お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

聖の青春

G

羽生善治を追い詰めた棋士・村山聖。病と闘いながら全力で駆け抜けた、わずか29年の生涯を描く奇跡の実話。

1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)七段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖は幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を患っており、家族や仲間は反対する。しかし、幼いころから何をおいても将棋にかけてきた聖を見ている森師匠は、背中を押す。 東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らかった家、酒を飲むと先輩連中にも食ってかかる聖に皆は呆れるが、みな彼の将棋にかける思いを理解し、陰ながら支えた。その頃、同世代の棋士・羽生善治が前人未到のタイトル七冠を達成する。聖は強烈に羽生を意識し、ライバルでありながら憧れの想いも抱く。そして聖は、将棋の最高峰であるタイトル「名人」になるため、一層将棋に没頭し、並居る上位の先輩棋士たちを下して、快進撃を続ける。そんな中、聖の身体に癌が見つかる。だが、「このまま将棋を指し続けると死ぬ、手術し、療養すべし。」という医者の忠告を聞き入れず、聖は将棋を指し続けると決意する。彼の命の期限は刻一刻と迫ってきていた…。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

青春・学園邦画ランキング

聖の青春の評価・レビュー

3.5
観た人
12692
観たい人
11065
  • 3.2

    Tsuguさん2021/11/22 22:14

    文字通り命を削って、命尽きる瞬間まで将棋と向き合った男の物語。病気じゃなかったら将棋に出会ってなかったかもしれないし、病気じゃなかったら体調も万全でもっと満足のいく将棋をできたかもしれない。

    『将棋は殺し合いじゃろうが!将棋指しの人生はそれが全てじゃろうがい』と言っちゃうほどまっすぐに打ち込む姿と松山ケンイチの演技力相まって強烈なインパクトを残した。麻酔で脳が鈍ったら将棋ができなくなると言って手術を拒むところ、将棋以外だったら何より家庭を持つことが夢なところ、性格は器用じゃないけど人間味溢れた人なんだよな。ちゃんと時代背景とか羽生善治の凄さとか将棋のルールとか頭に入れた上でもう一度見たい。

  • 3.8

    みちを踏み外さないようにさん2021/11/06 23:02

    俳優人の役作りがすごすぎる。
    理由はきっと村山聖の生きざまに触れてしまったからじゃないかと思った。

    “なんで将棋を選んだんでしょうね”

    村山さん悪手のあとの羽生さん、ぐっと来たあ😭

  • 3.5

    Megさん2021/11/05 12:40

    将棋界のノンフィクション映画。
    この映画のサイトに載ってる将棋界の方々からのコメントが、1番の見どころだったりする。
    だって聖と共に戦って同じ時代を生きた人達の言葉だから。
    久々に将棋指したくなった一作。

  • 4.0

    肉鹿さん2021/11/03 18:27

    幼い頃から難病に侵されていた少年が出会ったのは『将棋』 当たり前のようにプロになって最初に立ち塞がったのは天才棋士。倒すために全力を懸けるが、残された時間はわずかだった———29歳で夭折した実在する棋士、村山聖を綴ったノンフィクションの映画化。

    見終わって、村山聖の性格が嫌いな人はたくさんいるだろうなあと思った。
    僻みすごいしお酒飲んだら暴言しか吐かないし、部屋も汚いし髪や爪も切らない不潔さだし。

    そんな人なのに憎めないのは、病気を盾にした逆恨みのような感情は一切ないからだとおもう。
    『名人位』と『幸せな結婚』という1番欲しいものを両方とも持ってる羽生名人に対して、逆恨みどころか憧れすぎてストーカーまがいなことしちゃうのも純粋さを表現しててかわいかった🥰

    それが顕著なのが2人っきりで飲むシーン。
    共通の話題が全くなくて苦笑いしちゃうなか、将棋へ懸けた想いだけは共通なのが胸熱くなる!「深く(将棋の海に)潜りすぎて怖くなることがある。でもあなたとならいっしょに行けるかもしれない」なんてセリフはBLなのかなとちょっと笑った😂

    あと髪や爪を切りたがらない理由もとても好き!
    この理由は目から鱗が落ちた気分、、
    汚さが生きてる証なのがとても切ない、、

    村山聖。羽生善治。森信雄。
    この3人だけが実名なんだけど、演じてる3人は憑依させるかのように見た目やクセから徹底的に研究したんだろうなあという真摯さがありました👏
    それにしても、先に見てた「泣き虫しょったんの奇跡」と似たような役柄で染谷将太さんが出てるのはわらった。きっと理想的な奨励会会員顔なんだねw

  • 3.9

    愉快なピーナッツさん2021/11/01 21:42

    ややトゥーマッチな感じもしますが、松山ケンイチと東出昌大の熱演が目立つ作品ですね。実際にいた人物を演じるのは難しいところだと思いますが。
    将棋の話が好きなんで(対局の緊張感とか)、わりと高評価かもしれません。集中して観たい作品ですね。

  • 3.2

    ananasさん2021/10/28 13:23

    松山ケンイチが体形を調整して村山聖を演じているが、私自身が原作の大ファンなので、どうしても「村山聖」自身の魅力である「ダメな人間なんだけど許せてしまう愛嬌」がマツケンには不足しているなと思ってしまった。
    こればかりは演技や体形でカバーできない本人の資質なので仕方ないのかな。少し残念でした。

