お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ローサは密告された

G
  • 字幕

雑貨を売る。麻薬を売る。それが日常。

ローサはマニラのスラム街の片隅で小さな雑貨店を家族で営んでいる。家計のため、少量の麻薬も扱っていたが、ある夜、密告からローサたち夫婦は逮捕される。麻薬売人の密告要求、高額な保釈金。警察の要求は恐喝まがいだ。この国では法は誰も守ってくれない。ローサたち家族は、彼ら自身のやり方でしたたかに、汚職にまみれた警察に立ち向かう。

詳細情報

原題
Ma’rosa
作品公開日
2017-07-29
音声言語
タガログ語
字幕言語
日本語
作品公開日
2017-07-29
制作年
2016
制作国
フィリピン
対応端末
公開開始日
2018-03-28 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス・ミステリー・スリラー洋画ランキング

ローサは密告されたの評価・レビュー

3.6
観た人
985
観たい人
2009
  • 3.6

    すぽんじさん2021/10/17 04:30

    ▥□▮▤▣■▢▧🅼🅰︎’🆁🅾︎🆂🅰︎▥□▮▤▣■▢▧▢▣

    【なんちゅー終わり方…】
    めっちゃドキュメントみたい。
    というか途中、いや正直ラストまでドキュメントなんじゃ…と思ってた𐤔
    両親を助けるために駆け回る息子と娘が泣けるが、母〰︎〰︎!!!(((;´ω`;)))となる。
    警察がヤクザ。

    ▥□▮▤2019.03.12レンタル🅳🆅🅳*字幕▣■▧

  • −−

    東京国際映画祭学生応援団さん2021/10/11 22:19

    第34回東京国際映画祭まで、あと20日!

    今回は、第34回東京国際映画祭のコンペティション部門に選出されている『復讐』のブリランテ・メンドーサ監督の過去作『ローサは密告された』を紹介します!

    【レビュー】
    フィリピン人のブリランテ・メンドーサ監督が、フィリピンにはびこる、貧困、麻薬、汚職に正面から向き合った作品でした。

    舞台はフィリピンの首都マニラにあるスラム街。この街に住むローサは、夫と共に小さな売店を経営する傍ら、こっそりと麻薬の売買をすることで子供4人を養っていた。
    しかし、そんなある日その秘密を警察に密告されてしまい逮捕されてしまう。警察署で取り調べを受ける夫婦は、釈放する代わりに薬と大金を渡せと要求される。ローサはその要求に応じるほかなく、自分の子供たちに街でお金を集めてくるように頼み...。

    映画全編を通して、フィリピンのスラム街がいかに貧困と薬物が蔓延し、無法地帯になっているのかがものすごく伝わってきました。
    手持ちカメラを多用した映像はスラム街のリアルを切り取り、これが現実だと言わんばかりに観客に肉薄してきます。

    主人公のローサは悪びれる様子もなく薬物を売買していますが、根っからの悪い人のようには全く見えませんでした。むしろ、家族を大切に思い、家族のためならなんでも頑張る、そんな人物です。

    だからこそ、なんとか家族を養うために、貧困から抜け出すために、薬物を売買することでお金を稼ぐようになってしまったのだと思います。いかに、貧困と薬物が密接に関わっているのかが伝わってきました。

    さらに、警察たちは自分たちの特権を利用して、薬物に染まったスラムの人々を捕まえてはお金を要求し、私腹を肥やしています。そんな腐りきった警察の姿を見て啞然としていまいました。

    この映画のラストシーンはとても印象的なものでした!主人公ローサ役を演じたジャクリン・ホセが見せる演技には、家族を思う母の、そしてフィリピンの今に悲嘆する思いが強く伝わってきました。

    東京国際映画祭で上映されるメンドーサ監督の新作『復讐』もとても楽しみになりました😆

    《鑑賞者: たくみ》

    今後も東京国際映画祭に絡んだ作品を紹介していきますので、どうぞご覧ください。

    🎥第34回東京国際映画祭
     |開催期間:10/30(土)〜11/8(月)
     |場所:日比谷・有楽町・銀座地区  
     |チケット一般販売開始日:10/23(土)

    また、学生応援団が運営している各種SNSでも映画祭に関する様々な情報を発信していきますので、こちらも是非チェックしてみてください。

    -----------------------
    🔴公式サイト: https://tiffgakusei2020.wixsite.com/advt
    🔵Twitter: https://twitter.com/TIFFgakusei
    🟢note: https://note.com/tiffgakusei/
    🟣Instagram: https://www.instagram.com/tiffgakusei
    -----------------------

  • 3.5

    JohnNYさん2021/09/21 23:16

    3.5 A
    フィリピンのスラム街で小さな商売を営む夫婦はドラッグも扱っている。近所の不良少年に密告され警察に捕まり、腐敗した警官達に釈放と代わりに大金を要求される。家族は必死になって金を集め回るが足りない。ローサは子供を置いて自分で金策に周り途中で小さな屋台を営む家族を見て涙ぐむ。私は何をやっているのか。

