お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

天才バカヴォン~蘇るフランダースの犬~

G

バカボンのパパの本名に隠された秘密とは?天才バカボンと暗黒組織とフランダースの犬による、未曾有の戦いが始まる!

バカボン一家は、長男のバカボンと、自由人のパパにママ、そして弟のハジメちゃんの4人家族。東京の片隅で、毎日楽しく暮らしている。
ところが、そんな一家の元に、不審な男達が次々と現れるようになる。その正体は、暗黒組織・インテリペリ。彼らはなぜか“バカボンのパパの本名”を知りたがっており、あらゆる方法でパパに近づくが、パパに翻弄されるばかりで一向に本名を聞き出せない。
そこでインテリペリの総帥・ダンテは、息子のバカボンからパパの本名を聞き出そうと目論む。「子供と仲良くなるには、子供が一番だ。…特別な子供がな。」そうして召喚されたのは、地獄へと堕ちた「フランダースの犬」の主人公、ネロとパトラッシュの魂だった!

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

アニメ邦画ランキング

天才バカヴォン~蘇るフランダースの犬~の評価・レビュー

3
観た人
619
観たい人
450
  • 3.5

    lalalalabombaさん2021/02/19 23:17

    最強キャラクターのパパを起用すればなんでもできるのだ。

    三角マークのインテリペリという組織が人類への復讐に燃えるネロとパトラッシュを使うのもスパイスが効いてる。

    なんでもできるのだからもっと突っ込んで異次元のストーリにしても良かったんではないだろうか。

  • 3.6

    ノリえもんさん2021/02/11 18:02

    これぞ “ナンセンスギャグの帝王”
    天才 赤塚不二夫の最強のバカ アニメ長編作品🎬

    謎の闇黒組織「インテリペリ」が狙うものは
    な・な・なんと・バカボンのパパの本名⁉

    「バカボンのパパ」の本名って・・・んっわからない?

    たしかに、幼稚園の子供○○ちゃんのママみたいな
    子供のバカボンが中心の呼び方

    でも、ハジメちゃんは「バカボンのおとうと」と
    言わないのはナンデダロー😅💦

    家族の姓も「バカボン一家」

    まったく、
    気になる(木になる)リンゴなのだ😁 笑っ

    あの「フランダースの犬」の
    ネロとパトラッシュも なぜか登場❗
    ❇ネロのことを バカボンのパパは、オキロ君と呼ぶ

    日本国家をも揺るがす陰謀が動き出す!!
    ・・・と同時に、バカボンのパパの夢実現が始まる!

    まともなストーリーを
    くだらないギャグと
    愛あるメッセージで展開していく

    かなりおもしろかったから

    『これで いいのだ』

  • 3.7

    ペンさん2021/02/06 00:04

    赤塚不二夫のギャグ漫画『天才バカボン』を『秘密結社 鷹の爪』のFROGMANが映画化。
    しかも、日本アニメーションの名作『フランダースの犬』との禁断すぎるコラボ作品でもあります(笑)

    予想通りの鷹の爪テイスト。鷹の爪のキャラクターがバカボンに代わっただけだよね(笑)。そして、日本アニメーション!よく許可したな!ってツッコまずにはいられないくらいの扱いをネロとパトラッシュは受けています(笑)。

    くだらなすぎるけど面白いから、これでいいのだ。

  • 2.5

    タケさん2021/01/28 07:55

    何となく、バカボンが懐かしくなり鑑賞。
    これでい〜いのだ。
    …これ以外に思い浮かばない。
    CKBのエンディングテーマが良かった!

  • 3.8

    テラ兄さん2021/01/12 06:34

    バカボンは昔から性善説をゴリ押してきて、バカボンのパパはその心優しいバカボンの全力で味方する。ママとはじめちゃんはそんな2人が行き詰まると突破へのヒントをくれる、だがしかし、時に全てを超越するパワーを発揮する。バカボンのパパ!

    ってなんとなく書いたけど、「これでいいのだ!」の一言で良いと思う…。

    ネロの声優さんのトーンとかなんか色々好き。ナメタくんも好き
    なんかいろいろ良い。

  • 2.5

    JPEGさん2020/12/31 21:16

    「秘密結社鷹の爪」の作者FROGMAN制作のFLASHアニメーション。

    原作はあの「天才バカボン」。

    世界を我が物にしようとする悪の組織「インテリぺリ」が未来を予測するコンピューターを開発。この世の全ての情報をインプットする必要があるが唯一わからない情報があった。それはバカボンのパパの本名。それを探るため、人間に恨みを晴らすために地獄から甦った「フランダースの犬」のネロとパトラッシュを送り込む。

    あらすじからすでにカオス。視聴する上では難しいことは考えてはいけないタイプの作品。よくわからんが「これでいいのだ」。

    こんな内容でよくフランダースの犬の使用許可を貰えたものだと思わせるほどのカオスっぷり。「秘密結社鷹の爪」の世界観が好きな人は楽しめるだろう。

  • 3.6

    おむさん2020/12/11 21:51

    赤塚不二夫先生の名作「天才バカボン」を自分の好きなFROGMANが監督になって出来た作品。
    「鷹の爪」シリーズ好きとして、この作品の存在を最近知って早速鑑賞。

    バカボン作品のバカさ加減とFROGMAN的なテイストがいい感じでマッチしてて、自分としてはハマりました😊✨

    最後はいい感じで終わってスッキリ✨
    設定がよく分からないところもあるけど「これでいいのだ😁」

  • 3.2

    ロボットマンさん2020/10/29 13:09

    2020-85
    天才バカボンの映画ということでバカボン要素はしっかりしてるけどもっとギャグ部分も原作に寄せてほしかった。
    フランダースの犬は別にフランダースの犬じゃなくても良かったのが残念、ネロとパトラッシュじゃなきゃダメな話の流れがあれば良かった。
    全体的にめちゃくちゃな展開なのでこの映画に合理性を求めること自体がナンセンスなんだろうけど、ラストくらい何故そうなったのかというちゃんとした説明が欲しい。
    ネロ役の瀧本美織さんという女優さん?かな、声優が上手いとまでは言わないけど
    オリジナルのネロをしっかりさせたような芯の通った綺麗な声でなかなか良かった。

  • 3.2

    シャーロットずんだ餅さん2020/10/25 10:44

    バカボンのパパの本名をなんとか知ろうとするインテリペリ

    どうしても聞けない為、刺客として「フランダースの犬」のネロとパトラッシュを送り込む!

    それなりに面白い

  • −−

    あたさん2020/09/06 03:58

    ちょっとだけアホになる感覚を忘れてる現代人。
    普段お疲れの人達には原点回帰のつもりで。
    バカヴォンが放つ映画のストーリーを全てをナンセンスに帰す魔法の言葉「これでいいのだ」によって、色々考えてしまう所があった。
    現実社会での尽きない悩みに対する終わりの無い思考、全ての疑問に対して「これでいいのだ」という句読点をつける事も大切な事なのではないか。その他考えは尽きない。
    映画としてこれでいいのか。これでいいのだ。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す