お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

パレードへようこそ

G
  • 字幕

境遇の違いを乗り越えた友情は、やがてサッチャー政権を揺るがす伝説のパレードとなった…。

1984年のサッチャー政権下、不況に揺れるイギリス。ロンドンに住むゲイの青年マークは、スト中の炭坑労働者とその家族を支援するため、ゲイ&レズビアンの仲間たちと『LGSM』という組織を結成し募金活動を始める。しかしいざ募金を集めてみると、彼らへの偏見で支援の申し出はことごとく断られてしまう。そこに唯一支援を受け入れてくれる炭坑が現れたが、それはちょっとした勘違い。お礼に招いたウェールズの炭坑町の町民たちは、初めて出会った『LGSM』の面々に驚き、偏見を持って冷遇する。しかし、最初は冷ややかだった町の人々も交流するうちに徐々にお互いの心が開き始める。だが一方、炭鉱労働組合と政府の交渉は決裂しストは長期化、さらにサッチャーは組合員の家族手当を停止を宣言。苦境を知った『LGSM』の面々は更なる支援資金集めのコンサートを企画するが、その先には思わぬ困難が待ち受けていた……。

詳細情報

原題
PRIDE
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2014
制作国
イギリス
対応端末
公開開始日
2015-09-25 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入220円~

ドラマ洋画ランキング

パレードへようこその評価・レビュー

4
観た人
9431
観たい人
15171
  • 4.3

    silasさん2021/06/13 13:44

    最高だったーーー!
    サンドイッチ作るシーン今まで観た映画のシーンのなかでもトップ10入るくらい好き

  • 4.2

    マーコさん2021/06/09 21:07

    レディーズ アンド ジェントルメン!
    そしてまだ決まってない人たち!!


    ●一言感想●
    最高に素敵な実話!


    ●あらすじ●
    1980年代イギリス、LGBTの運動をしているメンバーはある日、同じ敵を持つ炭鉱夫たちと一緒に募金をする団体を立ち上げ、一つの町と協力することに🤝


    ●感想●
    LGBTの理解者って年齢関係ないなって学んだ
    若い人でも差別はするし、おばあちゃん世代でも分かってくれる人は一緒に闘ってくれる

    自由に生きることの何が悪いんだろう
    差別する人たちの気持ちが分からないから本当頑固だなあとしか思えない笑

  • 3.6

    しゅりさん2021/06/08 22:09

    ビル・ナイが眉毛クイって動かすのめちゃくちゃセクシーで好き
    持ってる痛みは別物でも敵が同じなら手を取って共闘しあえるみたいなの、ジャンプっぽくて熱いなあと思った、あんまりジャンプ系作品読まないけど

  • 3.0

    キリンさん2021/06/06 19:49

    面白かった
    事実ベースの重いテーマが
    軽妙なタッチで表現されていた

    色々好きな要素が詰まってたな
    ・事実ベース
    ・イギリスが舞台
    ・シリアスな中にも軽妙
    特に風景は懐かしかったな〜

    そして音楽が良かった!
    耳に馴染みがある80年代の
    UKポップスがたくさんで
    特に、Kingのlove&prideが
    フルコーラスで聴けるなんて感激
    最初メロディ流れてきた時は
    耳を疑ったね

  • −−

    makoさん2021/06/06 11:17

    温かくて、活力に満ちていて、心から幸せになれる作品だった。自分たちの権利を守るために声を上げるのって、重要なことだけど、すごく勇気と根気がいることでもある。それがマイノリティなものであれば尚更に。
    この映画で描かれたLGSMの活動の基礎には、『目的は違えど、同じ敵(サッチャー)に抗う人々の力になる』という他者理解と協働の発想があった。そして、その素晴らしいひとつのアイデアから、活動を軌道に乗せるまでに多くの人々の心を動かしたのは、素直になった人と人の心の交流だ。
    セクシャリティーやジェンダーはもちろん、他者とのどんな差異にも拘らず、人としてお互いを尊重し合い、信頼し合って、仲間になれるって本当に素晴らしいし、美しい。
    今世界中で、これまで蔑ろにされていたマイノリティの人権を守るための運動が当事者では無い人たちまでもを交えて巻き起こっているのは、向けられる悪意にも負けずに声を上げ、戦い続けた人々がいたからだ。その意志を絶やしたくないなって心から思う。

  • 4.2

    ぐりむさん2021/06/05 12:43

    50作品目


    シャーンの正義ぶっ通す感じヘアスプレーのトレイシーみたいでかっこいいなぁ

    段々と認められていくのがもうね……
    ラスト涙ちょちょぎれ

    まず初っ端からダイが普通に接してくれるのありがたい

    ゲイルがダンス通じて心を許したかと思いきや、飲み会で身内とばかり話していて怒られてるの笑う
    あとLGSMが「ゲイ達」って呼ばれてるのもなんか笑う

    クリフ、あの歳まで隠してたの辛すぎる……クリフもへフィーナも辛すぎる…
    LGSMみたいに仲間がいるわけでもなく、むしろ毛嫌いしてる人ばかりの中でずっと生活してたのつら…


    最初ステフ怖い人かと思ってたら全然良い人だった
    友達になりたい
    ていうか初期メン?オリジナルメンバーがみんないいキャラしてたわ
    カップルの影はちょっと薄かったけど…
    ジョナサンかっこよかった