  • 4.0

    映画男さん2021/09/20 13:34

    おもしろい。「アレ・ブレ・ボケ」の森山大道イズム感じさせる荒々しくて生々しい映像でぐいぐい話が進んでいく。雑貨屋を営む傍らで麻薬売買していた夫婦が密告され逮捕される。シャバに戻るためには取引のある人物を密告してさらに多額の保釈金も払わなければならない。残された息子たちはなんとか金を集めようと奮闘する。夫婦もあれこれと解決の道を探っていく。ドキュメンタリータッチで描かれることでフィリピンの生活環境の匂いまで伝わってくるような力強さがあった。図太く生きる母親ローサのたくましさも見応えがある。

  • 4.0

    ちいさな泥棒さん2021/09/12 19:17

    『キナタイ マニラ・アンダーグラウンド』監督作品。生活のため麻薬の密売をする夫婦が密告逮捕され外に出たければと多額の金を要求される。警察がヤバい。子供を奴隷のようにアゴで使うし金品もクスリもあたりまえにポッケに入れる。『パラサイト』のような半地下の家にまさに住んでいてリッチにいい暮らしを♪ってわけではなく生活していくための犯罪。裏切り。家財道具を売って回ったり親戚中に頭を下げてて保釈金をかき集める子供達。なかには身体を売る子供まで……ラストのあの眼差しといい「生き抜く」ために生きている人達の現実を垣間見た気持ち。重たい。

  • 4.0

    Ihaさん2021/08/10 01:28

    フィリピンのスラム街の雑貨屋、サリサリストア。経験の長い女優さん特有の花をもつ、ジャクリン・ホセ。
    東アジア初のカンヌ主演女優賞。それだけの評価を得られたのはフィリピンの現実である
    警察の腐敗や貧困、麻薬問題を伝えようという気迫か。
    スラムでの生活。互助があり、密告し、密告され、饅頭のように押し固められて生きるしかない。
    それでいて絶望はなく、諦めもなく、魅力的でさえある。
    ドゥトルテ以前のフィリピン。
    麻薬絡みの私刑を大統領が許可、大勢が亡くなった。フィリピンは変わっていくのだろうか。
    フィリピン行きの飛行機の搭乗口に集うその客層。。
    ビッチとヤクザばかり。
    フィリピンはとても別格な国なのだ。

  • 3.0

    次郎Tさん2021/07/07 23:00

    全編、手持ちカメラで爺にはつらい。 麻薬と汚職警察の話なんだけど、ちーとも反発も抗議もしないで流されるままなんだ。フィリピンってそんな状態まで行ってしまってるのか?だから、強権のドゥテルテなんかが大統領なのかね。
    貧民街路地のゴチャゴチャ感・生命力ありあり感なんては魅力的なんだが。

  • −−

    laziekatieさん2021/06/29 21:37


    フィリピンに住んでいた頃、
    住人の留守中に警備員が鍵を使って堂々と
    盗みを働いていたのを知っているので、
    警察が腐っているのもやっぱりなって感じ。

    街並みとか人のごちゃごちゃ感とか、
    懐かしさを感じる反面、「フィリピン」を
    思い出す映画だった。

  • 3.5

    ロビンさん2021/05/06 13:14

    フィリピン映画。
    手持ちカメラのドキュメンタリーさながらのリアリティさが凄い。
    長回しの撮影もリアリティを高めている。

    同国における麻薬の日常的蔓延や、警察の腐敗と退廃の実情を痛切に浮き彫りにした作品。
    なのでデフォルメしたのではなくこれが日常だと言うことに愕然とする。
    主人公は日用雑貨や食品を販売する店舗で商売しているが、麻薬も秘密裏に実際売っていたので警察に連行されたのはある意味“自業自得”ではあるけれど、そのひと言で切り捨てるにはあまりに腐敗した社会。
    そして腐敗しきった警察は高額な保釈金を要求し私服を肥やしている。
    この現実を説教臭くなく、不条理劇のように描写している。

    劇中における「アイス」とは、スラム街の住人たちの間で交わされる覚醒剤の隠語のことらしい。。

    荒い画質だけど、夜の雑多な狭い通りに人があふれ、雨が降りしきるシーンはちょっぴり「ブレードランナー」のよう。。。

    ローサが団子食う姿が切ない絶妙のラストシーンで、余韻に浸れる作品。

  • 3.2

    BoltsFreakさん2021/05/05 22:04

    What the fxxx is going on in Philippines??
    That's totally unbelievable...
    売人から押収したドラッグや金をその場で私物化したり、堂々と賄賂を要求するあたりはフィリピン警察もMexico警察並みに腐敗してるぞ!
    しかもその賄賂金集めに家財道具を同じ警察仲間に売るとか全くもって今がわからん!
    恐ろしい国だ🇵🇭

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました