お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年

G
  • 字幕

マノロ・ブラニクの魅力と、その華麗なる手仕事に迫るファッション・ドキュメンタリー

1970年代のデビュー以来、ファッショニスタから熱狂的に支持されてきたシューズブランド<マノロ ブラニク>。ダイアナ妃からメラニア・トランプまでセレブたちの大切なシーンで足元を素敵に輝かせてきた。大人気ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』の主人公キャリーが愛してやまない靴として一般的にも爆発的なブームとなる。“芸術作品”として飾っておくことに喜びを見いだす誰もが虜になる、まさに“魔法の靴”。デザインを手がけるマノロ・ブラニクの魅力に迫るファッション・ドキュメンタリー!

詳細情報

原題
Manolo: The Boy Who Made Shoes for Lizards
作品公開日
2017-12-23
音声言語
英語
字幕言語
日本語
作品公開日
2017-12-23
制作年
2017
制作国
イギリス
対応端末
公開開始日
2018-08-22 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年の評価・レビュー

3.4
観た人
1458
観たい人
3059
  • 3.2

    アカリさん2021/04/11 22:36

    正直ブランドに疎すぎてマノロブラニク知らんかったんやけど、SATCで出てきてたって聞いてあーあれね!!ってなった

  • 4.0

    みずきさん2021/03/03 01:28

    ハイヒールなんて、靴としては非合理的で、ただ美しさだけをとったものに魅了された人のドキュメンタリー。
    美しく、面白かった。
    好き嫌いはしっかり分かれると思う。

  • 3.5

    rumrumさん2021/02/27 04:09

    これは面白かった!
    ドキュメンタリー。
    天才肌で時代でインスピレーション受けて、芸術家みたいな人。
    継承とかにも触れていた。
    マノロが美しかった人は街で髪結んで眼鏡かけた年配の女性がマノロを履いていたのが美しいって答えていた。
    親交があった人やデザインした靴もたくさん出てきて魅力的。

  • −−

    saraさん2021/02/22 23:05

    可愛いおじいちゃんだった。人に任せずに自分でやるのがすごい。藤の靴が素敵だと思う。大人になったら手に入れたいものがひとつ増えた。

  • 2.0

    トマトミルクさん2021/02/03 16:31

    マノロブラニク。

    世界の女性が憧れるハイブランドの靴を作り出す人を知りたかった。

    想像以上につまらなく、驚いた。

  • 2.9

    トム子さん2021/01/28 22:04

    永遠の憧れマノロ・ブラニク。やっぱりバッグもシューズも一生モノがいいよね。
    マノロ普通じゃないだろうと思ってたけどやっぱり普通じゃなかった。とてもチャーミング。スペインでは20世紀の三偉人はピカソ、ペドロアルモドバル、マノロブラニクとな。へー

  • 3.3

    ラランさん2021/01/24 15:37

    靴は小さな芸術品だと思う。

    彼の生い立ちから、交友関係、ブランド設立、そしてファッション関係者から彼についてのインタビューで彼の靴への情熱を紐解いていく。

    環境から受ける影響って大きいなぁって思った。
    ご本人の若き頃の端正なお顔立ちに驚いた。
    あとはやっぱり愛すべき変わり者といった印象。

    映画『マリーアントワネット』の衣装も担当されたそうだ。
    出てくるお靴がどれも素敵。
    マノロのお靴を一度は履いてみたくなった。

    (´;ω;`)つ預金通帳

  • 3.6

    JOEJOEさん2021/01/16 01:21

    マノロの振る舞い、言葉、とってもチャーミングだとわかる内容。
    生い立ち、交遊録、靴への愛情、類い稀なる才能、分かりやすく組み立てられていて気楽に見れた。
    ガリアーノとキャピキャピ会話していたのが印象的。

  • −−

    忘却白書さん2021/01/07 15:51

    靴は夢見るように世界を踏み付け事も無げに世界を征服する。12時を過ぎてもシンデレラの靴だけ魔法が解けなかったように靴が有してる魔法は永遠を孕んでいるのだと思う。

    それほどファッション・ドキュメンタリーを観てる訳ではないので軽い偏見だけどファッションデザイナーのドキュメンタリーよりシューズデザイナーのドキュメンタリーの方が軽やかで観易い印象がある。
    密着時間を鑑みると主体への踏み込みが甘く映画というより何かファッション通信みたいだけどこれはこれで気兼ねなく観られていいのかも。

    布バックでのインタビューは引きで撮ると布バックの前に座らされてると丸わかりなので貧相に見えて可哀想。
    選曲が良かったのでサントラを探したけどそんなものはなかった。

  • 3.0

    sakiさん2021/01/03 09:32

    面白かったです。
    マノロブラニクってこんなに可愛らしい人だったんですね。彼の作る靴に興味が湧きました。

    「足は好きだけどフェチではない」
    「性的な意味で好きなわけじゃない」
    「靴を作ることは足の美しさを台無しにする」
    「次から次へとデザインが湧いてくる」
    こんな台詞が心に残りました。

    映画の中で彼のことを褒め称えている
    著名人と思われる人のことは
    半分くらいしか認識できませんでしたが、
    全部知っている人なら「おお!」と思って
    観れたのでしょうね。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す