お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ソング・オブ・ラホール

G
  • 字幕

パキスタン伝統音楽×ニューヨーク・ジャズが奇跡の融合?!世界を虜にしたパキスタンの異色ジャズバンド〝サッチャル・ジャズ・アンサンブル”を追う、音楽の興奮と希望に満ちたドキュメンタリー!

「ロリウッド」と呼ばれるパキスタン映画産業の中心都市、ラホール。数々の映画が作られると共に、伝統楽器を使った映画音楽も数多く生み出された。しかし、70年代後半のイスラーム化の波、そして90年代に台頭し始めたタリバンによる歌舞音曲の破壊によって映画界は衰退。音楽家たちは転職を余儀なくされ。そんな中、音楽家達が伝統音楽の継承・再生のために立ち上がる。きっかけはイギリスで成功したラホール出身の実業家イッザト・マジードが私財を投じ音楽スタジオを作り、往年の音楽職人たちを集め楽団“サッチャル・ジャズ・アンサンブル”(編成によって名義は変化する)を結成したこと。彼らはシタールやタブラなどの古典楽器を用いた、世界で類を見ないジャズのスタンダードナンバーを生み出し、伝統音楽の底力を見せつけ、名曲「テイク・ファイヴ」をカーしたプロモーションビデオを動画サイトに投稿し、世界中で100万以上のアクセスを記録。さらにその映像をイギリスBBCが取り上げたことをきっかけに伝説のジャズミュージシャン、ウィントン・マルサリスが、世界最高峰のビッグバンドと共演させるべく、彼らをNYへと招待することに。NYで彼らは、音楽と真剣に向き合える自由、芸術が息づく街、音楽を愛する聴衆たちと出会うことで、音楽家である誇りを取り戻していく。パキスタンで文化が縮小し続けるなか、居場所を失った音楽職人たちと彼らの音楽”ラホール・ジャズ”の本当の旅がはじまる。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

ソング・オブ・ラホールの評価・レビュー

3.9
観た人
485
観たい人
1296
  • 4.0

    あゆはさん2021/09/21 00:34

    かつてインド亜大陸で芸術の中心地だったパキスタン・ラホール。タリバン政権に音楽を禁じられ伝統が途絶えかける中、ジャズを取り入れたサッチャル・ジャズ・アンサンブルはネット上から話題になりNY公演が決まる。自分達の伝統音楽と聴衆を取り戻していく彼らに密着したドキュメンタリー。

    タブラ、シタール、バーンスリー等々…なかなかじっくり聴く機会も見る機会もなかった異国の楽器と、ビッグバンドの激アツセッション!ギリギリ過ぎるリハではメンバーの目にありありと浮かぶ不安の色。からの演奏中の表情で公演の大成功を感じる瞬間がたまらない!素晴らしい演奏でしたわ!
    音楽に国境はないってこういうこと!(ましてや宗派の違いで命すら危うい状況なんて…)裸のカウボーイのシーンも良かったわよ、自由の国アメリカ〜。

    「全世界に知ってほしい。パキスタン人は芸術家で、テロリストじゃないことを。」

  • 4.4

    抹茶マラカスさん2021/09/12 18:39

    今見るべき映画でもある。(勿論アフガニスタンへの想いを馳せて、だ。)
    イスラム教は音楽を禁止している、というちょっと理解できない状況下でパキスタンの音楽は死滅しかけていた。優秀な音楽家は暗殺されるか、転職する。そんな中、伝統音楽を廃れさせないために民族音楽とジャズとのミックスを試みた人々が、世界中に評価され、ニューヨークでのジャズコンサートにゲストとして呼ばれる晴れ舞台までを追う。
    前半は、イスラム教における音楽を続ける難しさ、後半は世界トップレベルのジャズ楽団とのリハーサルで四苦八苦する様子が描かれるが、その大団円となる本番を含めて描かれるのは音楽の根源的な自由と楽しさである。例えば昨年なら「エイブのキッチンストーリー」が食でその融合を説いたが、ドキュメンタリーでこれを見せられると、演奏中の彼らの顔が何よりも雄弁で、感動する

