お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

シャークトパスVS狼鯨

G
  • 字幕

舞う!襲う!!吠え~る!!! 映画史上最凶の合体生物兵器のトンデモ頂上決戦!?

アメリカ軍が産み出してしまったタコとサメの合体生物兵器“シャークトパス”。この史上最狂のハイブリッド・モンスターは、更なる驚きの進化を遂げ、ついに海を飛び出し陸でも暴れまくり、人間界に牙を向け始めていた。ある日、マッドサイエンティストが、最大の海洋哺乳類のクジラ科の中でも、自然界での天敵は存在しないと言われている最強シャチと、最恐の哺乳類オオカミの遺伝子を人間に組み込み、信じられない合体生物“狼鯨”を産み出してしまう。そしてついに、最凶合体モンスターによる未曾有の戦いの火ぶたが切られた・・・!!

詳細情報

原題
SHARKTOPUS VERSUS WHALEWOLF
作品公開日
2016-01-24
音声言語
英語
字幕言語
日本語
作品公開日
2016-01-24
制作年
2015
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2018-01-19 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

パニック洋画ランキング

シャークトパスVS狼鯨の評価・レビュー

2.4
観た人
448
観たい人
233
  • 2.3

    めっちゃブザーなるインターホンさん2021/09/13 16:21

    人間に狼とシャチの遺伝子を注入して、満月の日の満潮になったら狼鯨?に変身した。まだ人間の言う事も分かるっぽい。
    サメに触手あると攻撃バリエーション増えてええな。

  • 3.4

    シャークウィザードさん2021/09/02 22:28

    3作目のシャークトパスはデジタル社会に順応!SNSアカウントを持ち、登場人物をフォローしています。
    そんなシャークトパスの相手は元野球選手に狼とシャチ(鯨目)の遺伝子を注入した狼鯨!この狼鯨、人は襲うもののペットのように躾けられるシーンも多々あり、恐ろしいだけでなく愛らしさも持っています。

    今作では水中戦に加えて陸上戦も繰り広げられ、触手を器用に使って移動するシャークトパスが見られます。
    人間キャラも股間しか狙わないカンフーの達人である船長やシャークトパスを操る事を目論むヴードゥーの呪術師も登場し、戦いは混迷を極めていきます。

    シャークトパスも随所で可愛らしい仕草を見せており、ときめきました。特に現在地を教えてくれるシーンが可愛いです!

    最後の続編を匂わせる儀式も好き。

  • 1.0

    たかはしさん2021/09/01 23:27

    前作のシャークトパスvsプテラクーダは(そう見えるだけかもしれないが)真面目にストーリーを考えているようで、アホなストーリーだけどみんな必死に生きて戦うさまが面白かった。しかしこの作品は狼鯨の誕生過程からその後の扱いまで、酒を飲みながら書いたのかと思うくらい雑なように感じる。ストーリー全体としても、わかりやすく安いお笑い要素を無駄にたくさん入れようとしているのがとても嫌だった。

  • 2.0

    たろささん2021/09/01 19:24

    ドミニカでシャークトパスが出現し人を襲う事件が発生。元野球選手のローサ(マリオ・アルトゥール・エルナンデス)はラインハート博士(キャサリン・オクセンバーグ)の手により狼鯨になってしまった。二者は戦う。あとレイ(キャスパー・ヴァン・ディーン)とパブロ(ホルヘ・エドゥアルド・デ・ロス・サントス)とレイの元カノで警官のニータ(アカリ・エンドウ)はシャークトパスを追う。


    マッドサイエンティストにセクシーナース、ブードゥー教、Twitter、野球等おもしろ要素をいっぱい詰め込んだ感じ(映画がおもしろいとは言っていない)。
    CGがしょぼい。シャークトパスが地上を歩いている際やたらとスイスイ滑っていく感じ。シャークトパスが地上を歩いている際にパニックになって人が逃げるが、後ろの方では人が普通に突っ立っているか歩いている。そこら辺をもうちょっとしっかりやってほしい。
    狼鯨は見た目が犬みたいでかわいらしい。教育番組に出てきそう。
    レイ、パブロ、ニータの三人の関係性はおもしろい。

