お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

フライト・クルー

G
  • 字幕

空と大地がゆがむ!地獄からのTAKE OFF!! 2016年、ロシア興行収入No.1!スペクタクル超大作が、ついに日本上陸!!

空軍パイロットのアレクセイは上官の命令に背いたことで軍を解雇されてしまう。航空会社に転職したアレクセイは、厳格なベテラン操縦士のジェンチェンコの指揮下、訓練生として採用される。ある日、彼らが操縦する航空機に、洋上の火山島から避難通報が入り、被災した人々の救助へと向かった。しかし、タイミング悪く、島では大噴火が起こり、空港はパニックに陥ってしまう。火山の溶岩流が徐々に滑走路に押し寄せ、次々と航空機を飲み込んでいく―。ジェンチェンコとアレクセイは残った2機に分かれ、避難した人々を乗せて、島からの脱出を試みる。しかし、先発したジェンチェンコの機体は離陸時の衝撃で損傷を受け、飛行困難となり、墜落は時間の問題となってしまった。荒れ狂う上空で絶体絶命の航空機。そして、ジェンチェンコとアレクセイは、人々を救う為、とんでもない救出作戦に打って出る―。すべては、2人のクルーに託された!!

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

パニック洋画ランキング

フライト・クルーの評価・レビュー

3.3
観た人
1021
観たい人
359
  • 3.1

    映画小僧さん2021/12/05 11:09

    アマプラで星四つ半の高評価(あまりあてにはならない)なので鑑賞。前半の退屈さを我慢したら後は怒涛の展開が待っています。現実には絶対無理だろうけど😅映画だから、そこら辺には目を瞑って楽しむのが正解かな😊

  • 3.1

    是非もなしさん2021/11/04 01:40


    ロシアで作った電通映画みたいな作品

    いくつもの恋人関係,親子関係・人類愛が錯綜する、設定ガバガバのディザスタームービー。

    度重なる困難に、運だけで切り抜ける主人公たち。無事に生き残ることができて、全てが解決する物語。昔のハリウッド映画を見ているかのようでした。

    それでも無駄に緊迫感があり、楽しめました。

    日本映画のと違い、語りすぎず、煽りすぎないところに好印象です。

  • 2.5

    まいさん2021/10/23 22:37

    初めてくらいのロシア映画。とにかく過程の部分のすっ飛ばし具合半端ない!いきなりラブシーンとか、火山から溶岩が落ちてきて、道が通れなくなって、山道を降りようとなったらその次にはもう飛行場に無事ついてるなどなど「え、なんで??」の連続。(笑)
    他にも「絶対無理だろソレ」というシチュエーションのオンパレード。上空を飛行してる貨物機から旅客機への乗客移動とか。
    ツッコミどころしかなくて面白い。キャラは客室乗務員の男子が一番ステキでした。

  • 3.8

    とくまさん2021/10/15 21:40

    初めて見たロシア映画。ロシア人適当すぎんか?となるぐらいそんなんありえねーやんとツッコミが続くものの結構楽しめた。師弟関係、親子、恋人…人間関係描写があっさり気味だが絵面が派手で良い。

    ラスト、アメリカ映画に倣って100%主役カップルがキスして終わるかと思ったが、予想を裏切ってて最高だった。

  • 3.2

    pasatiempoさん2021/09/29 22:47

    初見。
     たまにロシア作品が出てきて『T-34』なんかは非常に面白く、ハリウッドとは違った感じが味わえます。
     ロシア作品の本作は公開があったのか覚えていないのと、俳優陣は全く知りませんが調べると『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』のウラジミール・マシコフは出ているようです。

     若手の空軍パイロットのアレクセイ(ダニラ・コズロフスキー)は命令に聞く耳持たずクビとなり、民間パイロットの訓練性としてベテラン機長のジェチェンコ(ウラジミール・マシコフ)から指導を受けるも不祥事を起こしチャーター機の訓練生に異動する。

     序盤は人間ドラマな感じで子弟関係のパイロットが描かれます。ただ、後半に向けて重要なポイントだと思うのですがあっさりに描き信頼関係の深さを感じることができませんでした。
     また、一目ぼれした女性パイロットのアレクサンドラとの恋が並行して進みますが、恋人になるのが唐突過ぎてビックリなのと、どちらも意思が強いのですが、よりロシア女性の強さが見えます。

     火山島で地震が発生し被災した観光客や住民を避難させるためチャーター機で救助に向かうのですが、この辺りからディザスター系とパニック系がごっちゃ混ぜになり序盤と全く雰囲気が変わります。

     まず、火山噴火や地震による災害描写ですが、ターミナルが爆発したり溶岩が空港及び滑走路内流れ込んだりと、爆発や火災があれば良いって感じで、地震をいくつも経験している日本からすると、冷静に考えればあの惨事はありえないのですが、ディザスターとしてみれば楽しめます。

     滑走路脇に燃料タンクがあったり、給水塔があったりとどこの空港にもそんなのないですよねぇ。滑走路も崖からせり出てるし、どんな立地に建設してるんだ!?

