お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

劇場版 BiS誕生の詩

G

『BiSキャノンボール』経由、『WHO KiLLED IDOL? SiS消滅の詩』へと続く一大サーガ!

元BiSのマネージャー及び現BiSHマネージャーの渡辺淳之介と、サウンドプロデューサー松隈ケンタ、そして元BiSのプー・ルイが改めてタッグを組み、再始動を開始した元祖お騒がせアイドル、BiS。2015年9月1日から4日にかけて実施された最終合宿オーディションに、『BiSキャノンボール』でお馴染みのAV監督/ドキュメンタリストのカンパニー松尾を隊長とするテレキャノオールスターズがカメラ片手に完全密着。その様子は特別番組『BiS誕生の詩』としてスペースシャワーTVでオンエアをされ、その続編『WHO KiLLED IDOL ? ?SiS消滅の詩?』(エリザベス宮地監督)の劇場公開も発表された。だが、カンパニー松尾の「60分では足りない!もっと修羅場を見せたい!」との思いから、急きょ『劇場版BiS誕生の詩』の製作が決定、撮り下ろし映像も追加した決定版が、この作品である。何者でもない素人が煌めくアイドルに生まれ変わる瞬間を捉えた、貴重なヒューマンドキュメンタリーを是非劇場でご観覧下さい。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入880

その他邦画ランキング

劇場版 BiS誕生の詩の評価・レビュー

3.5
観た人
339
観たい人
207
  • 3.9

    あまのさん2021/10/29 00:01

    みる順番間違えたぞ!!!
    だからこそ味わえた(味合わさせられた?)この感情、、、🌧
    インターンの子が『わたしにも挨拶してくれた子がみんな受かってる』って言ったのがなんか、ずっと残る!
    でもこんなんみてると、みんな受かったらいいのに!って感情移入してしまうね
    オーディション番組が流行るのも納得

    ただナレーションが不愉快の極みシリ!

  • 3.5

    ふみさん2021/09/06 00:31

    ぶっちゃけBiSH以外あまり知らなくて、BiSに関しては中学の時に脱いだアイドルがいるみたいな話聞いた程度です。

    WACK独特の泥臭さを感じました。正統派じゃないし参加者の覚悟の度合いも半端じゃないし、渡辺さんのビジネスとして勝つ為の厳しさも凄かった。

    ブラック企業の社員研修から暴力と暴言抜いた感じ。

    ナレーション誰か雇う余裕なかったのかな。

  • 4.6

    ひでりんstarさん2021/07/20 21:02

    面白すぎる。『テレキャノ』の流れを汲む正当な続編でありWACKオーディション合宿ドキュメンタリーの1作目であり『SiS消滅の詩』への壮大な前フリでもある超重要作。真剣に観るべき。

  • 3.9

    naveoさん2021/06/21 00:44

    あゝ無常でBiSを解散させてくださいと静かに言ったペリウブが、BiSに選ばれて泣いて喜んでるのが悲しかった

  • 4.0

    おなかいっぱいさん2021/06/02 13:58

    この頃のジュンジュン優しい(感情に素直な)気がした。

    この2期BiSオーデで選ばれた5人より、落ちた子たちの方がWACKのアイドルとして長生きしてるのがなんとも…。

    当時もリアルタイムで観てたはずなんだけど、改めて観るとドクソンめっちゃ可愛い!!!

  • 3.7

    マ帆さん2021/04/01 16:42

    「慈善事業じゃねえんだよ」でも「アイドルは基本的に搾取される存在」というの、大矛盾だけどどちらも間違いではなくて、それを分からせるための24時間生配信やデスソース制度やスタッフ投票による「一番一緒に仕事したくない人」発表なんだろうな、でも水着審査まで行くとさすがに胸糞なんだ

    Siriみたいなナレーション.....

  • −−

    子さん2021/02/14 11:48

    WACKが好きな方に是非見て頂きたいです。WACKが求めているものWACKの大切にしていること頑張る女の子達を見ることができます。
    いろいろな意見があると思いますが、見てよかったとすごく思いました。
    綺麗すぎないところがだいすきです。

  • 3.0

    らむじーさん2020/10/20 01:56



    真面目なドキュメンタリー。
    アイドルになりたい人や、自分が好きな人になりたい人など、それぞれのBiSへの想いが詰まっている。

    ただドキュメンタリーとしては、コンピューターによるナレーションや字幕が多い演出よりも、生の声で観たかった。
    人の声って大事だなと思う

  • 3.4

    Nさん2020/10/03 19:07

    Sis消滅の詩の前振り的映画なので、これだけ観ても微妙です。前振り映画としては完璧。
    この一本だけを評価すると、BISのプードゥーと渡辺淳之介のお互いの絶妙な関係性と信頼感とかBISになるために翻弄された女の子達と卑しい大人たちの生み出す綺麗じゃないストーリー。
    特にグッとくるところはないけれど、アイドルができる様をただただ見せつけられてるって感じ。
    彼女達は全力でオーディションに立ち向かっているのにそれを画面の向こうのニコニコ視聴者達にポイントをつけられたりとか水着審査で軽率に消費されてる感じがなんかずしんときた。

  • 4.1

    鹵簿六田さん2020/08/06 10:58

    “もう1度BiSを”の号令の下始まったBiSHという新グループであるが、発起人である渡辺淳之介(ジュンジュン)はやっぱり終わってしまったBiSに未練たらたら。新生BiSの誕生、WACK合宿のはじまりを追いかけたスペースシャワーTV制作のドキュメンタリー。ここでしっかり基盤作りされてたのでこの後も恒例となる合宿と同様の流れ。合格メンバーだけに焦点を合わせた編集ではないのでオーディション全体を俯瞰で見れるし、いちばんの見所はなんつっても最後のジュンジュンの涙だわな。
    2020.7.31.
    スカパー スペースシャワーTV

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました
    戻る