お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ソング・オブ・ラホール

G
  • 字幕

パキスタン伝統音楽×ニューヨーク・ジャズが奇跡の融合?!世界を虜にしたパキスタンの異色ジャズバンド〝サッチャル・ジャズ・アンサンブル”を追う、音楽の興奮と希望に満ちたドキュメンタリー!

「ロリウッド」と呼ばれるパキスタン映画産業の中心都市、ラホール。数々の映画が作られると共に、伝統楽器を使った映画音楽も数多く生み出された。しかし、70年代後半のイスラーム化の波、そして90年代に台頭し始めたタリバンによる歌舞音曲の破壊によって映画界は衰退。音楽家たちは転職を余儀なくされ。そんな中、音楽家達が伝統音楽の継承・再生のために立ち上がる。きっかけはイギリスで成功したラホール出身の実業家イッザト・マジードが私財を投じ音楽スタジオを作り、往年の音楽職人たちを集め楽団“サッチャル・ジャズ・アンサンブル”(編成によって名義は変化する)を結成したこと。彼らはシタールやタブラなどの古典楽器を用いた、世界で類を見ないジャズのスタンダードナンバーを生み出し、伝統音楽の底力を見せつけ、名曲「テイク・ファイヴ」をカーしたプロモーションビデオを動画サイトに投稿し、世界中で100万以上のアクセスを記録。さらにその映像をイギリスBBCが取り上げたことをきっかけに伝説のジャズミュージシャン、ウィントン・マルサリスが、世界最高峰のビッグバンドと共演させるべく、彼らをNYへと招待することに。NYで彼らは、音楽と真剣に向き合える自由、芸術が息づく街、音楽を愛する聴衆たちと出会うことで、音楽家である誇りを取り戻していく。パキスタンで文化が縮小し続けるなか、居場所を失った音楽職人たちと彼らの音楽”ラホール・ジャズ”の本当の旅がはじまる。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

ソング・オブ・ラホールの評価・レビュー

3.9
観た人
451
観たい人
1247
  • 4.4

    あさのひかりさん2021/04/10 06:32

    パキスタンの伝統音楽を奏でる音楽家達が、ニューヨークでビッグバンドとジャズのセッションに挑戦する話。一言でいうと、音楽が国境や宗教や文化を超えた瞬間を目撃してしまった、そんな感動があった。

    パキスタンの伝統音楽家達の苦悩って、私には計りしれないものがある。音楽は聴くのみの私にとってすらなくてはならないものなのに、国によって音楽が禁止され、職を奪われるだけじゃなくて命まで狙われるなんて。音楽は彼らの生きる糧で誇りそのものなのに。

    そんな彼らにとって、アメリカのジャズバンドとの共演はまたとないチャンスだけど、短期間のリハーサルで本場の一流ジャズバンドの求めるクオリティーに合わせなきゃいけないのもまたとても大変なことで。

    そんなピリピリしたリハを超えての本番は圧巻で、音楽そのものにもとても感動したけど、このリハを見た後でのミュージシャン達の表情に心打たれずにいられなかった。確かに音楽で心が通い合う瞬間だった。

    イスラムの厳しい戒律に生きてる彼らが、自由な表現のニューヨークのストリートミュージシャンを見る目も素敵。宗教や国や文化を超えた、同じミュージシャンとしての共感や敬意に満ちていた。

    彼らパキスタンの伝統音楽の担い手達が、何よりミュージシャンとして心おきなく活躍できますように、そんな風に思わずにはいられない。音楽への情熱に心打たれる素敵なドキュメンタリーだった。

  • 4.0

    cさん2021/03/28 22:54

    政治によって失いかけた豊かな音楽や芸術。自国の文化、そして親から代々受け継いできた技術を途絶えさせるわけにはいかないと集まる人たち。ニューヨーク公演、みんな緊張で表情が硬かったのがお客さんからの良い反応で一気に嬉しそうな顔になったり、お互いに「よかったよ」って目配せしたり。テイク・ファイブ大好きなので演奏されるたび心が躍る。パキスタンの伝統的な音楽をジャズに乗せて。民族楽器×ジャズ、もう最高にかっこいい……!!

  • −−

    水のまちさん2021/01/10 01:07

    音楽を自由に演奏できないなんて想像さえ出来ないのだが、この地球上にそんな国が存在するのは事実。彼らが守っていたものは音楽以上に、先祖から受け継いだものであり、それこそが、我々の生きるひとつの意義なのだろう。収拾がつかないリハーサルから、本番の演奏にも、彼らの血を感じられるのが素晴らしい。

  • 4.5

    あーさん2020/11/28 14:20

    https://youtu.be/GLF46JKkCNg

    まずはこちらの動画を見ていただきたい。

    演奏するのはパキスタンの方々。

    彼らは、自由に音楽を奏でられる
    環境下ではなかった。
    何世代も受け継がれてきた音楽は
    軍事クーデターによるイスラーム化で
    糾弾されてきたから。

    かつては、映画音楽も盛んで
    華々しく音楽を楽しめていた時代。

    ドキュメンタリー当時の2015年ですら、
    友人の音楽家が射殺された。と音楽を
    する事がどういう状況なのか。
    また音楽家達の境遇や現代のパキスタン
    という国において、自国の音楽がどの
    ように変貌したのかをまずお勉強出来る。

    自分達の音楽を忘れた国。

    そこで考え出されたのが、
    動画に繋がる"JAZZ"を奏でる。

    何故ジャズなのかも、
    ドキュメンタリーで語られるど!!

