お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

チェンジリング

G
  • 吹替

アンジェリーナ・ジョリー主演で贈る衝撃の実話を映画化した超一級サスペンス!

アンジェリーナ・ジョリー主演で贈る衝撃の実話を映画化した超一級サスペンス!1928年。ロサンゼルスの郊外で、9歳の息子ウォルターと幸せな毎日を送るシングル・マザーのクリスティン。だが、ある日突然、クリスティンの勤務中に、家で留守番をしていたウォルターが失踪。誘拐か家出か分からないまま、行方不明の状態が続き、クリスティンは眠れない夜を過ごす。そして5ヵ月後。警察から息子が発見されたとの朗報を聞き、クリスティンは念願の再会を果たす。だが、彼女の前に現れたのは最愛のウォルターではなく、彼に良く似た、見知らぬ少年だった―。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス・ミステリー・スリラー洋画ランキング

チェンジリングの評価・レビュー

3.7
観た人
30102
観たい人
13313
  • 4.3

    オーウェンさん2021/10/21 08:19

    こんなことがあったのかと愕然とする思い。

    誘拐された子供が帰ってきたと安堵したら、その子は何と別人。
    我が子はどこに行ったのか。

    これはまだ序の口でここに警察関係の圧力。精神病棟の実態などがプラスされて描かれる。

    周りに翻弄されながらも息子を取り戻すという信念を常に除かせるアンジーはやはりベストだ。
    エピローグでもそうだが最後のセリフが希望的観測であったとしても、まだ信じさせてくれる。
    イーストウッド監督作は救いようのない結末が多いのでね(笑)

    時代考証にしても風土にしても的確に捉えており、時代ならではの出来事を鮮やかに浮かび上がらせてその悲劇を埋もれさせない。
    やはりイーストウッドが作る作品は一味も二味も違う。

  • 4.0

    Tもんさん2021/10/19 20:03

    倫理観を持っていないというか、パワープレーすぎる…。
    警察官も同じ人間だから過ちはあるでしょうが、この適当さは怖いですね。笑
    また互いに関係性を持っている別々の組織が、癒着しているのも怖い。
    病院のシーンではカッコ-の巣の上でを思い出されました。
    女性の立場が弱いところをみせられているのかなと思いましたが、強い女性でした。

  • 4.5

    すみさん2021/10/18 23:57

    めっっっちゃおもしろかったが、、?
    こんな数奇な事実あって良いの、、?
    コリンズ夫人の味方の教会のおじさんをはじめとするチームこちら側の紳士たちみんな超イケてて大好きなんだが、、弁護士の先生イケオジすぎでしょ、、
    人にはそれぞれ守らなきゃいけない立場と守りたい正義があると思うんだけれど、どちらを選んだとしてもそれが悪だと言われるのはちょっと違うと思うんだよなーーーー
    もちろんクリスティンは可哀想なんだけれどあの警察の人が完全な悪だとは思わないんだよ〜〜人が一番怖いのは自分が正しいと信じて疑わないときだからね〜〜
    ゴードン、赦される前提で悪事を働いてたの宗教の闇だと思ったな。

  • 3.5

    yooshimetalさん2021/10/18 02:27

    これ、本当の話なのか?
    という程に壮絶過ぎて見入ってしまいました。
    クリントイーストウッド監督の作品は凄いのがたくさんありますね!

  • 4.0

    フリーザさん2021/10/17 11:22

    イーストウッドによる実話ベースのミステリー。

    行方不明になった息子が戻ってきた!と思ったら別人じゃん!警察ちゃんと仕事してんの?!って話。
    当時のロサンゼルスの警察の腐敗っぷりはこれが実話だとは信じたくないレベルで酷い。

    イーストウッドらしくえぐいシーンを抑えるでもなく誇張するでもなく描く感じ。

  • 3.5

    aikidoさん2021/10/17 09:39

    少年の取り違えを軸に警察の腐敗や猟奇的殺人等、物語が二転三転し、先の読めない方向に進んでいく構成が見事で流石イースト・ウッドだなと彼の手腕に驚かされました。
    また、そこに前半と後半で別人にさえ思えるアンジー迫真の演技が加わる事で、実話ならではのリアリティや母親としての強さがより強調されていて、かなり見応えがありました。

    真実は分からないですが、どこかで別の人生を歩んでいて欲しいなと思ってしまいました。

  • 3.7

    saさん2021/10/17 00:29

    理不尽さに心苦しかったですが、強い女性の映画はやっぱり好きで、ラストは涙しました。
    暗い殺伐としでる中でもファッションがとてもお洒落。

  • 4.0

    POYOさん2021/10/16 23:43

    眠い中見始めたんだけど展開が気になりすぎて目が冴えてしまった。これが実話だということに胸がえぐられた。

    腐りきっている警察に終始イライラ、嘘をつく子どもにも、自分が正しいのに信じてもらえない悔しさ、女性蔑視のひどさにもムカムカ。挙げ句の果てに精神病棟にまで入れられてしまって、自分の方が本当におかしいんじゃないかと思うような扱われ方で見てるこっちまで気が滅入った。それこそ正気でいられなくなって本当に気が狂いそう。女性蔑視には本当に嫌気がさしたけど、それもあって余計に女性の強さや、母親の強さ、愛を感じた。

    見終わった後はゴードン・ノースコット事件についてネット検索。映画の内容よりもさらにおぞましく、実話であることに改めて驚愕。


    内容が内容なだけに後味はあまり良くない(正直胸糞です)どうしようもないやるせない気持ちになってしまうけど色々と考えさせられる時間になった。

  • 3.9

    尤娜さん2021/10/16 03:38

    警察の無能さと病院の対応、偽の子どもに怒りしか出てこなかった。
    牧師が味方でいてくれたことだけが救い
    悔しくて涙が止まんない、実話かー

  • 3.8

    Kasumiさん2021/10/13 12:38

    とにかく不快で、ずっとお腹のあたりからむかむかした苛立ちが上がってきそうで上がってこない感じを噛み締めながら見ました、ということはつまりとても面白かったのです

    ロサンゼルス警察の腐敗、公務員、医者や精神病院との癒着、職権濫用。
    とにかくめちゃくちゃな根拠で自分たちの功名心を満たすためだけに動くクズな警察にどんどん貶められていく、それでも自尊心を持って振る舞うクリスティン。
    わたしならここ中指立ててたな〜ってとこが15回くらいありましたわ
    なんとなくゴードンが犯人ということで納得してたけど、これだけ腐敗した警察の捜査なら彼は無罪という可能性もあるのかもと思うとさらに怖い。
    実話に基づいているところが余計にホラー。事実に基づくというキャプション入った瞬間に怖さレベルが引き上がる。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す