    この2年はコロナで出来なかったけど、自分も数回TRP(東京レインボープライド)でパレードのボランティアしてみて、アライの人とかも大勢いて暖かさに触れて勇気もらってるか
    気持ち分かる〜って見てた


    とりあえず、LGBTだからって暴力振われる時代に生まれなくてよかった

  • 4.2

    さすらいの旅人さん2021/06/03 13:57

    一本の電話から繰り広げられる奇跡は凄い。BS/WOWOWシネマ録画BD視聴。

    この物語は奇跡に近い実話の物語だ。
    物語で硬い友情を結ぶ二つの団体が「同性愛者」と「炭鉱労働者」の相容れない団体なのが凄い。普通では考えられない結びつきに驚かされる。

    80年代のイギリスは、サッチャー政権の炭鉱閉鎖案に反対する炭鉱労働者のストライキが盛んであった。同時にゲイ&レズの同性愛者たちは、世間の偏見に苦しんでいた。
    ひょんなことから、同性愛活動者は炭鉱労働者への支援を始める。そして、それは全国的に知れ渡って行く。

    本作の面白いところは、炭鉱労働者の住む街が知名度のないウェールズの村にあることだ。当初、住民たちは保守的で、同性愛者に対しては差別的に敵対意識を持っていた。しかし、彼らが誠意を尽くすことにより徐々に心を開いて行く。その過程がドラマチックで面白かった。
    特に歌と音楽と踊りが効果的に使われている。

    コメディ映画的に展開するが、意図的にシリアスな場面も適宜入れているシナリオが秀逸。
    それから、人間性に富んだ生き生きした人物も多数登場し、観て最高に楽しい気分になる。
    後半に支援活動が難局を迎えるシーンもあるが、ラストの爽快さですべてが喜びに変わるのは驚きでもあった。ドラマであれば、うまいまとめ方と思ったが、実話だったの倍増で感動した。

    人間はどんな環境で育とうと人間には変わりない。本作は人間への尊厳と愛情に溢れた人間賛歌映画だ。

  • 4.1

    アクセルガツキーさん2021/05/31 01:48

    はあぁ、素晴らしい!なんて、なんて幸福な映画なのだろう!
    確かヒュートラだったと思うのだけど、これは封切の時にみて、正直いまいちな印象で、一体俺は何が不服だったんだ?
    思えば、わずか数年前のことだけど、その頃の私はもしかしたらマイノリティの人たちへの拒絶感が内心にはあって、それが反感になっていたのかもしれないと思う。いま見ると、何だかいろんなシーンがどれも最高で、それはつまり私という人間や感じ方が変わったのだ、というと都合よく聞こえはいいけれど、本当はそれだけ社会が進歩したということだよね。そう思うと、こういう私のような馬鹿者が反感を持とうが不当に批判しようが、丁寧に丁寧に表現をしていくことって本当に偉大で価値のあることだと思う。頭が下がる。たとえすぐに結果が出なくとも…(人はゆるやかに変わっていくのだ)
    例えば、性的マイノリティと貧困、人種と障害。そういう少数で、理不尽な暴力に晒されていることの問題や当事者の抵抗が分断されていることへの違和感を、現在のこの世界に生きていながら感じないでいることは、むしろ難しい。その意味で僅か6年とはいえ、きわめて先見的で、未来を予見したような作品だったと言えるかもしれない。少なくとも私は、ここ数年焦燥していたことが、6年前に作られたこの映画に先駆けて映っていたと感じました。
    はあぁ、泣いてしまう。色々と教えられました。これからもこの映画、観るな…。

  • 4.3

    Leonさん2021/05/30 21:39

    本来なら政府、全国炭鉱夫組合、ウェールズの住民、LGSMの各々の矜持が複雑に絡み合った結果のパレードなんですが、LGSMと周りの人たちの触れ合いという人間ドラマにフォーカスを当てて多幸感溢れる作りになっている。政治サスペンスのようなスリリングさは欠けるものの、相容れない存在や自分とは異なる者との向き合い方を丁寧に作品に仕上げている。イギリスの炭鉱ストライキを扱った作品では『リトル・ダンサー』があるが、それに続く傑作ではなかろうか。

  • 4.0

    ゆかちさん2021/05/26 20:40

    最後…感動(;_;)!!!
    1984年に起きた実話。遠くない過去。

    炭鉱労働者への支援に同性愛者のみんなが立ち上がる!何か自分たちにできることはないか…とても優しい思いを受け止められる人と「同性愛者」というだけで嫌がる人。同性愛者=AIDS。そんなことが報じられていた時代。メディアを通して批判が起きていたら怖がる人もそりゃいるよね。


    みんな同じ人間。違う価値観や考え方を持つ人のこと、分かりあえなくても認め合うことはできるはずなのになぁ…どうして自分が思う「普通」が「当たり前」と思ってしまうのかなぁ( ・᷄-・᷅ )

    まだまだLGBTへの理解が完璧とはいえないにしろ変わってきた昨今。
    少し過去を振り返るだけで、こんなにも厳しかった現実がある。理解してもらおうと頑張ってきた人たちがどれだけいるんだろう(;_;)
    LGBT作品は素敵な作品ばかり!いろんな人が観るようになったらいいのにな☺︎ ︎ ︎

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す