お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

シーズンズ 2万年の地球旅行

G
  • 吹替
  • 字幕

日本でも大ヒットを記録した、「オーシャンズ」の制作陣が描く全く新しいネイチャー・ドキュメンタリーが誕生。

2万年前、地軸のごくわずかな変化により、気候が劇的に温暖化した。氷河期が終わり、新たな生命が芽吹き始める。見渡す限りの緑の森、自由を謳歌する動物たち、響き渡る鳥のさえずり、その歌声に合わせ口笛を吹く少年。人類も、動物たちと等しく生きる森の住人だった。2万年という悠久の時間、そこで懸命に生きる生命をドラマティックに描いた感動の旅。ここには、この地球のすべての生命の希望に満ちた未来がある。

詳細情報

原題
Les saisons
関連情報
日本語吹替版ナレーション:笑福亭鶴瓶、木村文乃
音声言語
フランス語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2015
制作国
フランス
対応端末
公開開始日
2016-07-01 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

シーズンズ 2万年の地球旅行の評価・レビュー

3.1
観た人
1077
観たい人
815
  • 3.6

    chitchipapaさん2021/05/27 23:05

    2009年に海洋ドキュメンタリー映画『オーシャンズ』を発表したジャック・ペラン、ジャック・クルーゾコンビによるアニマルドキュメンタリー映画であり、今回も圧倒的なスケールと映像美、野性動物の躍動感溢れる姿に言葉を失います。
    特に狼の群れが獲物の野生馬を追って森の中を疾走するシーンでは、あの速さで狼に並走する画はどのようにして撮ったのか⁉
    それ以外にも随所で、信じられないようなカメラワークが登場します。
    この作品ようにナショナルジオグラフィック的なドキュメンタリー映画は興行的には厳しいでしょうが、人類の財産として是非とも未来に残すべき作品であると思いました。

  • 3.8

    はるさん2021/05/11 08:22

    2万年前、氷河期の終わり頃から、現代までの動物たちのドキュメンタリー。
    美しい自然と動物たちの営みが紹介されています。
    「地球は人間だけのものじゃないよね〜」ってのんきに観ていると、少しずつ様子がおかしくなってきます。
    美しかった自然を破壊する侵略者の登場です。
    人間の戦争のために馬が利用され木が切り倒される。
    森を失った動物たちの様子が胸に突き刺さります。
    もはや、人間の存在自体が罪のように感じてしまう。
    「わたし達には動物たちを守る責任があるよね」って戸惑いながら観ていると、またナレーションの様子が変わっていきます。
    人間が命を守ることの大切さに気づくんです。
    これが新しい時代の始まりで、今のわたし達はまさにそこに立っている。

    これから人間が向かうべき道を、わかりやすく示していました。

    私の気持ちの変化って、制作側の狙い通りなんじゃない?
    ジャック・ペラン監督の模範的観賞者になれたようで光栄に思いました。

  • 4.0

    ゴン吉さん2021/05/08 23:42

    ”オーシャンズ”のジャック・ペラン監督のネイチャー作品を笑福亭鶴瓶と木村文乃がナレーションを務めた作品。

    小音小型バギーで馬やオオカミ、イノシシと並走しながら撮影したり、軽飛行機による雁の群れと並翔して撮影した動物・鳥目線のこれまでに無いカメラワークは迫力があって楽しめました。
    雄大な自然を駆け巡る動物たちは風景の一部となり、美しかったです。
    氷河期以降の生命の営みをフィクションも混じえて四季を通じて映像化しています。
    トナカイ、ジャコウウシ、シロフクロウなどの寒冷地生物、カケス、鹿の出産、バイソン、リス、カササギ、クロヅルの渡り、ハイタカ、ヒグマ、モモンガ、アイベックス、フクロウのハリネズミの狩り、オオカミの馬狩り、オオヤマネコのシカ狩りなどの映像を楽しめます。 

    ジャック・ペラン監督は”オーシャンズ”でもみられるように本作品でもメッセージを込めていますが、ネイチャー作品なので人間のフィクションシーンは無かった方が良かったと思います。

    BS TVで鑑賞

  • −−

    みかどぅんさん2021/05/08 13:42

    どうやって撮影してるんだろうと思いながら見てました。近くで野生の動物見てみたい。いつか自然と動物と人間が共に歩んでいける世界になりますように。

  • 3.7

    ちくわぶさん2021/05/07 15:24

    自然や動物たちの生態系を映したカメラワークの技術の高さに驚きました。
    色々な動物の生態が図鑑などで見るよりも実際の映像なので分かりやすく、一つの作品として満足です。
    後半の人間の歴史については賛否両論ありますが、伝えたいメッセージは強く伝わりました。

  • 3.0

    Yagiさん2021/05/04 08:59

    ・前半は興味深い。ド迫力のヒグマの喧嘩、オオカミの狩り戦略、なかなか狩りが成功しないオオヤマネコ、木穴から外を伺う鳥やリスの可愛らしさ等々。
    ・後半失速したなぁ、まるで地球の陸地の大部分を人類がくまなく開発してしまったかのような言いぐさ。“従来の森は虫や動物たちが持ちつ持たれつ”と言ってるが当事者たちからすれば殺るか殺られるかの世界だろうに。

  • 3.4

    工藤篤志さん2021/05/02 22:54

    シカ、キツネ、クマ、野鳥など、北海道の森に身近な動物も取りあげられていて、フランス感が、いい意味で薄かった。

  • 3.2

    Lirouさん2021/02/23 18:52

    人間って、どんどん知能が発達し過ぎて、なんか怖いな
    動物は全てはただ生きるために、人間は欲にまみれて時には無駄に命を奪ったりする

  • −−

    yy22さん2020/11/30 20:07

    2020.11.30 BS181(吹替版)
    日本語版NA:笑福亭鶴瓶、木村文乃/日本語版テーマソング:クリスタル・ケイ「Everlasting」
    オーシャンズ製作陣が描く、すべての生命の壮大な歩みを描いた全く新しいネイチャードキュメンタリー/2万年前、地軸のごくわずかな変化により、気候が劇的に温暖化した。氷河期が終わり、新たな生命が芽吹き始める。見渡す限りの緑の森、自由を謳歌する動物たち、響き渡る鳥のさえずり、その歌声に合わせ口笛を吹く少年。人類も動物たちと等しく生きる森の住人だったのです。2万年という悠久の時間。そこで懸命に生きる生命をドラマティックに描いた感動の旅。ここには、この地球すべての生命の希望に満ちた未来がある。

  • 4.2

    ゆきさん2020/10/29 20:46

    大好きな自然ドキュメンタリー。とにかく凄く美しい映像!!ホンモノなの?ってくらい。フランスからなので、何だか憂いも感じる。
    2万年前から動物は同じ姿で、人間は共存してたはずなのに今は??というメッセージあり。

    多くの種類の動物がテンポよく出てくる。スロー映像の美しさや、動物が走る臨場感。

    以下、素敵な映像だったなぁ~
    鹿の生まれたての子ども、猪の鼻が利く~、虫を嫌がるバイソン、熊の子どものキュートな木登り、ウラジロカワガラス の求愛ダンス♪
    動物はかかとをつけずに歩くけど熊はかかとをつけるから人間っぽいとかの豆知識も楽しい。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す