     手に汗握るシーンもありまして、バスで被災者を空港まで運ぶシークエンスは、溶岩に阻まれ身動きできない状態でどう脱出するかは、ハラハラドキドキして見せ場ではあります。

     何とか2機で火山島から脱出するも、今度は1機が故障で墜落寸前になり乗客をどうするか、というまた新しい展開になります。

     テレビで見たという、飛行機間にロープを渡して人を移動させるって、思い付きの作戦を実行する怖さ。
     軍人ならともかく一般乗客をそんな危険なことをさせるか?というレベル。
     都合よく天候も悪くなり、またお約束の移動中にロープが切れ人命を失う展開、だれが責任取るんだ?

     訓練生のアレクセイが汚名返上とばかりにある程度の犠牲を出しつつも長さが足りない滑走路に機体が壊れながら不時着、無事生還と最後までパニックさを描き切っています。

     2時間に色々と詰め込み過ぎて何を描きたかったのかがイマイチでした。
     ラスト、母が「怪我、どうしたの?」って、ニュース見てないの?父息子は一報くらい入れろ!


    視聴環境:吹替え、本編ノーカット
    パンフ:未保有

  • 3.5

    モツさん2021/09/29 02:02

    ナイスパニック!

    パニックってこうだよね!っていうパニック映画

    同じくロシア映画の「ファイアーブレイク」と並べるてしまうと、やっぱりパニック映画で悲鳴って必要だよなって思う

    島民が話し聞かないわ、自分本位な考え方するわで思い切り分かりやすいパニック状態ですが悲鳴がはいるとそれも余計に感じて少しムカつくくらいです

    実際には有り得ない状況に陥りますがそれも映画の魅力のひとつであることには間違いないですね!

    い、いやコレ有り得ないでしょ!とちょっと冷める映画と、有り得ないでしょ!が良いアクセントになっていて思わず観ちゃう映画とではかなり違いますよね

    本作では有り得ない状況よりちょっとパニック状況の作り方が上手かったので良かったです

    ただ、事が起きるまでに長さを感じてしまうかもしれないので我慢しましょう!起きてしまえば一気です!良きギャップではなかろうかと後で思います

  • 3.9

    加藤ラッセルさん2021/09/27 16:44

    いろいろ雑いが良作。あっさり終わるのがもったいない。飛行機での一番の盛り上りポイントが中盤くらいだとちょうどいい。つまりは予算不足。

  • 3.7

    悪杭さん2021/09/27 11:33

    2021年 鑑賞 21-269-17
    「東部戦線1944」等のニコレイ・レベデフ監督・脚本の、ロシア発の航空スペクタクル・パニック作品。「未体験ゾーンの映画たち2017」にて上映された作品。

    洋上の島で火山の大噴火が発生! ベテラン機長ジェチェンコ(ウラジミール・マシコフさん)と訓練生で、正義感の強い元空軍パイロットのアレクセイ(ダニーラ・コズロフスキーさん)は、火山噴火により脱出不能となった乗客らを救出する非常通報を受け、旅客機で救助へと向かう。 激しい噴火で被災者たちがパニックに陥る中、滑走路に溶岩流が押し寄せ、脱出用の航空機を飲み込んでしまい...

    「未体験ゾーンの映画たち」を鑑賞 第2弾。航空機パニック作品へ転換していくのか?と思ったら、どうやら今のアフガン政権を示唆したような状況のシーンが... 機内トラブルから乱闘、家庭の問題、喧嘩中のカップルが偶然にも同時に操縦席に... 等々細かいことを経て、メインへ...

    地震後、各所から火花... そして、二度目の地震が起こり、それによる火事、人々のパニック、叫び声、爆発...

    溶岩の恐ろしさはわかっているつもりだったが、私の想像以上。火山の噴火は恐ろしい!そんな小学生のような感想しか浮かばないが、単純に面白い!

    あの手を挙げるシーンが堪らない!刺さる!本当に「未体験ゾーンの映画たち」なのか?でも、アクロバット展開になってからは、溶岩の時とは違う恐怖が迫り... しかも、嵐が迫っていて... 貨物機の燃料のリミットも迫り...

    ベタだけど、生命の大切さ、恋人への愛、家族への愛を再確認した作品。

  • 2.5

    tonntさん2021/09/26 22:14

    ロシアのアクション巨編なB級映画。
    規模でかいが色々共感できなすぎ。
    若いののやりとりや恋人のくだり。
    子供や乗客や会社や管制塔や…だいたい。
    唯一機長の奥さんのやりとりくらい。

  • 3.3

    TOKKYさん2021/09/25 17:29

    TVプログラムでは珍しいロシア映画。
    しかも午後ローに続きBSシネマスペシャルで2回目の放映です。
    一度観たので流し見しようと思いましたが、結局ガン見。
    しっかりお金も掛かっているだけあって、よく出来ていると思います。
    知っている俳優が全くいない中で、最後まで飽きさせないストーリーは実力ですね。
    クライマックスの救出劇は攻めすぎですが😁
    リピでも充分楽しめました。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました