お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

フライト・クルー

G
  • 字幕

空と大地がゆがむ!地獄からのTAKE OFF!! 2016年、ロシア興行収入No.1!スペクタクル超大作が、ついに日本上陸!!

空軍パイロットのアレクセイは上官の命令に背いたことで軍を解雇されてしまう。航空会社に転職したアレクセイは、厳格なベテラン操縦士のジェンチェンコの指揮下、訓練生として採用される。ある日、彼らが操縦する航空機に、洋上の火山島から避難通報が入り、被災した人々の救助へと向かった。しかし、タイミング悪く、島では大噴火が起こり、空港はパニックに陥ってしまう。火山の溶岩流が徐々に滑走路に押し寄せ、次々と航空機を飲み込んでいく―。ジェンチェンコとアレクセイは残った2機に分かれ、避難した人々を乗せて、島からの脱出を試みる。しかし、先発したジェンチェンコの機体は離陸時の衝撃で損傷を受け、飛行困難となり、墜落は時間の問題となってしまった。荒れ狂う上空で絶体絶命の航空機。そして、ジェンチェンコとアレクセイは、人々を救う為、とんでもない救出作戦に打って出る―。すべては、2人のクルーに託された!!

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

パニック洋画ランキング

フライト・クルーの評価・レビュー

3.3
観た人
563
観たい人
258
  • −−

    MSさん2020/05/13 13:23

    大地と戦え!
    ↑ロシア的な考え方 なのかもしれない

    壮大で面白かった。そして人が美しい。
    展開早い。フランス映画かと思った。

    描きたいもの盛りだくさんだったんだなというのがわかります
    問題からのー!
    大自然の前では ちっぽけな問題さ!
    せつないのも散りばめました!

    というてんこ盛りな感じ。
    初めて?のロシア映画体験としては満足です

    演出 椿 淳
    翻訳 渡邉一治
    調整 沈 孟萱
    製作メディアゲート
    テレビ東京プロデューサー
    渡邉一仁 岡本英一郎
    制作協力 丸岡大輔(HEATHER)

  • 3.2

    シャーロットずんだ餅さん2020/04/23 02:45

    最初は人間ドラマだけど、途中からディザスタームービーになる!

    迫りくる溶岩、地震、炎、燃料切れ、エンジン故障など色々詰め込まれている

  • 3.6

    映画が好きな織田信長さん2020/02/21 19:13

    もう、広告の画像みてB級なのは察した。
    もうね、笑っちゃいますよ。ツッコミ所が多すぎます。絶対シートベルトしないといけない所でシートベルトしてない人が居るとかね。これよりももっと笑えるシーンがあるので気になる方は見てみてください。
    でもね。「一番やっちゃったなぁ」と思ったのが、人と人との仲の深まる所を雑に描いてる所ですかね。まぁそうしてもツッコミ所が多すぎて感動はできませんがね笑
    でも、友達とかと見たり、暇つぶしなどにはすごい良い作品です。

    追記
    一週間で5本の映画をみたのですが、なんやかんやこれが一番面白かったです笑これがB級の特徴なのだろうか…

  • 3.9

    かーくんUPDATEさん2020/02/02 21:51

    ロシアも中々やるなw♪♪

    久々に良作B級パニックアクション超大作に出会えたw♪♪♪

    エアパニック物好きな人はおススメ出来ます♪♪♪

  • 3.2

    totoruruさん2020/01/22 07:38

    ロシア産のパニック・アクション。

    火山&制御不能な飛行機のWパニック。


    前半のドラマパートは微妙に退屈。

    しかも話がポンポン進むのでストーリーはあってないようなモノになってしまっている。


    後半のパニックパートになってからの盛り上がりは中々。

    ツッコミどころは多々ありますが、そこは上手いこと緊張感で押し切っている。


    良くも悪くもロシアっぽさは余り感じられず見易かった。

  • 2.0

    つよさん2020/01/15 22:58

    旅客機での火山救出パニック。
    ロシア映画の映像は良い。でも反抗期息子のいる父やチャラ男やキャラが微妙で気になってしまった。

  • 4.0

    Arisさん2019/12/07 18:01

    2016年ロシア興行成績1位のパニックアクション🎥
    とはいうもののフィルマ上での評価はそんなに高くはないし、あまり期待していなかった。

    んがっ‼️‼️‼️
    なんとこれがディザスターパニック&飛行機パニックが合わさって終始面白い〜✨✨✨
    そして主役の副操縦士アレクセイ(ダニーラ・コズロフスキーさん)がカッコイイ〜😍😍😍ロシア映画はほとんど見ないから知らない俳優さんだったけど、一眼見た瞬間、私のイケメンセンサーが働き、作品が2倍楽しめたのは言うまでもありませんw😁❣️

