お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ボリショイ・バビロン 華麗なるバレエの舞台裏

G
  • 字幕

世界を震撼させた事件から2年後、ボリショイ・バレエ団の頑なに閉ざされ続けた舞台裏に史上初めてカメラが入る。

2013年、ボリショイ・バレエ団の元スターダンサーにして芸術監督のセルゲイ・フィーリンが何者かに顔面に硫酸を浴びせられるという衝撃の事件が起き、ソリストのパーヴェル・ドミトリチェンコが逮捕される。二人はキャスティングを巡って対立していた。やがて事件の背景に隠された、熾烈な勢力争い、嫉妬、横領、賄賂などのスキャンダルが暴かれていく。ロシア政府は新しい総裁としてウラジーミル・ウーリンを送りこみ、そこへ片目を失明したフィーリンが復活する。だが、この二人もかつて反目し合った仲だった。カメラは彼らがぶつかる決定的瞬間を逃さない。果たして、バレエ団はどこへ向かうのか…?

詳細情報

原題
BOLSHOI BABYLON
音声言語
英語/ロシア語
字幕言語
日本語
制作年
2015
制作国
イギリス
対応端末
公開開始日
2016-09-01 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

ボリショイ・バビロン 華麗なるバレエの舞台裏の評価・レビュー

3.1
観た人
303
観たい人
464
  • −−

    わきなつみさん2021/05/02 01:39

    先月白水社から「ボリショイ秘史」というタイトルの新刊が出ておるそうで、この映画ですっきりしなかったあれこれはこれを読めば解決しそうな予感がします。7000円するので買わないと思うけど、、

  • 2.0

    白玉もちもち姫さん2021/01/22 18:17

    2013年に起きた芸術監督セルゲイフィーリンが顔に硫酸をかけられる事件からバレエ団内の内部対立だったりスキャンダルに着目して制作されたドキュメンタリー

    思ったより全然内部について触れられなくてつまんなかった😃ただシングルマザーしながらバレリーナやってる人がいることにびっくりしたのとロシアってそういえば謎多いなって思ったのと地下鉄が北朝鮮とそっくりだ‼️って思ったくらい‼️おそロシア〜〜〜〜〜‼️‼️

  • 3.3

    KNNさん2020/08/11 22:46

    芸術、美術を共同体ないし集合体として作り上げること
    内部の対立よりも正直国・政治が近すぎることに驚きを隠せない

  • −−

    碧さん2020/07/11 22:29

    ボリショイの舞台裏はわかったけど…
    いろんな人にインタビューされてるわりに深掘りされていない。

    ロシアではバレエは国家から保護されているけど、その分問題もあるんですね。

  • 2.0

    タニーさん2020/05/15 21:38

    ドキュメンタリー。
    ロシアのバレエ団の闇。
    っていっても、あんまり突っ込んだ感じではなく、すっきりしない内容。

    観るのはバレエの表だけがいいかなって感じ。
    綺麗だし。


  • −−

    tomokaさん2020/05/13 22:14

    ボリショイでこんな事件があったなんて知らなかった。おそロシア。

    バレエダンサーは凄まじい職業だとつくづく思う。
    カンパニー内では常に競争で、踊ることに喜びは感じない、肉体的に辛いだけなのにステージの上では観客を魅了しなければならない。なんて悲しいの。

  • 4.6

    なおみんさん2020/03/23 23:12

    とにかくバレリーナって同じ人間と思えない。すごすぎる

    それよりなにより
    景色、言葉が懐かしくて〜〜
    似てるんだよね〜
    地下鉄の駅とか音とか☺️

  • 3.0

    こんぺいとうさん2020/03/12 21:34

    当時、このボリショイバレエのこの事件は本当に衝撃的だった。芸術監督が硫酸をかけられたなんて、普通誰が信じるだろう。どろどろとした舞台裏は予想されることだけれど、想像以上にフィーリンとその他の対立がすごくてびっくり。芸術なんて正解はないし、誰もが納得することなんてありえないんだろうけど。‬

  • 3.8

    Fujisanさん2019/11/02 23:32

    ボリショイバレエ団のドキュメンタリー的な映画。
    競争や嫉妬の世界が故に起こった事件は、本来、芸術であるべき誇りと伝統を貶すものとなった。

    継続して行ける者は限られている社会の厳しさ。
    才能あるものだけが救われる世界。
    そして、寿命の短さ。

  • 3.3

    エマさん2019/06/09 21:37

    今まで観てきたバレエ映画の中で、もっともバレエ界の闇的なものを描いた作品だったかも。

    どこの世界にもゴタゴタはあるんだろうなと思った。
    結局自分が知らないだけ。

    美しく張りつめたバレエを踊る人達が大らかな訳もないと思うしね。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す