お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

DRAGON BLACK

G

世界の全てから狙われる男。表に仲間は無く、裏にも協力者は無し。ただ、愛する女と正義の為に死闘う!!

スタントマンとして活躍する龍斗(虎牙光揮)。ある日、刑事である父・正蔵(斉藤洋介)が未成年強姦後に飛び降り自殺をした事を知る。刑事に誇りを持っていた父の不可解な自殺に疑問を感じた龍斗は警察学校時代の同期を介し事件を調べ始めるのだった。闇社会で蠢くヤクザ組織と、それに癒着する警察組織の関わりを掴んだ龍斗。しかし、事件の隠蔽を図る警察は、龍斗を指名手配し、裏ではヤクザを使い龍斗を消しにかかる。そして、追手の脅威は婚約者である桃子(武田梨奈)にも襲い掛かるのであった…。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330

Vシネマ(アクション)邦画ランキング

DRAGON BLACKの評価・レビュー

2.2
観た人
20
観たい人
23
  • 1.2

    TAK44マグナムさん2018/07/12 11:28

    これはつまらないの観ちゃったなぁ〜。
    虎牙光揮と武田梨奈が共演で、タイトルが「ドラゴンブラック」じゃない?
    てっきり格好いいマーシャルアーツ系の映画かなと思ったら全然違くて。
    格闘シーンはあっても、そこまでマーシャルアーツって感じではなくて、どちらかと言うと喧嘩アクションでした。
    唯一、武田梨奈VS亜紗美、虎牙光揮VS亜紗美というカードはあれど、ムーヴの内容は割と泥臭い系。

    刑事であった父親を、危険な半グレ組織によって殺されたスタントマンが怒り狂う復讐劇なんですが、この主人公にあまり共感できず。
    劇中、六平直政が「何も失うものがないヤツが1番強いんだよ」とかなんとか言うんですけれど、この主人公は孤独でも何でもなくて、婚約者がいるリア充なんです。
    守るべき者がいるというのをこれ以上ないぐらいアピールしているのに、そんなのどうでもいいって感じで無鉄砲に復讐に行じる・・・はっきり言って、たんなるバカにしか見えません。
    復讐自体も、真正面からカチコミかけるだけ。
    相手は警察も迂闊に手がだせないデンジャラスな奴らなわけですよ?
    それなのに、警察学校出身ではあるものの現在はカタギのスタントマンがたったひとりで立ち向かうわけですから、よほど用意周到な計画でも練らないとダメでしょ。
    案の定、自分は袋叩きにされ、婚約者も一命は取り留めたものの銃撃されて半死半生ですよ。

    そこで、主人公は意識不明の婚約者にむかって「俺がバカだった」と反省するそぶりを見せながら、次の瞬間には病院抜け出して復讐の再チャレンジを始めるのだから、本当に心底、意味不明!
    しかも素手では敵わないと悟ったのか、拳銃を用意するんです。
    マーシャルアーツ映画を観たかった願いが完膚なきまでに打ち砕かれましたよ!
    主人公がチャカで半グレどもを撃ち殺してゆく映画になっちゃったもの!

    もうね、誰も観ないだろうからネタバレ気味で書いちゃいますけれど、婚約者が実は妊娠していることを主人公は知るわけです。
    ここで普通の神経なら、一旦復讐は諦めるものじゃないですか?
    自分の無茶のせいで愛する婚約者は意識不明で、しかも子どもが生まれるっていうんですから。
    しかも、父親とはどちらかというと疎遠だったんですし。
    それなのに、今度はワルとは言え人を大量に殺しちゃいますから!
    生まれてくる子どもの事なんて、これっぽっちも考えていないじゃないの、このバカは。
    生まれながらにして大量殺人者の子どもだなんて、こんな不幸な生い立ちある?

    そんな大馬鹿な主人公の襲撃で、ほぼ全滅する半グレ組織もどうなんでしょう。
    素人でもチャカ持てば勝てるって、そりゃそんなにヤバい組織なのかな(汗)
    何か、もういい加減にしてくれと思っていたら、そこでどんでん返しが起こりましてね。
    まぁ、観ていれば誰でも予想がつきそうなどんでん返しなんで、何の驚きもありませんでしたが・・・

    しかも、本当の敵はあいつだった!
    ってところで続編に続く!という掟破りの連続ドラマ形式!
    なんなのこれー?!
    ブツ切れでエンドロール突入です。
    続編は、さらに評判悪そうなので、決着がどうなるのかは知りたい気持ちはあるけれど、別に観なくてもよいかな・・・(汗)

    武田梨奈がやられっぱなしなのもテンションが下がりましたね。
    深夜まで仕事してきて、シャワー浴びてから目が冴えたので観たのですが、寝たほうが有益でした。


    GYAO!にて

  • 2.0

    もっちりんさん2017/03/01 09:45

    武田梨奈目的での鑑賞。

    とりあえず武田梨奈と亜紗美が出演のアクション映画ということで期待度MAX!「デッド寿司」でも共演してましたが、こちらは本格アクションっぽいのですごく楽しみにしてました。

    ずっとレンタルされていてやっとこ借りられたので、さぞ人気の作品なのだろうと思っていたら、レビュー数少なっ!しかも世の中の評価低っ!