    メインは火山が噴火して孤立してる島の人たちを助けにチャーター便が向かい救助する場面だが、そこでの大爆発や火山流の描写も迫力あるし、パニックになりながらの救出劇にはハラハラドキドキして引き込まれた👏

    パニックアクション特有の『いやいや、そんなことあり得る⁉️』って突っ込みたくなるシーンもあるにはあるけど、そこも含めて終始緊迫感があるし、それに加えて副操縦士と機長の関係性やクルーたちの人間模様もしっかり描かれていて、最後もスッキリ見終われた👍

    私自身は飛行機に乗るのが大の苦手だから、実際にこんなことがあったら大パニックどころかパニックになりすぎて機内で生きている自信がないくらい飛行機は苦手なのだが、映画としてはこの手の作品、大好物〜😍😆✨

  • 3.5

    snatchさん2019/12/01 17:20

    ある海上の島が大噴火し、島中に炎メラメラ溶岩がどろどろ流れる中🔥勇気ある行動を決断、旅客機で救援に駆けつける✈️ところが空中で更なる緊急事態に次々と襲われ、機長の反抗期の息子が、昔映画で見たから試しにやってみようという対応策がビックリ仰天で、うわ〰無理無理‼︎ と声出していたら、子どもに不審がられました😱 子供の時に観たタワーリング インフェルノ←古いなあ…そのぐらいロープ芸や見せ場があり結構ハラハラでした。あとですね🥰 、ロシアの若い俳優さんたちがハンサムでスタイル良くてカッコいいー‼︎ ビックリ🤩 管制塔の会議室は、ウオッカ飲みすぎなのかパンパンの役員のおじさんおばさんたちで空気薄そうでした〰😓
    ロシア映画と言うと、タルコフスキー映画と戦艦ポチョムキンくらいしか知らないが←古過ぎ〰‼︎ これは+師弟関係+親子愛、更に恋愛も詰め込んじゃえーという欲張った力作で忙しくて面白かったです! ロシア国内で大大ヒットしたらしい‼︎ そりゃそうでしょうねえ〰😊

  • 4.0

    honmosukiさん2019/11/10 16:01

    フライトパニックのロシア映画。火山が噴火した島から脱出を図る旅客機。災害の描写や飛行機シーンは中々の迫力。

  • 3.9

    こたつむりさん2019/11/07 19:37

    ♪ ぐいぐい上昇だ 真上に上昇だ
      左に旋回後 きりもみ急降下
      ジェットの気流で 自由に線を引く

    ロシア産の飛行機パニック映画。
    と耳にして鑑賞したのですが緩い雰囲気。
    同僚の女性を気にしてばかりの主人公や、思春期の息子に手を焼く上司など「え。これって、どこの連ドラ?」と言いたくなる展開が続きます。

    なので「これはロシアの文化を知る気持ちで観たほうが良いかも」と方向転換。そう考えると丁寧な描写が助かります。何しろ、ロシアは馴染みが薄いですからね。

    また、室内の雰囲気はアメリカよりも親しみを感じました。確かに大きな部屋は暖房効率が悪いでしょうからね。必要最低限の大きさに留めるのかもしれません。

    まあ、そんなわけで。
    飛行機業界を舞台にした人間ドラマ。
    …なんて感想の見出しを考えた瞬間。

    揺れる視界。空を覆う黒煙。悲鳴と絶望。
    人の命なんて紙きれの如く。
    ふわりと空に舞い、散っていく。
    涙なんて凍ってしまうから無駄無駄無駄無駄。
    容赦の無い展開に呼吸が出来ません。

    そう。中盤までの緩い展開は布石だったのですね。親切丁寧に人間関係を描いたからこそ、ギリギリの綱渡り(文字どおり)の中でググっと迫るものがあるのです。

    また、最後まで理想を捨てない姿勢も見事。
    一難去ってまた一難の展開に、どこまで希望を捨てずにしがみつくことが出来るのか…と観客の覚悟を試しているのです。確かに緩やかな序盤でも、物語に不必要な部分は切り捨てていましたからね。この容赦の無さが元共産圏なのでしょう(偏見)。

    まあ、そんなわけで。
    「ロシアは恐ろしあ」なんて親父ギャグが凍るほどにビリビリと痺れる物語。ハリウッド映画に見慣れていると戸惑う部分はありますけど、それを乗り越えれば大丈夫。この大作を見逃すのは勿体ないと思います。


レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す