  • 3.0

    ぜんまいアザラシさん2021/10/24 15:52

    静かに、淡々と描かれていく人生

    メラメラと燃える赤じゃなく、青い炎みたいな

    いや、青も違うかな…

  • 3.8

    ひきこもりにゃんこさん2021/10/16 12:31

    病気だったから将棋にのめり込んだ
    病気じゃなければもっと将棋に向き合い強くなれた
    将棋には体力がいる普通の体じゃないから長時間の戦いで思考をフル活動できない
    めちゃくちゃだけど飛び抜けて純粋だから振り回される
    競技者として羽生さんと互いに尊重しあう同士。その関係性に胸が熱く締まる。
    映画の事を語ると、モノマネが上手い役者と演技が上手い役者がいて、漫画原作や実際にいた人で音源や映像が残っているものは近づくのは容易いかもしれないが人に見せていない部分をどう演じているかが役者の力量かと思いました。

  • 4.0

    Rさん2021/09/20 17:00

    竜王戦とその後の飲み屋で、華やかさとはかけ離れた松山ケンイチと東出昌大を際立たせるような画面奥の美しさに泣ける。
    血尿をしっかり見せるところも良かった。
    松山ケンイチが歩いてるだけでニヤけてしまう

  • 4.5

    yukihiro084さん2021/09/19 11:58

    観直すと、驚きが多いよねぇ。

    松山くんと東出くんとリリーさんの
    印象が大きくて、忘れてしまって
    いたけど、そうか。染谷くんは、
    こんなにも間近で、村山聖を演じた
    松山くんの魂の演技を見ていたのだな。
    こんなに近くで。そうか。
    (3月のライオン)で、村山さんを
    モデルにした二階堂役を演じたのか。
    (3月のライオン)撮影時、どんな
    想いで撮影に臨んだのか。『想い』

    (3月のライオン)そして、
    (BLUE/ブルー)を観て、
    どうしても観直したくなって
    早起きして再鑑賞。

    時生くん、安田さん、うんうん、
    そうだそうだ。
    なぜこんな強烈なキャラクターの
    時生くんを忘れていたのか。

    (BLUE/ブルー)の松山くん、東出くん、
    そして、時生くん。みんな見た目も
    キャラクターもだいぶ違う。
    (BLUE)と(聖の青春)を続けて見たら
    きっと、松山ケンイチという俳優の凄み
    を実感できるはずだ。
    まるでデ・ニーロのようだ。

    1990年代。
    羽生善治が七冠を達成した頃、
    子供の頃から、ネフローゼ症候群と
    いう難病と闘いながら、天才羽生と
    肩を並べるまでになった村山聖、

    その魂の闘いの軌跡。

    伸ばした髪、そして爪。
    無造作の放置された現金。
    趣味は少女漫画。
    牛丼は吉野家。
    大きな子供のような振る舞い。

    神様に言いたいこと。2つの夢。
    『体調悪いの?』
    『良かった日なんてないよ。』

    街の小さな書店の可愛い店員さん。

    村山さんが願ったのは、
    羽生善治を倒すこと。
    でも、それだけじゃない。

    街の小さな書店の可愛い店員さん。
    それは恋、と言うより、願いに近い。

    村山さんを知ったのは原作。
    原作がまたいい。原作ファン。
    作者は大崎善生。
    『パイロットフィッシュ』
    『アジアンタムブルー』など
    恋愛小説のイメージが強いが、
    元々は将棋雑誌の編集者。
    劇中、筒井道隆演じる橋口は、
    大崎がモデル。だから、(間近で
    見てきたかのよう)に書ける。
    渾身のデビュー作。

    リリーさん演じる師匠の林さんの
    師匠愛、沁みる。

    やっぱり、いい。

    今作を好きな人と
    いろいろ語りたくなる。
    映画のことっていうか、
    村山聖さんのこと。

    映画が終わって、振り返ると
    妻が呆然と立っていて僕に言う。
    『私たちと同世代だよね。』

    悔しさが滲んだ声で、妻が言う。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    最初のレビュー。

    原作小説好きの視点から書きます。

    あの村山聖や森先生に会えたのは
    すごく嬉しかった。変わらないな〜、
    相変わらずだな〜と、身内感覚で
    観てしまう。
    もっと2人とも(汚くても)
    よかったのに。
    でも愛すべきキャラクターだった。

    いい意味で静かな映画。
    そして寂しげな映画になっている。
    音も少なく、絵に派手さや動きもない。

    車窓からの街並み、灰色の海、
    灰色の空、雪景色、白鳥。
    心象風景のようにカットインされる
    映像の数々が印象深い。

    だからこそ、対局のシーンが
    鮮明に浮かびあがってくる。
    濃厚な熱量のあるシーンになっている。
    演者の熱演もあり、見応えのある
    ものになってる。

    とは言え、いくつか残念なところもある。
    あくまで原作ファンとしてだけど。

    僕は村山聖と森先生の話が観たかった。
    友情の物語、師弟愛の物語が観たかった。
    森先生とのエピソードこそが、村山聖の
    物語ではないのかと思うんだよね。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました
    戻る