  • 3.7

    Kaoriさん2021/08/01 21:40

    パキスタンの伝統音楽×ジャズの組み合わせ 異色に感じるけどめっちゃ素敵だった……逆輸入的に自国の音楽文化を発展させようていうサッチャル・ジャス・アンサンブルの熱意に拍手👏

  • 4.3

    ジョニーJoeさん2021/06/30 14:47

    いやぁ、こりゃすごい。
    今こうして自分が生きている時代に、自分が知らない別の場所では、音楽でこんなことが起こってるなんて。
    『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』に出会った時とは、また一味違った開眼。

  • 4.5

    ニャマランさん2021/06/27 22:37

    インド映画を観ていると、伝統楽器の演奏家たちはもっと敬われていて、地位も高い人が多いイメージだったので、隣の国なのにパキスタンではこんなに違うのかとびっくりしました。宗教の割合がイスラム教かヒンドゥー教の違いも大きいのでしょうか?
    イスラム過激派の影響で、抑圧されてしまうことも全然知りませんでした。
    アメリカ講演では、リハーサルがうまくいかずハラハラしたけど、本番では心から演奏を楽しんでいる様子に、こちらまで幸せな気持ちになれました。
    平和がないと、音楽やその他の芸術が抑圧されてしまう。当たり前の事実かもしれないけど、考えた事がなかったので衝撃を受けました。
    自由に音楽や芸術を楽しめるって尊かったんだ、と教えてもらえました。

  • 3.5

    かえでさん2021/06/23 07:09

    パキスタン伝統音楽とジャズ
    とてもよかった!! 長い間音楽をすることを禁止されていた時代があって
    やっとの復活!いざ新しいことにチャレンジしようとすると・・・
    スムーズとは言えないけど、苦悩しながらも音楽をめいっぱい楽しんでいる姿はよかった

  • 3.6

    Noahさん2021/06/20 19:33

    70年代から台頭したイスラム原理主義の影響で衰退したパキスタンの芸術、特に伝統音楽の再興を模索するミュージシャン達の奮闘を追ったドキュメンタリー。

    南アジアの伝統音楽はあまり馴染みがなく前半のミュージシャン達の背景や苦悩も、頭でのみ理解していたような気がする。

    しかし後半、彼らが再興の手段として選んだジャズをニューヨークで演奏するシーンはまさに耳が幸福でいっぱいになる。

    ラホールの人々が逆輸入の形で彼らに注目したように、僕もこの映画をきっかけにパキスタンの伝統音楽に関心を持てたことを嬉しく思う。

  • 3.0

    オサモハンキンポーさん2021/05/01 10:49

    ニューヨーク公演のリハで、ホントにそれでいいの?と呆気に取られる場面があるんだけど、些細なことをに気しない国民性が所以なのか、そのいい加減さが逞しくて惚れぼれした。

    最近読んでめちゃくちゃおもしろかった小川さやかさんの「『その日暮らし』の人類学-もう一つの資本主義経済」に書かれていた一説と繋がる部分があった。

    「不安定で不確実な生活は、人びとに道すじだった未来を企図することを難しくさせるが、代わりに好機を捉え、その時々に可能な行為には何でも挑戦する大胆さをも生み出す」

    パキスタンでは低カーストと言われるミュージシャン。彼らはとびっきりの冒険心と好奇心をもって今を生きる。

  • 3.7

    とものりさん2021/04/30 23:37

    音楽が自然に合わさる
    ジャズは何でも合うんだなぁと感心しました。横笛の人がかなり上手です。
    楽しませてもらいました

  • 3.8

    ホクホクさん2021/04/20 18:18

    演奏シーンが良いんだろうなと思って見たら、素晴らしく良かった。シタールやタブラの音色は本当に最高だ。
    演奏のほかにもパキスタン音楽の社会的、文化的な状況を知ることができて勉強になった

    お墓に大量の花びらを撒くの、パキスタンの風習なのだろうか。気になる

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました