お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

聖の青春

G

羽生善治を追い詰めた棋士・村山聖。病と闘いながら全力で駆け抜けた、わずか29年の生涯を描く奇跡の実話。

1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)七段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖は幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を患っており、家族や仲間は反対する。しかし、幼いころから何をおいても将棋にかけてきた聖を見ている森師匠は、背中を押す。 東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らかった家、酒を飲むと先輩連中にも食ってかかる聖に皆は呆れるが、みな彼の将棋にかける思いを理解し、陰ながら支えた。その頃、同世代の棋士・羽生善治が前人未到のタイトル七冠を達成する。聖は強烈に羽生を意識し、ライバルでありながら憧れの想いも抱く。そして聖は、将棋の最高峰であるタイトル「名人」になるため、一層将棋に没頭し、並居る上位の先輩棋士たちを下して、快進撃を続ける。そんな中、聖の身体に癌が見つかる。だが、「このまま将棋を指し続けると死ぬ、手術し、療養すべし。」という医者の忠告を聞き入れず、聖は将棋を指し続けると決意する。彼の命の期限は刻一刻と迫ってきていた…。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

青春・学園邦画ランキング

聖の青春の評価・レビュー

3.5
観た人
12428
観たい人
11015
  • 4.0

    Rさん2021/06/21 22:11

    丸の内ピカデリーにて鑑賞。

    物凄く緊張感ある棋士の世界を描いた作品。

    村山聖を演じた松山ケンイチが『ライジング・ブル』の時のロバート・デ・ニーロさながら巨漢になっており、見事。
    また、羽生善治を演じた東出昌大も良く似ていた。

    「村山聖の魂の棋譜」には生きることへの緊迫感があり、これが作品全体に伝わった感じである。

    村山聖は棋士アンケートに意義を見い出せないでいてアンケートは出さなかったが、唯一出したアンケートの「神様が一つだけ願い事をかなえてくれると言ったら?」に対して「神様除去」は痛烈。

    また、この映画、将棋人の映画なので、淡泊な映画になりそうなところを、村山聖が殴られた直後に雪原に立っているという素晴らしいシーンあり、観る者を飽きさせない。

    素晴らしい人の壮絶な生き方を描いた佳作であった。

  • 3.0

    ユキさん2021/06/16 19:58

    棋士 村山聖

    難病と闘いながら将棋を指し続け、29歳で亡くなった村山聖さん

    カップラーメン食べてお酒もガブガブ飲んで病人とは思えない生活態度なのが、先が詰んでいる彼にとっての悪あがきのようでなんだか悲しく映った😢
    どんどん悪くなっていく体でも、将棋を指す事だけは止めれない。

    羽生氏と二人で初めて酒を交わす。
    言葉少ない羽生氏だが、将棋を指している感覚を潜ると表現し、潜り過ぎて怖くなるが聖となら行けるという天才同士の会話に痺れた⚡
    東出さんの羽生氏役が最高に良かった👍

    「2七銀」と最後の言葉を残して旅立った村山氏。もっと将棋を指す時間を与えてあげたいと思わずにいられない🥲



  • 4.0

    Taulさん2021/06/16 02:02

    『聖の青春』鑑賞。原作未読。松ケン村山vs東出羽生、そのなりきり度が何よりの見所。終盤はもう実際の対局の場のよう、魂が映ってる。廻りの人達のエピソードも適度で特に筒井道隆の地味さがいい。演出方法に疑問は多いし脚色の程度は気になるが、その命懸けの生き方、青春の対峙が胸熱だった。

  • 3.0

    れじーなさん2021/06/14 14:11

    病気に対する不摂生は自業自得な気もするんですが、何か対人関係とか妙な拘りとか、発達障害的な性質もあるようで、そっちの方の生きづらさを感じました。

    実家関連の方言、言葉はうちに近いんですが、発音が違って、逆にどこか気になります。

  • 3.7

    ダイキさん2021/06/10 08:44

    村山聖という人間を知らなかったが、
    作品を通して彼という人間を知れた気がする。
    静かなる闘いの中で言葉には出ない思いというのが痛いほど伝わってきた。

  • 3.5

    ゾロさん2021/06/08 11:25

    BS自動録画分鑑賞

    プロ棋士”村山聖六段”の
    将棋に捧げた人生の物語

    全然、知りませんでしたが
    凄い人が居たんだと驚いた

    村山さんの将棋に賭けた想いを
    中心に描かれていた為、
    対局のシーンはあるけど
    将棋の醍醐味に関しては
    描写、説明はほとんど無かった

    故に、将棋を知らなくても
    支障が無い構成になっていた


    羽生さんとの会話が印象的で

    こんな体になっていなければ
    将棋もやってないし
    羽生さんと会う事もなかった


    物語では解らなかったが
    羽生さんとの戦績が出た時に驚いた

    6勝7敗

    えっ・・
    そんなに、凄かったのか!

    もっと、凄さ(強さ)を表現して
    良かったんじゃないか?って思いつつ

    羽生さんとの会話にあったように
    病気で無ければ、将棋を指したのか?

    病気で無ければ
    そこまでの戦績を残せたのか?


    本作は、”村山聖六段”ではなく
    ”村山聖さん”を描いた物語だった




    松山ケンイチさんの演技も
    凄かったけど

    東出昌大さんの演技が見事
    風貌、喋り方だけでなく
    佇まいから些細な素振りまで
    どっから、どう見ても羽生さんにしか見えない
    普段観る事が無いOFFの羽生さんも
    きっと、こんな感じだろうと
    容易に想像できた

    柄本時生さんもかなり良い味出してて

    気付いたら
    【 Blue 】の三人だった

  • 3.7

    オリさん2021/06/06 08:23

    そもそもセリフが少ない。
    態度で見せる映画。

    聖と善治のライバル関係の意識も
    多くのことばは要らない。

  • 1.8

    あくびさん2021/06/04 08:13

    村山聖の人生や生き方は素晴らしいと思うし、俳優もすごく良いのに、なんでこんなにつまらない映画になったんだろうか。この内容、この俳優陣でまったく心が動かないってある意味すごい。

  • 1.0

    ゆさん2021/05/31 02:04

    映画としてはイマイチ
    インタビューをつぎはぎしたのかなあって印象
    ノンフィクション好みじゃないねんごめん

  • 3.3

    金柑さん2021/05/30 01:04

    丁寧に作られていたな、という感想
    三月のライオンは映画前編だけ観てしかも終盤寝落ちたというやや苦い思い出

    羽生さんはテレビでちらほら見たことがあるけど、本当に昔はこんな感じだったんだろうな…!という東出昌大の役作りすごかった

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る