    まぁ気にしない気にしない!
    いざ鑑賞〜!


    そっか。世の中の評価はやっぱり正しかったんだ。

    えっとですね、まずアクションなんですが、なんでしょう、とにかく打撃音がデカ過ぎておかしい。どこがクリーンヒットなのかも分かりにくいので、もう少しメリハリが欲しかったです。
    虎牙光揮、武田梨奈、亜紗美、木原勝利と動ける人たちが集まっいるのに、撮り方のせいか少し物足りなく感じてしまいました。

    それでも武田梨奈vs亜紗美は見応えありました!でも中盤の見どころという感じなんでしょうが、個人的にはここがクライマックスに…。というかヒロインとして武田梨奈を出演させているなら、もう少し出番(アクションシーン)を増やしてほしかったです。

    ストーリーは父親を殺した組織への復讐劇なんですが…。
    「親父は本当に自殺なのか!?」
    「女子高生を暴行した罪の意識に耐えられなかったらしい」
    「!?親父はゲイだぞ!!?」
    みたいな感じで自殺の偽装に気付きます。凄いですね。

    そもそもこの映画は「前編」みたいな感じで完結してないのでまだ何とも言えませんが、とりあえず主人公がただただ無鉄砲だなーという印象。

    もしかしたら次作で覚醒するかも?武田梨奈のアクションもいっぱい観れるかもしれない!?

    全ては次作で!

  • 3.4

    片腕ファルコンさん2016/01/15 15:12

    全国に14人はファン(私を含む)がいるであろう『日本統一』シリーズや『ヤンキー女子高生』シリーズなど流行り関係なしに独自の路線を突き進むオールイン エンタテインメント社の劇場公開作!!

    個人的には和製ドニー・イェンと認定しても良い虎牙光揮主演!!なぜ、彼の知名度が上がらないのか未だに不明だが、今回は恋人役に武田梨奈がいるのが心強い!!

    普段からこの会社の映画を見られているからでしょう、演出などのクオリティ面に対しては問題なし。アサイラムを見続ければ、チープさが気にならなくなるのと同じ現象ですね。

    そして、この復讐に燃えるというテーマはですね、、チープさは一切関係ありませんからね!そこに燃える男が映っていれば問題ないのですよ!!

    そして、まさかの武田梨奈の血反吐っぷりが新しい。

    怒り限界MAXの虎牙光揮の復讐劇は思いもよらぬ展開へ…!!

    ひとりラーメンマンみたいな人がいるが気になる。初めて見る役者だった。。

    うわー、コレも得意の続編系ですか。。。

    『日本統一』みたく15作とか続きませんように。。

    でも、とりあえず楽しめました!!!『2』も観るぜ!!

  • 1.8

    片腕マシンボーイさん2016/01/03 00:45

    劇場で観ようか迷ってたんだけども
    もうレンタルもでてたからレンタルDVDで観ちゃった!

    虎牙さん主演で武田梨奈がヒロインで亜紗美姉さんも出演
    ワクワクが止まらない出演陣!
    ただな
    まぁ、低予算のクソ脚本に、クソ演出
    まさに、演者の身体能力頼みのアクション映画ですわ

    でもねぇ、梨奈ちゃんVS亜紗美姉さん!
    アクション女優同士の格闘シーンとしては2016年現在における最高のマッチメイクではなかろうか!
    パッキャオVSメイフェザーみたいなもんです
    梨奈ちゃんの空手は相変わらずキレキレだが
    亜紗美姉さんは…迫力の二の腕!
    年々プロレスラー体型に
    約10年ほど前にAVでデビューした時は可愛らしい娘やったのに…
    ただ今の亜紗美姉さんのがも〜っと好きです!
    梨奈ちゃんと亜紗美姉さんの決着の踵落とし迫力でした!
    でな虎牙さんも愚連隊相手に大暴れするわけですけども
    やっぱり最強の敵は亜紗美姉さんですな!

    で、うっす〜い脚本やけども事件の真相が!
    さぁ、虎牙さん!黒幕どもを……え!ここで終わる?
    なかなかこれほど酷いエンディングは観れない!
    打ち切りの漫画でももう少しキレイにまとめるやろ!

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る