けていた……。

詳細情報

原題
PRIDE
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2014
制作国
イギリス
対応端末
公開開始日
2015-09-25 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入220円~

ドラマ洋画ランキング

パレードへようこその評価・レビュー

4
観た人
9365
観たい人
15061
  • 3.8

    がいさん2021/05/10 19:56

    はぁぁ ジョンFドノヴァンの俳優さんだったんか〜〜
    性別を超え世代を超え
    観てるこっちまで楽しくなる
    大好きこの作品

  • 4.0

    ソラさん2021/05/07 20:40

    テーマが良い。
    シビアな話題を比較的ポップに描いていく。

    良かったからこそ
    もうちょっと展開が欲しかったなー
    一貫してるから少し「長さ」を感じてしまった。

    主人公の設定の重要さも感じた。

    「相変わらず世界を変えてるのか?」
    「少しずつな」

    このセリフ良かった。

    若者のファッションが良い。

  • 5.0

    POMEさん2021/05/01 22:14

    若くてキラキラした都会のLGBT×田舎の度胸と柔軟性と包容力がすごいお母さん、なんだこの組み合わせ最高じゃん…!
    今のところ今年一番よかった映画。そして今まででいちばんハッピーな実話系。ハッピーすぎてラスト泣いちゃった。

    弱い立場におかれた人たちが認めあい分かりあい助け合う、お互いに素晴らしいなと思った。

    パレードの先頭を走るような生き方をしたいと思っていたのだけど、さらに上を行くパレードを見せられて私の理想はいい意味でもっと高くなった。
    最高すぎた…音楽もダンスも人間関係も全部すばらしい…ありがとう…!

  • 4.0

    megさん2021/04/30 08:29

    ゲイの活動家がスト中の炭鉱労働者を支援するとゆう実話が元になった作品。
    きっかけはゲイも炭鉱夫も敵は同じサッチャーてとこから支援するんだけど、この突飛な行動から炭鉱のひとたちを徐々に受け入れさせてく感じが上手く描かれていたと思う。炭鉱夫の最初に出会った人が偏見なく受け入れてくれてほんとよかった。


    悲しかったのは主導者のマークが若くしてエイズでほんとに亡くなってたことと、ブロムリーの両親が受け入れてくれなかったこと。ひとの意見や主張てなかなか変わらないから自分が変わることで前向きになれたらいいよね。ブロムリーも家を出ることで主張できたし何より自由になれて良かった。

    個人的にはビルナイがご婦人とサンドウィッチを作るシーンがあるんだけど、四角に切るんじゃなくて三角に切ってとか言われながら突然カムアしちゃってご婦人も知ってたわってなるとこなんか好き笑

  • −−

    小森さん2021/04/28 18:45

    ゲイと炭鉱夫が組んでスト起こす話。社会にNOを行動で示すというのが、現代日本には全く無い価値観だと思った。

  • 4.2

    MaGさん2021/04/26 20:55

    ちょうど1回目の緊急事態宣言時に見た気がします。時差投稿です。


    こういうもの見ると、先人が少しずつ生きやすい世の中を作ってくれていたことをあらためて思い出させてくれますね。

    私達も後世の人からみたら、先人になるわけで、より良い世界を作るためにできることをやらないとですね!

  • 4.5

    まめだいふくさん2021/04/24 21:16

    未知との遭遇(笑)

    「1人と1人が腕組めば♪ たちまち誰でも仲良しさ♪」

    歌いました。小さいとき。子供のころ繰り返し歌った曲に大人になってから励まされることがある。ハッとすることがある。『アンパンマンのマーチ』とか。

    非マジョリティ同士でも、利害が一致すれば手を組める。そして大きな力になる。胸熱すぎてうまく感想が言えない映画は久しぶり。

    映画としての面白さもすごいし、何より観た後に勇気をもらえる。なんで5年以上前の映画が今ごろ情報流れてきたんだろう?観てよかった。賢さと行動力の尊さ。

  • 4.5

    かよさん2021/04/23 12:45

    とてもよかった。後半のプライドパレードはずっと号泣。音楽もすごいよかった。

    ゲイもレズビアンも素晴らしい、ただそれだけだ。

    劇中のセリフで、当たり前のことなのに尊重されていない事実に涙が出た。
    マイノリティなんて言葉や考え方が早くなりなりますように。誇りを持って生きている人たちが想いのまま過ごせますように。

  • 4.1

    映画ファンさん2021/04/20 21:26

    サッチャー政権時代の84〜85年の炭鉱夫のストの募金活動などを援助を行なった同性愛者団体LGSMを描いた映画
    最初は無意識にも偏見を持ってしまう炭鉱夫達が徐々に同性愛者を理解していく描写が良かった

  • 3.5

    ゾロさん2021/04/16 10:12

    1984年~1985年のイギリス
    ”炭鉱夫達”と”同性愛者達”という
    相容れなそうな人々の交流の物語

    実話だけあって劇的な事が起こらないし
    特定の人物にスポットをあてていない
    そのぶん、各登場人物それぞれが
    とても繊細に描かれている


    古い世代や閉鎖的な社会
    若い世代や開放的な社会
    それぞれの葛藤を経て打ち解けていく人々
    一方、どうしても偏見を乗り越えられない人
    登場人物皆に共感したり、腹が立ったり
    一人一人にとても愛着が持てる


    だから随所で目頭が熱くなる
    哀しさ、悔しさではなく
    温かい気持ちで


    イギリス史で大きな出来事だった
    全英炭鉱ストライキ

    ストライキが終わり、
    あれ?これで終結? って思ったら
    そこから、もっと熱い物語があった

    最後のシーン
    本当に良かったなー

    更に、エンドロールでその後が語られると
    世の中まだまだ捨てたものではないな・・・
    そう思えるとても素晴らしい話だった

    サッチャリズム
    AIDS
    同性愛者の権利
    女性の権利や社会的地位

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す