お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

人生は小説よりも奇なり

G
  • 字幕

39年目の結婚はビター?スウィート?ニューヨークを舞台に実力派の名優たちが奏でる爽快な人間讃歌。

NYマンハッタンに暮らす画家のベンと音楽教師のジョージは、39年間連れ添ってきた同性カップル。2011年、ニューヨーク州で同性婚が可能になったことで、念願かなって入籍した2人だったが、まだまだ周囲の差別や偏見は根強く、ジョージは仕事をクビになってしまう。その後も保険や年金、不動産などで次々と問題が押し寄せ、2人は新婚早々、長年暮らしていたアパートを離れ、別居しなければならなくなってしまい……。

詳細情報

原題
LOVE IS STRANGE
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2014
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2016-09-07 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

人生は小説よりも奇なりの評価・レビュー

3.4
観た人
1938
観たい人
3874
  • 5.0

    KatoTomokoさん2020/05/29 19:04

    映画館で見逃したことを大後悔作品…!

    甘いショパンの旋律に沿って、素直で丁寧に描かれる心情風景。若干演出が感傷的過ぎるのも含めて好き!大好き!最後の逆光演出とか、なんだろう、わざとのおぼこい絵。やらいなー。

    こんな老夫婦になりたい。

  • 3.4

    ゆみにーさん2020/05/25 18:56

    happy endバカな私には確かに現実的なお話でした。

    でも哀しみを誘うような描写が無く(あえてなのかなぁ)何となく「おやっ…?」と思わせて、ベンは居なくなりました。

    ただそこからのジョーイ
    ジョーイなんです。

    (ジョーイ)
    葬儀に出なくてごめんさい
    最後の姿のままで残しておきたくて
    葬儀が怖くて

    何と言う事でしょう…
    1ヵ月前に叔母を亡くした私と同じ事をこの子は言ってんなぁ…
    めっちゃわかるよその気持ち。
    そしてその気持ちを責める人は誰もいないよジョーーーーイッッ!!!


    なんだかLGBT?について私は知識がどうのこうのないので、結婚した2人が祝われた翌日から今度は規律やルールに迫害されたのはとてもいたたまれなかった…
    なんだよう…
    って、薄情な世の中だぜ

    でもこの題名本当に物語にピッタリじゃな〜
    切のうございました

  • 3.5

    坂本健さん2020/05/24 21:31

    気持ちが分かるところも出てくるが、もっと掘り下げて欲しいところがなくて、あっけなく終わってしまった。

    LGBTについては、僕は良いと思う人ではあるが、世の中はそういかないものかと、とても人間の冷たさも感じた。

  • 2.5

    ホットサンドさん2020/05/19 22:35

    全く前知識なく鑑賞。

    年齢を重ねてお金がないってこんなに醜いのかなぁと感じてしまった。見た目と言うだけではなく社会の居心地が悪いでしょう。
    おまけに好きな人と一緒にも暮らせないのは切ない。
    やっぱり人生って厳しいな。

  • 4.0

    mahoさん2020/05/19 11:55

    静かな映画だった。

    言葉に表すのが難しいけれど、
    まだまだ同性愛者が浸透されない社会。

    周りを取り巻く人たちも、
    どこか、悩みを抱えてて、すこしだけ
    しんどい気持ちになったかな。

    けど、ふたりの長年連れ添った
    気持ちと愛はたしかにそこにあったし
    離れ離れで会えなくて寂しい気持ちは
    変わらない。

    地下鉄で別れる時に何となく、
    わかってたような気はしたんだけど、
    切なかった。苦しくなった。

    ラストシーンの夕陽に向かって
    スケボーで走るシーンが良かった。

  • −−

    夏りょうこさん2020/05/18 20:25

    あんなに家が広いのに居候がそんな気になるのか!あんな大きなソファー(ほとんどベッド)に寝るのがそんなに嫌なのか!などなどのカルチャーショックは置いといて、おじいちゃん&中年のクマ系ゲイカップルが乙女のように可愛くて切なくて。愛があればこその苦しみ。それも人生の一部だと受け入れるしかない。

  • 2.9

    Mamikoさん2020/05/12 22:32

    人生なかなかうまくいかないね

    個人的にこの映画、同性婚の事より
    居候してるのにその家族に
    気を使わず迷惑かけてる方が
    印象に残った。

    ジャ写と内容があんまり合ってない気がする

  • 3.8

    ソバコさん2020/05/09 21:40

    哀しい出来事を哀しみで色付けしないながらも、静かに満ちてくる哀しみを覚えた。群像劇に近い、誰にも寄り過ぎない視点のせいかもしれない。ラストが好き。

    ジョーイはレディ・バードのボーイフレンド役の彼に似てるな。

    邦題は違うな...

  • 3.5

    Aoiさん2020/05/06 01:30

    メッセージ性が強くない感じが意外でそれが良かった気がした!
    あらすじの”同性婚して職失って家失って、、、”と、ジャケ写のハッピーエンド感を見て勝手な予想をすると、社会問題もりもりでそれをなんとか愛で乗り越えるのかなって身構えて見た。でも見てると不幸そうなのは主人公2人じゃない周りの人達のほうに見えたりもしたし、誰が悪いとか人との距離感もこうした方がいいとか、正解みたいなのが押し付けてないから、最後まで見てスッキリはしないけど受け取り易い感じ!!

  • 3.3

    ダイさん2020/05/06 00:09

    ジャケットとタイトルから熟年ゲイの恋愛コメディ?と思ってしまったが全然違って、劇中に度々ショパンの曲が流れる静かなドラマ映画でした。

    39年連れ添ったNYのゲイカップルのジョージとベン。同性婚が認められ念願の結婚を果たした途端に家を失いそれぞれが別の家で居候をする羽目に…(新婚なのに!)

    私事ですが、歳を重ねると人と会うことも億劫になるし、賑やかな場に出向くことも少なくなるけど劇中にベンが言った「大勢の中で無理して笑うより一対一のほうがいい」という言葉通り、2人でいることでこの2人は十分幸せなんだよな〜ということがひしひしと伝わってくるような作品でした。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す