    キャスパー・ヴァン・ディーンは「スターシップ・トゥルーパーズ」の主役。
    ニータ役のアカリ・エンドウは父が日本人、母がドミニカ人。

    【名セリフ】
    ”The only place dominican baseball player would go. The baseball stadium.”
    ”ドミニカ人の野球選手が行くところはただひとつ。野球場だ。”

  • 2.3

    Junさん2021/08/06 19:23

    マッドサイエンティストだけでなく呪術ネタも盛り込んで益々混迷を極めるシリーズ第3弾。感情表現豊かな狼鯨とシャークトパスが可愛く見えてくる不思議。

    何故この両者が激突しなければならないのか全くもって理解できない中、物語は突き進んでいく。当然面白みも盛り上がりも欠けるが、両雄のキャラクターは十分に立っている。魅力に溢れたシャークトパスを、サメ映画ファンならば要チェックだ。

  • 2.0

    msmsさん2021/08/04 18:57

    もはや何の説明もなく現れるシャークトパスが、『ゴジラvsコング』のゴジラの立ち位置みたいだなと思いながら視聴。

    前作よりもやや質が落ちた感があるが、粗いCGを誤魔化すことなく闘うシーンは健在。シャークトパスもホエールウルフも街中で暴れまわるのでそれだけでも見る価値あり。さらに今作では、あのシャークトパスが頭をポリポリかくというコミカルな一面も見れる。

    ストーリーと結末が雑なことに目を潰ればそこそこ楽しい作品。続編はよ。

  • 3.4

    なりかけゾンビさん2021/07/27 22:36

    シャークトパスとホエールウルフが街で暴れまわって人を食い殺しまくる映画


    どっちも水中でおそう事は少なく、バリバリ陸上で襲ってくるwww
    それもギャング抗争のど真ん中やショッピングモール内とか派手に食い殺しまくってて、かなり爽快www


    そんじょそこらの低予算サメ映画とはちょっと別格でした

  • 1.7

    とまと卿さん2021/06/05 23:35

    2021年62本目。

    ◆あらすじ
    前作でプテラクーダとの壮絶?な闘いを繰り広げたシャークトパス。そんなシャークトパスが海に街に出現し人を襲い始める。そして科学者であるラインハルト博士は落ちぶれた野球選手にシャチとオオカミの遺伝子を組み込み、こちらも合体税物、ホエールウルフを作り出してしまう。しかし人間を食らいどんどん成長するホエールウルフに手が付けられなくなったラインハルト博士は、なんとか手放そうとするが自身も喰われてしまったのである。

    市街地に逃げ出したホエールウルフ、海から上陸してきたシャークトパス。両者が出会うとき合体生物同士の熾烈な闘いが幕を開ける!

    ◆感想
    と、おおげさにあらすじを書いたもののそんな大した内容ではないです。人間に組み込んだ遺伝子のせいでクリーチャーとはいいがたいアニメみたいな生物が出来上がっています。バトルシーンは陳腐で迫力もなし。しかもブードゥー教まで出てくる始末。唯一の見どころと言えば、パイオツぷるぷるのセクシー看護師くらいでしょうか。サメと握手するシーンはかわいいし、地図を指さしてくれるのは笑った!

  • 3.8

    ピャガピョンさん2021/06/04 23:14

    シリーズ3作目
    英語版ウィキペディアによると最後の作品らしい

    CGがけっこう力入ってるし(サメ映画の中では)
    普通におもしろかった!

    シャークトパスが可愛くてたまらん

  • 1.8

    つるみんさん2021/06/04 17:10

    シャークトパス第3弾。
    前作に引き続きケビン・オニール監督。

    クリーチャー同士のCGバトルは相変わらず良いものの、今回のメインキャラであるオオカミとシャチを(月が好きという理由だけで)合体させたクリーチャーがイマイチ格好良くはない。それだけでテンションが下がるのと同時に、今回はくだらない会話がいつも以上に多くて退屈であった。クリーチャー登場のシーンはほとんどないのがガッカリだ。

    しかし野球場でクリーチャー同士が戦うってまさに『ゴジラ KoM』であって、もしかしたらあの最終決戦はここからインスパイアされたのかもしれない。(大真面目)

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す