お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

エミアビのはじまりとはじまり

G

日本アカデミー賞最優秀脚本賞受賞(『舟を編む』)渡辺謙作監督、完全オリジナル脚本による最新作!

人気上昇中の漫才コンビ“エミアビ”の片割れ・海野が、ある日突然自動車事故で死んだ。遺された相方の実道はマネージャーの夏海を連れ、海野の車に同乗していた雛子の兄・黒沢に会いに行く。黒沢も数年前までお笑いの世界にいた、エミアビの先輩であり恩人だった。どん底の割れない現実に直面した彼らは果たして、もう一度笑うことができるのか?もう一度跳ぶことができるのか!?そんな彼らに、思いもよらない奇跡のような“ドッキリ”が舞い降りる。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2016
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2017-03-02 18:30:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

キャンセル

コメディ邦画ランキング

エミアビのはじまりとはじまりの評価・レビュー

3.1
観た人
597
観たい人
1183
  • 2.9

    すぽんじさん2021/08/13 18:45

    これから始まる…という所で終わるが、
    ラストシーンは良い感じで終わる。
    エミアビの意味が良い。
    人を笑わせるってスゴイ事だ。

    2018.03.12レンタルDVD

  • 3.4

    カーネルさん2021/08/09 21:48

    主演、前野朋哉との事でかなり前から見ようと思ってお気に入り登録してたところ、W主演の森岡龍が『五億円のじんせい』でやたらカッコよかったので、コレは!と速攻で観たわけですw
    森岡龍は今作では見事に振り切った演技で、お笑い芸人を演じています。振り切った芝居だからこそ物語に深みが感じられます。あらすじやパッケージなどで緩〜いイメージを持っていましたが、どうしてどうしてなかなかにずっしり来る話でした。

    前野朋哉は遠回しではありますが完全に2枚目でした。スパダリってわけじゃないけどw 彼が歌うホンキートンクブルース♪
    かなり良かったです!

    改めて思うのは新井浩文。彼がいない今が、本当に損してる!と思えるくらい、いい芝居してるんです。馬鹿なようで馬鹿みたいに色々と考えてるいいヤツ。ひょっとしてお笑い芸人の本質をついてるんじゃないのかと思っちゃいました。

    忘れちゃいけないのが黒木華!
    パンダメイクが絶品でしたw

    若干のファンタジー要素には………
    しょうがない………目をつぶりました。

  • 4.0

    bluemercenaryさん2021/06/15 16:58

    エミアビ―――海野と実道の漫才コンビ
    彼らの舞台から始まる物語。

    そこからシーンは実道がマネージャー夏海と尊敬する先輩黒沢のところに向かう車中に。
    黒沢宅で仏壇に手を合わせる実道。その先の遺影は海野と黒沢の妹の雛子 ――― 二人は事故で死んだ。
    その後、黒沢に求められるままにネタを披露する実道。―――対して執拗に駄目だしする黒沢の無茶振り。
    いよいよ限界が来て逃げ出す黒沢。――― そこでマネージャーが登場して実はドッキリだったと判明、改めて三人で飲み直す事に。

    画面が変わって時間はさかのぼる。
    雛子と海野が深夜の駐車場で会話している。―――何故、二人は事故死したのか。

    再び、映像は一人になった実道に。
    マネージャーに叱咤された実道は先輩黒沢とコンビを組むことを決意する。
    大切な人を亡くした同志がケンカしながらも新コンビでいよいよ初舞台に挑んでいくことに・・・・・



    期待してなかったと云うと失礼に当たるけど、えらく掘り出し物に巡り合った。―――そんな感じの面白い作品。
    少し奇想天外な非現実的なシーンが多々あるんだけ、それが違和感なく物語に入り込んでいる。
    それ含めて過去現在の時間の流れの切り替え、劇中とは思えないハイレベルな漫才、空白だった黒沢の過去等の伏線の回収など、脚本組み立てと演出構成が“お見事”の一言。
    ちょっと素敵すぎる人間再生ドラマです。

  • 3.7

    echoさん2021/02/08 13:50

    良かった☆☆
    主人公の不自然なカツラが
    ずーっと気になってたけど
    最後は地毛になって、
    そうか、あのカツラは
    強がってた鎧の象徴なのかな、と
    勝手に解釈。

    黒木華ちゃんずっと
    すごく良かった。
    マネージャーからのコンビへの愛。
    新井さんのお墓のシーンも良かった。

    そして前野くんも
    ほんとに良かった!
    あんなおとぼけな役、
    前野くんにしかできない気がする。
    コンビ名の意味も素敵。

    たまに現実離れした
    ファンタジーな要素があるけど
    全然気にならなくて面白かった☆

    もっとたくさんの人に
    観て欲しい映画☆

  • 3.0

    オアシスさん2020/12/10 18:25

    喪失からの再生?
    海野男気とひなこの健気さ。
    人間顔じゃないね。気持ち。
    海野役の人、本当にダメ感出てますねー。
    オナラのシーン尋常じゃない。それからのあれ笑
    それを嫌がらないひなこ、いい子ですねー。新井さん、もったいないなぁ。
    活躍できたのに。

  • 3.4

    悟空さん2020/11/12 19:28

    エミアビ。笑み浴び。いいコンビ名だ。
    新井さんの芸人姿は貴重でおもしろい。
    我らが森岡さんの若さ、イケメンさに感動。芝居ももちろんよかったす!!

  • 3.5

    なお王さん2020/07/08 09:04

    久々に「すご!」と思える映画を見ましたよ。
    新井浩史がただひたすらに面白いだけでなく、黒木華は落ちた弁当泣きながら食べてるし、盛岡龍はホストイメージなんだろうけど今だと手越祐也にしか見えないし前野朋哉は飛びます。

    芸人の人たちって面白いことやってみて、っていう無茶ぶりにいつも耐えてるんだろうなー。

    新井浩史はいつかお笑い芸人で復活するかもしれません。

  • 3.0

    stillhereさん2020/05/10 18:57

    漫才シーン『火花』よりはよっぽど面白い。あと新井くんやっぱめっちゃ良い。円熟の極みとしか言いようがない。

  • 3.5

    キムトモさん2020/04/12 21:18

    初)芸人ファンタジー作品。「花火」より好きですね👍演出もセンス良いしだからどうしたの⁉︎って終演ですが…お笑い好きな若人達の葛藤が面白おかしく伝わりました

    (ノ-_-)ノ~┻━┻新井サンは復活できるのかなぁ〜〜

  • 2.0

    kazさん2019/07/15 21:41

    通勤鑑賞51作目。

    面白くない。
    人物描写もエピソードも薄っぺらい。
    何が描きたいのか。

    キャラクターに感情移入出来ないので、全然、感動しない。

    「舟を編む」の脚本を書いた人の作品だとは、思えない。

    もっともっと熱い作品に出来たのではないか。新井浩文に黒木華と、キャストも豪華なだけになんか残念。

    星は2つ。満足度は低い。2.3とか。


    あと、「エミアビ」いいか?なんかセンスを感じない。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました
    戻る