お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

ブロークバック・マウンテン

G
  • 吹替
  • 字幕

アカデミー賞最優秀監督賞を含むを3賞を受賞!

1963年に運命の出会いを果たした2人のカーボーイの友情を超えた物語を綴る。2人のもたらす複雑な関係、喜びそして悲嘆は、彼らの純愛をさらに強く築いていく。ヒース・レジャーとジェイク・ギレンホールが見事な演技で綴る感動作だ。

詳細情報

原題
Brokeback Mountain
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2005
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2018-02-23 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

ブロークバック・マウンテンの評価・レビュー

3.8
観た人
21900
観たい人
16608
  • 4.5

    komoさん2020/07/09 17:30

    夏季限定の労働者として、ワイオミング州のブロークバック・マウンテンにジャック(ジェイク・ギレンホール)とイニス(ヒース・レジャー)という2人の男が雇われた。
    過酷な環境で助け合う中、惹かれあった2人は肉体関係を持つようになる。
    夏が終わり山を去った彼らは、それぞれ女性と結婚し家庭に恵まれる。しかしブロークバックでの日々が忘れられず、時折人目を忍んで愛を交わすようになっていた。



    なぜ愛する者へ拳を振りかざさなければならなかったのか。
    20年にも渡る逢の瀬は、多くの苦しみを孕んでいました。会ってしまえば、ままならない現実に押し潰され、いがみ合ってしまう。
    それでも互いを求め続けた2人。
    一見すると社交的で楽観的だが繊細な心を抱えるジャックと、寡黙で不器用で、しかし激情を秘めているイニス。
    イニスは幼い頃、惨殺された同性愛者の亡骸を見てしまったことがあり、ジャックとの交際に関して常に後ろ向きです。そして妻や子どもたちとの関係が脅かされることを何よりも恐れています。
    一方ジャックは、家庭を失いたくない思いはイニスと共通しているものの、イニスに会えなくなることを何よりも恐れていました。
    どちらも互いを想う感情は大きいのに、こうした恐れの齟齬が隙間を生んでいます。

    そして女としては奥さんの気持ちもわかってしまうから辛い。不倫や同性愛の件を置いておいても、夫が自分に嘘を吐いて出かけるのって、女性としてはそれだけでも苦しいと思う。
    どこまでも辛い話だけれど、情熱的なジェイクとヒースに会いたくなって度々観てしまいます。
    男同士だから切ないとか報われない愛だから感動するとかではなく、人と人のすれ違いがただただ胸に刺さります。

    2人の逢の瀬の時、いつも雄大な自然の中で戯れていました。
    しかし2人が本当の意味で互いを愛し合い、自分自身を赦すことができた環境は、ブロークバックマウンテンただひとつだったのだと思います。
    自然の世界に五感を傾け、体で契りを交わす肉体的な映画ですが、ブロークバックマウンテンという舞台は心象風景にも近い趣きがありました。

  • 4.8

    Yutoさん2020/07/05 23:15

    BrokebackMountainの大自然がすごい!
    途中に出てくる羊の群れが可愛い😂
    愛しているのにしたい選択をできないのは本当に心が苦しくなりました。
    We see you. We love you, Heath.
    rip🧡

  • 3.7

    wacaさん2020/07/04 00:45

    【この時代、愛し合う術が他になかった】
    1960年代初期の保守的な思想が根強いアメリカ中西部。まだまだ世の中が性についての多様性に寛容でなかった時代にふたりの男同志が出逢い愛し合ってしまった。その後、互いに別の相手(女性)と家族を築きながらも、どうにも満たされない気持ちを便りに年数回の逢引きで互いの高まる気持ちを希釈しつづけた20年間のラブストーリーは、まさに純愛というより慕情そのものであると感じました💦
    >
    劇中序盤でふたりの愛し合っている姿を偶然知ってしまった奥様(ミシェル・ウィリアムズ)の気持ちを察するに、女性ならまだしも比べられるものではない気持ちの拠り所に感嘆する表情はなんといえない美しさでした(> <)
    >
    本作で20年間の人生を演じたヒース・レジャーさんは、アカデミー主演男優賞にノミネートされ、一躍演技派俳優の仲間入りとメディアにもめっちゃ取り上げられてましたねwその3年後に映画「ダークナイト」であのジョーカー役を演じて見事アカデミー助演男優賞を28歳という若さで受賞しました!今後も期待大のすんばらしい役者さんでしたが、残念です(T T)

