お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

犬猿

G

愛憎が、溢れ出す。笑って、泣ける≪兄弟・姉妹≫バトルムービー!!

弟の金山和成(窪田)は真面目でイケメンの印刷会社の営業マン。ある日、彼のアパートに、強盗罪で服役していた兄の卓司(新井)が刑期を終えて転がり込んでくる。卓司は和成とは対照的に凶暴な性格でトラブルメーカー。キャバクラで暴れたり、弟の留守中に部屋にデリヘルを呼んだりとやりたい放題。和成はそんな卓司に頭を抱えるが、気性の激しい兄には文句のひとつも言えない。一方、親から引き継いで小さな印刷所を切り盛りする姉の幾野由利亜(江上)は、勤勉で頭が良く仕事はできるものの、太っていて見た目がよくない。得意先の和成にほのかに想いを寄せる彼女の天敵は、頭は悪いけどルックスとスタイルの良さから芸能活動もしている妹の真子(筧)だった。
複雑な感情を抱くこの二組の兄弟・姉妹の出会いを境に、それぞれの関係はさらに大きく歪みはじめる…。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2017
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2018-08-07 17:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

犬猿の評価・レビュー

3.7
観た人
9720
観たい人
10539
  • −−

    けんしんさん2021/05/11 22:22

    昔は自分もよく兄と喧嘩してたな。
    なんだコイツ…って思いつつも、何かあった時は結局ほっとけないんだよな。

    予告のキャッチコピーにもあった「ウザイけど、大事な人」っていうのがまさしくそうだと思う。

    大人になった今じゃ流石に兄弟喧嘩とかしないけれど。

  • 3.2

    さちこさん2021/05/11 17:03

    ・ラスト20分までそれぞれの執拗な関係が心に迫り見ていて辛い。心苦しさの反面、最後堰を切ったかのような感情の揺れ動きとタイトルである「犬猿」の回収が心地よい。

    ・血の通った兄弟、姉妹だからこそ「わかること」と「わからないこと」、気持ちが「わかること」「伝わってしまうこと」、「思い通りにならないもどかしさ」が言葉ではなく各役者の仕草や視線でうまく表現されていた。

    ・たまたま「先に生まれた」、「後に生まれた」だけで他人から比較の対象となり、その違いを一生認め続けなければならないのは辛いなぁ。みんな仲良くしましょうとは言うものの、身内と仲良くするのが実は一番難しいのかも。

  • 4.0

    SWDさん2021/05/10 08:35

    5歳下の弟を持つ自分にとっては刺さりすぎて辛い場面もありつつ、"家族という呪い"話なら何でも美味しく食べちゃう自分は当然の如く大好きな一本!ニッチェ江上さん筆頭にキャスティングの時点で勝ちを確信!筧美和子をAV落ちかけのグラドル役に抜擢してしまう思い切りの良さよ!
    日常的なユーモアの中に常にバイオレンスが見え隠れするところや、一見関係ないように見える複数の人間関係が徐々に交わっていく辺り、無邪気だった青春時代にはもう戻れないことを感じさせる回想シーンとかも『ヒメアノ〜ル』『BLUE』に通じる吉田恵輔監督の作家性な気がする。

  • 3.8

    鹿苑寺と慈照寺さん2021/05/09 16:28

    僕は一人っ子だから、兄弟の業みたいなものはいまいち分からないけれど、少なくも、犬猿仲にある兄弟が色々な事情を乗り越えてお互いを理解し合うというような安直な愛の話に着地しないのが良かった。
    もちろん関係性の変化はあったけど、だからといって急に仲良しになる訳がない。でも、お互いを思いやる気持ちが少しだけ芽生えたというだけでも十分だと思う。
    卓司(新井浩文)と由利亜(ニッチェ江上)がチャーハンを食べるシーンと、その後、病室で卓司が由利亜に「美味しかったよ」と伝えるシーンが良かった。
    あからまな感じではなくて、自然なところが好き。

  • 3.9

    パピヨンさん2021/05/09 08:40

    こちらも好きな作品で、吉田恵輔監督って面白いもの書ける方なんだなーっと。キャストのアンサンブルにも感心してます。

  • 3.3

    ysakさん2021/05/07 23:51

    吉田作品好き。相変わらずの気まずエンタメ。けど通常より、だいぶウェットな印象ある。性悪な筧美和子いいすね。

  • 3.6

    ありささん2021/05/07 21:17

    偏見だけど窪田正孝が出てる映画ってジャケ写つまんなそうだけど面白いの多くないか

    愛しのアイリーンとヒメアノールの監督だから面白いと信じて見た!面白い
    どれも最後に切なくさせるよね

    容姿がずば抜けていい姉妹いなくて良かった〜
    最後可愛い

  • 4.3

    guroさん2021/05/07 02:33


    喪服みたいなドレスでステーキ食べる女。

    粗品で貰ったであろうタオルを貰いプリントされた赤い菊の花言葉『あなたを愛します』に興奮し踊り狂う女。

    たぶんいると思うこういう人。
    映ってる人が全然女芸人じゃなくてよかった。


    自分が身内の愚痴を言う分にはいいけど他人が自分の身内のこと馬鹿にするのは違うっていうのはすごく分かる。


    新井浩文の「それ」を演じたときの気迫は本当にすごい、右に出る人いないくらいしっくり来る。
    今は過去作でしか観れないのが残念。

  • 3.8

    ダウンセットさん2021/05/06 20:44

    香川照之とオダジョーの『ゆれる』が個人的にツボな僕は本作もハマってしまった。
    長女役の江上さんが素晴らしい。チャーハンの件は間の取り方といい表情といい絶妙すぎる。兄役の新井くん演じる卓司もデリヘル界では「ノーチェンジの卓」の異名にプライベートでも負けず劣らずだ。※罪は罪。きちんと償って日本に拘らなくても役者を続けて欲しい。

    僕にも弟がいるが、僕が内向的な性格に対して弟は外向的。弟曰く「兄貴は俺から言わせると反面教師だった」らしい。半年に一回会うか会わないか程度の間柄だが僕にとって一番目を合わせて会話がしづらい相手なんだよなぁ。

  • 4.0

    ながのさん2021/05/05 06:21

    人間変わらないよね。

    息苦しい系映画。
    観てる最中絶対来るだろう破綻を常に感じさせてくる。
    こういう苦しさを感じられる映画って邦画らしくて好き。
    洋画だとあんまりこれ系の苦しさを感じる映画はない。
    日本映画だからこその感情移入感のお陰なのかなぁ。

    ただ、やってきたクライマックスがちょっとエモエモし過ぎだったかなぁ。
    少し心情を述べる会話が多過ぎだった様な気がする。
    こんなに綺麗になるか? って。

    でも、その辺エピローグできっちりフォローはされてたかなぁ。
    うんうん、そうだよね、人間そんな簡単に変われないよね!

    でも家族だから永遠に付き合わないといけない。
    それが家族だよなぁ。

    新井浩文チンピラ役巧いなぁと思ったけど、これは巧いのではなく素なのでは? と、考えざるを得ない私なのであった。

    新井浩文に限らず、主演4人が全員巧いので生々しさを感じたわ。

    エッチなシーンは無し。

    2021年143本目

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る