    ジャズの本場、
    アメリカで演奏する事になるのだが、
    ジャズのリズムが染み込んでいる
    アメリカのバンドマン達と、
    そうでない彼らのリハーサルは

    もうッ🤮げー でそうッ!!!!

    逃げていいですか?
    この緊張感、逃げていいですか?

    逃げずに最後まで演奏仕切った彼らの
    音楽に酔いしれて欲しい🥺✨✨✨

    そこここで、音楽が溢れるNYの夜の
    街を歩く彼らの表情が印象的!!!
    自国で味わう事の出来なかった
    彼らの笑顔が印象的!!!!

    手作りの竹笛 バーンスリー奏者の
    音色がすんばらしいのッ🥺✨✨✨
    フルートととのソロセッションは
    最高すぎるッ🥺✨痺れた。

    フィルマ様。
    似てる作品載せてくださりありがとう。

    出会えちゃったよ!!
    良作ドキュメンタリー!!!!

  • 5.0

    bookwandervogelさん2020/11/05 20:39

    才能がありながら、自国パキスタンでは音楽を生業にすることが難しく、かつ低カーストと見なされてしまうため、転職を余儀なくされていた音楽家たち。

    彼らがNYの街を自由に歩き、街中で演奏するミュージシャンをうれしそうにまぶしそうに見ていたシーンが印象的。
    プライドの高そうなジャズマンに対し少しの引けも取らない、自分たちからひょいと垣根を越えてみせた高度で豊かな演奏技術と、音楽にかける気持ちの強さに脱帽。

  • 5.0

    umihayatoさん2020/10/28 13:02

    軍事政権の台頭により、イスラム法の徹底が進み
    "イスラム教は音楽を禁じている"という理由で弾圧され
    衰退した伝統音楽や映画産業
    失われ、忘れ去られていく文化

    伝統を残し、国の内外に知ってもらうため
    ジャズと古典音楽の融合を目指すバンド

    ラスト、アメリカのビッグバンドとのニューヨーク公演は涙なしでは見られない
    リハでの噛み合わないグルーヴと解釈
    なんとか成功させようと必死に喰らい付いていく
    そして本番での両国のミュージシャン達は、同じ様な表情で、焦り、感動し、興奮していた。
    これが文化の融合ではなくなんと言おう
    そこにはプレイの素晴らしさだけではなく、確かに人と人が平等に体験し、感じ、戦い、最後には肩を組んでいた。

    文化は物ではなくそれを創り受け取る人がいて初めて成立し、受け継がれていく
    そしてそれは時代を経て進化し、新しい可能性を産むんだなと思った

  • 3.0

    オリゴンさん2020/10/09 13:09

    「ソング・オブ・ラホール」


    パキスタンの地方都市ラホールで結成された伝統楽器集団、"サッチャル・ジャズ・アンサンブル"が起こした奇跡を追ったドキュメンタリー。


    シタールやタブラといった伝統楽器がいかにしてジャズと融合し、ニューヨークでウィントン・マルサリスらと共演するに至ったのか。


    異文化・異言語・異拍子の壁に悩まされながら、彼らならではのジャズがいかにして完成したのか。


    伝統を守りつつ進取の気風を取り込む彼らの挑戦にハラハラしつつ、最後に胸に去来するのはジンワリとした感動。


    劇場で見たのは4年前だが、本当に素晴らしい映画体験だったと思う。政情も世情も刻々と変わりつつある昨今ですが、そんな今だからこそ見てほしい映画。音楽の力に感服します。

  • 4.2

    benikoさん2020/10/07 09:52

    もっと世間に知れ渡ってほしい音楽ドキュメンタリーだった!イスラム化が進んで映画や音楽が衰退していったパキスタン。

    音楽は罪深い。音楽家だとバレると低カーストに見られ、このまま伝統音楽を続けても国内にリスナーはいない。そんな状況でも残った音楽家たちが世界に目を向け、西洋の文化であるジャズを取り入れて伝統音楽に新たな命を吹き込んでいく。

    初めてのニューヨークの夜、音楽がそこら中で自由に演奏されているのを目の当たりにしたメンバーの嬉しそうな顔が忘れられない。

    ラストのコンサートは圧巻!

  • 3.9

    DJハリボーさん2020/09/23 10:48

    パキスタン、ラホール地方は伝統音楽がさかんだったが弾圧で衰退。おじいさん達が音楽を守るために伝統楽器でジャズに取り組む…っていうドキュメンタリー。息子とか孫に継承する、みたいな感覚がカッコよかったな

  • 3.8

    asquitaさん2020/08/26 22:51

    パキスタンの伝統音楽演奏家たちのバンド、サッチャル・ジャズ・アンサンブルがニューヨークでジャズをやる話。共演相手はあのウィントンのビッグバンドだからすごい。

    シタールやバーンスリーと呼ばれる横笛、タブラをTake Fiveにどう合わせるか。なかなかまとまらない。悩ましいな。それが最終的にこんな風に絡むんだ…一つの音楽にかけるミュージシャンたちがとにかくかっこいい。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す