お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ヒトラーの忘れもの

G
  • 字幕

ナチが埋めた200万個の地雷を撤去したのは、異国に置き去られたドイツ少年兵たちだったー 史実に基づく “戦争のその後” を描いた感動の物語

1945年、ナチス・ドイツによる占領から解放されたデンマーク。ドイツ軍が海岸線に埋めた無数の地雷を除去するため、捕虜のドイツ兵たちが駆り出された。彼らは地雷を扱った経験がほとんどない。彼らを監督するデンマーク軍のラスムスン軍曹は、全員があどけない少年であることに驚くが、容赦ない暴力と罵声を浴びせる。少年たちは祖国に帰る日を夢見て苛酷な任務に取り組むが、飢えや体調不良に苦しみ、地雷の暴発によってひとりまたひとりと命を落としていく。そんな様子を見て、ナチを激しく憎んでいたラスムスンも、彼らにその罪を償わせることに疑問を抱くようになる。やがてラスムスンは、残された任務をやり遂げて帰郷を願う少年たちの切なる思いを叶えてやろうと胸に誓うようになる。しかしその先には思いがけない新たな苦難が待ち受けていた…

詳細情報

原題
LAND OF MINE
作品公開日
2017-07-04
音声言語
デンマーク語/ドイツ語/英語
字幕言語
日本語
作品公開日
2017-07-04
制作年
2015
制作国
デンマーク/ドイツ
対応端末
公開開始日
2017-07-04 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

歴史・戦争洋画ランキング

ヒトラーの忘れものの評価・レビュー

4
観た人
12210
観たい人
19389
  • 4.0

    SILAS618429877さん2021/04/11 19:07

    息が詰まる。
    胸が詰まる。
    見ていて辛くなる。

    ドイツ軍がデンマークの海岸に残した地雷をドイツの少年兵たちに撤去させる。
    戦争捕虜に強制労働させる。
    ジュネーヴ条約に違反している。

    軍曹と少年たち。
    ストックホルム症候群にも似た、極限状態の一蓮托生の強い絆、「擬似家族」。

    緊迫した空気が緩んだ途端、起こる爆発。
    セリフも多くなく、ストーリーもシンプル。
    ただその圧倒的な事実に、見る者は目撃者として、なす術もなく最後まで見届けるしかない。
    傍観者の無力感。
    それでも私達にできるのは、目を背けずに「目撃」し、心に刻み込み続けること。
    そして、忘れずにいること。

  • −−

    Hayakaさん2021/04/11 11:57

    「サンズがつくと大会社に見える、将来に備えてそういう社名にするんだ」
    「子供に処理をさせるとは聞いていなかった」
    「知ってます、そのお陰で動揺せず働けました、いつか帰れると」
    「死の行進を続けたいなら勝手にしろ」
    「帰ったら何するー食うよ、とにかく食うよ」

  • 4.0

    CONAN2さん2021/04/11 10:26

    歴史に埋もれ風化してしまっている史実を掘り起こし 世界に知らしめる という意味でも、人権を軽んじた愚かな行為 という教訓としても、創る意味のある メッセージ性の高い作品‥ とても シンプルで 地味ではありますが なかなかの 良作‥

  • 4.1

    たつこさん2021/04/11 01:39

    戦争のあと
    ナチスが埋めた地雷撤去に駆り出された少年兵

    ママに会いたいと言ってた

    左官の仕事でドイツを復興させる時言ってた

    切ない…

  • 4.8

    ぱいんあめさん2021/04/10 23:47

    敗戦ドイツ軍の幼い少年兵による地雷除去作業。

    彼らに憎しみをぶつけるしか無い指揮官だが、彼らとの日々を過ごすなかで、徐々に疑問を持ち始める。

    終戦後このような少年兵は多く居たのだろう。何とも居た堪れない気持ちだ。

  • 4.2

    IGAさん2021/04/10 18:10

    とても、とても、大きな忘れもの。
    持ち帰ることはできないし、
    放置することも許されない。

    責任を取れないのであれば、
    人に命令をする権利は無し。

    約束を果たせないのであれば、
    軽々と約束を交わす言葉無し。

  • 4.3

    tenさん2021/04/10 11:36

    とても人間くさい、よい映画でした…。
    人間に期待をしたくなる。惨い仕打ちが憤ろしい反面、そうせずにいられない側のことも分ってしまうから、遣る瀬無くて息が詰まった。ラスムスン軍曹の最後の決断すら、その後の彼は?と思うとたまらない。
    それぞれの子供たちの子供らしさと逞しさも、見ていてとても苦しかった。特に双子の片方の優しさと諦めが。
    地雷はやはり嫌い。

  • 4.0

    アラバンさん2021/04/08 17:57

    ドイツ降伏後、デンマークの海岸沿いにナチスが設置した地雷の撤去作業が行われ、、作業を行う為にやって来たのはなんとドイツの少年兵たち。ほとんど何も分からずに戦場に駆り出された挙句に、後始末だけを押し付けられるのだから悲惨です。

    食べるものは最低限ギリギリ、病気になっても休めない。そんな状況で、故郷に帰れることを信じ将来の夢を語り合いますが、地雷撤去に失敗して何人も爆死していきます。

    監督者はナチスに恨み骨髄のラスムスン鬼畜軍曹。しかし、少年たちをうっかり人として見てしまったのか、憎悪に振り切っていた針が融和へと大きく傾いていきます。

    一方で、戦勝国の立場になり、さも当然のように、ドイツの少年兵たちに極悪非道な命令を下し、約束を反故にするデンマーク軍の上層部。ドイツの少年兵たちに小便をかけ小突き回す兵士たち。自軍の醜悪さを目の当たりにして、軍曹の中で加害者と被害者が反転し、エンディングへと向かいます。


    ナチスと普通の人との距離って実はそれほど遠くはなくて、「やっちゃってもいい相手」に対してはほとんど似たり寄ったり。
    デンマーク兵の醜悪な態度はそんなことへの自戒の意味も込められているのかもしれません。

  • 4.5

    小林さんさん2021/04/08 00:11

    本当に感動した。

    最初タイトルを見て、時間無駄にしそうだなと思い見るのを渋りましたが、実際見て見たら深く感動する映画でした。

    何の罪もない少年達が、命を次々に落としていく姿は苦しかったです。

    最後のシーン、後ろを振り返りながら走り去っていく姿が印象に残っています。

    その後どうなったかは、見る側に委ねる形です✋🏻

  • 4.2

    こーべいさん2021/04/03 12:36

    組織における立場が人格を作る。その組織の存在が揺れ動く時、人格もまた揺れ動く。生来の人間性を貫こうとした者は組織によって潰されるか、その前に歪んだ組織が自滅する。人格をねじ曲げるような組織は永くは続かない。
    そんなことを人類は繰り返しているんだなと考えてしまう映画だった。

    海岸線の風景がやけに記憶に残る映画だった。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す