お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

プール

G

理由なんて、愛ひとつで十分だ…。チェンマイにあるゲストハウスに集った5人を描く。

4年前、祖母と娘さよのもとを離れ、チェンマイの郊外にあるゲストハウスで働き始めた母・京子(小林聡美)。大学の卒業を目前に控えた今、さよ(伽奈)はそんな母を訪ねて、一人、チェンマイ国際空港に降り立つ。迎えに現れたのは母ではなく、母の仕事を手伝う市尾(加瀬亮)だった。小さなプールがあるゲストハウスにはビー(シッテイチャイ・コンピラ)という名前のタイ人の子供と不思議な空気感を持つオーナーの菊子(もたいまさこ)がいた。さよは久々に会った母が、初めて会う人たちと楽しそうに暮らしている姿を受け入れることができず、戸惑いを感じていた…。

詳細情報

関連情報
原作:桜沢エリカ「プール」(幻冬舎刊)
音声言語
日本語
制作年
2009
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2016-09-13 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

青春・学園邦画ランキング

プールの評価・レビュー

3.4
観た人
11414
観たい人
4229
  • 3.4

    marieさん2021/08/02 13:46

    画面の向こうもこちらもゆったりしたいい時間でした〜。
    細かいことは気にせず、娘にしたら自由奔放な母親は憎たらしいかもしれないけど、親子は個性が違う人間同士だから。たしかにな〜と。
    タイの風景を観られたのも良かった☺︎

  • 1.4

    AkaiKitsuneさん2021/07/31 09:46

    事件はなにも起こらないが、夏休みに観るにはちょうどいい映画。京子は確かに勝手だが、まったく悪びれないところが良い。

    歌のシーンだけなんだか異質で、とって付けたようでムズムズした。

  • 2.5

    soraさん2021/07/29 11:57

    BGMがわりに流してたけど、小林聡美さん演じてた役の考え方に、だんだん面倒くさくなってきた。余計なこと色々考えちゃって、のんびりできなかった。はーあ。

  • 3.7

    古内一成さん2021/07/28 14:48

    「かもめ食堂」「めがね」の荻上直子作品かと思いきや、大森美香作品。調べてみると、3作品とも霞澤花子による企画らしい。
    どちらにせよゆったりのんびりした、心休まる好きな作品。
    エンディングはハンバードハンバード。最高!

  • −−

    Megumiさん2021/07/27 23:35

    休んでいいんだよ、って言ってくれてるような、疲れた私たちを解放してくれるようだと、このシリーズを見ると思う

  • 4.0

    かぶさん2021/07/26 19:50

    心地よかったーー
    やっぱり小林聡美さんが出ている映画は好き!💕

    プールサイドでみんなで歌うシーン、ランタンを空に上げるシーン、どれも見てて落ち着きます⭐️⭐️

    ビーくんが常ににこにこしててとっても可愛い笑

    小林聡美さん演じるお母さんはキョウコちゃんをおいてタイに来てしまった設定だけど子供の立場なら寂しいだろうな〜と思う。。

    #2021#124

  • 3.9

    Alohagirlさん2021/07/26 14:44

    よかったな。
    あそこに住みたい。

    好き嫌いが分かれるかもしれないけど、「めがね」が好きな人は好きだと思います。

  • −−

    ぺんぺんさん2021/07/25 12:16

    癒された。タイに行きたい。人はいつか死ぬ。自分で選んで自分で決める。好きなところで好きなことをする。一緒でもいい。離れててもいい。

  • 4.0

    まりをさん2021/07/25 11:17

    まるで環境ビデオみたいな心地よい映画。
    タイののどかな景色、のんびり流れる時間
    おいしそうな食事、空に浮かぶランタンはクラゲみたいで、ほんと見ていて癒されます。

    特に好きだったシーンは、プールサイドで歌を歌っていたらみんなが集まってくるシーン。いいなーあんなの。私も歌いたい!

    でもストーリー的には結構過激だと思う。
    いくら「自分の好きなように生きる」とは言っても家族を捨てることまではできない。それを「それでいい」と肯定されると「マジですか?」という気分でもある。
    「そんなことができたらいいだろうなー」と思ってみればいいのかな。

    それにしてもこのゲストハウス、卒業旅行シーズンなのに他に客がいなくていいのか?とか余計なことまで考えてしまったりして。。。。

    いやしかし「メガネ」に続いてみたので、てっきり萩上直子監督作品と思いました。
    キャスト、雰囲気、すごく似てますよね。

  • 4.0

    nsさん2021/07/24 13:37

    【良かったところ】
    ・木の大きな屋根
    ・タイの子どもの白いシャツ
    ・冒頭のちらし寿司
    ・最後の風船みたいなの飛ばすシーン(魂みたい)
    ・加瀬亮の言葉遣い

    【あんまりだったところ】
    ・小林聡美ともたいまさこの心情が読み取りづらい(自身の理解力不足でもある)
    ・後半、主人公の変化は分かるが、スポットライトが当たらないので少し消化不良感がある(もしかしたら、逆にそれがいいのかもしれない)

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る