  • 4.0

    ピンフまんがんさん2020/07/03 20:13

    これは単にカウボーイの同性愛ものかと思いきや、各自の人生観まで広く描かれており、思ったよりも壮大なドラマだった。家庭を持っても複雑な事情を抱え様々な表情を見せる主役二人の演技は絶品でしたね。そいやヒース・レジャーってこの3年後くらいに他界されているんですね。ドラマもそうだけど、壮大な山羊飼いの風景は良かったですね。また、アン・ハサウェイがだんだん煌びやかな衣装に変わっていったり、細かいところでもよく仕込まれていた物語でした。まあでも子供にも恵まれ、そんなに不幸みたいな感じでも映らないですけどね。アメリカでは「ゲイ映画」としての金字塔に位置づけられており、一部の州では上映禁止になったりもしたそうです。
    重厚で奥行きの深いドラマでした。

  • 3.0

    よこちんさん2020/06/30 19:48

    LGBTの方に対して何ら否定的な感情はありません。それはあくまで個人の自由だから。他人が干渉する事でもないし、ましてや否定することでもないと思います。

    ただ家庭があるなら話は別。
    お互い妻がいて子供もいる。
    家庭がありながら他者を求めるのはどうかと。独身時代の良い思い出にとどめるべき。

    お互いに独り身の美しい恋愛ストーリーを、ブロークバックマウンテンの雄大で美しい風景と共に描いてほしかったなーと個人的に感じました。

  • 3.6

    skywalkerさん2020/06/28 13:47

    終始胸がいたむ。
    感情的なシーンもあまり長回しされず、淡々と進む。冗長さはなく、感情の押し付けもあまりない。
    後からゆっくり効いてくる映画。

  • 4.0

    makimakiさん2020/06/25 23:35

    自然が素晴らしい。

    結ばれてたようで結ばれない恋愛。

    好きな人を世間体なんか気にせず、素直に安全に愛せるようなそんな世の中が来れば良い。

  • 4.0

    はらさん2020/06/25 16:32

    ただの同性愛の話に留まらないスケールの大きさ。結局残ったのは広大な自然と実らない愛情だけなのだが、そこには美しさがある。特に欠けている点などないのだが、強いて挙げるとしたら二人が互いの愛に気づくまでの過程が粗雑すぎたかもしれない(実際愛の目覚めなどこのくらいの感覚なのだろうが)。そういう意味で、「君の名前で僕を呼んで」のほうがすんなりと感情移入できた作品なのかもしれない。

  • 4.6

    生牡蠣さん2020/06/25 15:53

    あの頃あの場所で過ごした時間が恋しくても、もう二度と戻れない
    二人で未来を描くことすら難しくて、今を生きていくことだけで精一杯
    こんな葛藤を誰もが抱えているのかもしれない
    力強くて繊細で決して綺麗じゃない二人の秘密は、永遠にブロークバックバックマウンテンにある
    胸がギューッとなる

  • 3.9

    Aさん2020/06/24 19:07

    アン・リー監督の演出は(素人目線ですが)ほぼ完璧と言って良いくらい素敵でした。

    基本的にはカメラワークとかも焦らず非常に静かで穏やかなのですが、間違いなく登場人物の心や起きている出来事は嵐のようにドラマチックで、その心情が手に取るように伝わってきました。

    非常に美しく切なく素敵な作品で、今でも脳裏に焼き付いています。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す