お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

ローズの秘密の頁

G
  • 吹替
  • 字幕

めくるたびにあふれる、真実と愛

取り壊しが決まった聖マラキ病院。転院する患者たちの再診のために病院を訪れた精神科医スティーヴン・グリーンは、病院で40年間もの長い時間を過ごしてきたローズ・F・クリアを看ることになる。彼女は、自分の赤ん坊を殺した罪を背負っていた。しかしローズは、その罪を否認し続け、自身を本名とは別の「ローズ・マクナリティ」と名乗り続けていた。グリーン医師は、ローズが大切にしている1冊の聖書の存在を知り、彼女の過去に興味を持ちはじめる。ローズは何十年にもわたって、聖書のなかに秘かに日記を書き綴っていたのだ。そして彼女は日記を辿りながら半世紀前の記憶を遡り、グリーン医師を前に自分の人生を語り始める―

詳細情報

原題
The Secret Scripture
作品公開日
2018-02-03
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
作品公開日
2018-02-03
制作年
2016
制作国
アイルランド
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2018-10-03 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ラブストーリー洋画ランキング

ローズの秘密の頁の評価・レビュー

3.6
観た人
1981
観たい人
5010
  • 3.7

    アキラナウェイさん2020/07/01 23:21

    ルーニー・マーラ。
    他のどの女優とも違う。
    そんなオーラを纏っている。
    美しく、儚げで、でも強い。
    眼差しが全てを物語る。

    ホアキン・フェニックスと彼女が結ばれたと聞いた時、妙に腑に落ちた。彼らはよく似ている。似合いのカップルだと思う。

    取り壊しが決まった精神病院から転院する患者たちを診察する為、病院を訪れた精神科医のスティーブン・グリーン(エリック・バナ)は、40年もの間病院に収容されている老女ローズ・F・クリアを看る事に。彼女は産んだばかりの自分の赤ん坊を殺した疑いで精神障害犯罪者とされていた。自分の名が「ローズ・マクナリティ」であると訴え続ける彼女は、罪を否認し続け、大切にしている聖書の中に何十年にも渡る日記を書き綴っていた。

    グリーン医師に、自らの半生を語り始めたローズ。

    こ、こ、これは!!
    壮大過ぎるッ!!

    1930年代。アイルランドの叔母の元で暮らす事になった、若かりし頃のローズ(ルーニー・マーラ)。

    上空を滑空する戦闘機が、戦争の訪れを予感させていた。

    アイルランド共和軍(略称:IRA)とイギリスの関係性がわかっていた方がストーリーについて行きやすいかも。

    ローズは戦闘機パイロットのマイケルと恋に落ちる。

    マイケル役には、「ミッドサマー」でクソ彼氏を演じ、裸で村内を逃走していたジャック・レイナー。「シング・ストリート 未来へのうた」で主人公を案じる気のいい兄ちゃんを演じた頃から、この人好きだな。

    そして、本作のクソ野郎は地元の教会のゴーント神父。

    神父のくせして、ローズへの情欲が止まらない。
    煩悩剥き出しやん。
    ストーカー気質で、かなりキモい。

    ローズが男と目を合わせるだけで、色目を使って誘っているとか言われる、偏執的で窮屈な村社会。

    追い詰められていくローズとマイケル。

    果たして彼女は本当に自分の子供を殺したのか—— 。

    切なくて胸が張り裂けそうになる。
    異常者扱いをされ、拘束され、奪われたのは人としての尊厳と自由とあまりに長い時間。

    40年も病院で過ごしてきたローズにとって、病院は最早「家」である。転院を促されても頑として動かないのも当然だ。

    異常なのは、自分か、彼らか。

    余りにも出来過ぎたラストのネタばらしには、「うそやん」と呟いてしまったけど、ドラマとしては申し分ないハッピーエンド。

    家に帰ろう。

    ローズの人生に、ようやく平穏な時が流れ始める。
    失われた時があまりに重過ぎるけど。

    聖書に書かれたローズの日記のデザインセンスが堪らなく好き。

  • 3.5

    iceblueさん2020/06/30 12:36

    翳りのある色気と芯の強さのある美貌。
    ルーニー・マーラが美しい。
    戦時下の村で際立つその存在。
    次第に他者の複雑な感情に巻き込まれてゆく。
      
    自分の愛が受け入れてもらえない時
    なぜ身を引かないのだろう。
    なぜ愛する人を憎み、破滅させるのだろう。
    自尊心が高く粘着質な神父役のテオ・ジェームズが不気味。夫のジャック・レイナーが優しく素敵なのでより対照的。
       
    『チェンジリング』を思い出しました。
    一度精神病院に入ったら出られない。
    誰一人自分の話に耳を傾けてくれない。
     “私は我が子を殺してない…“
    40年聖書にこっそり真実を綴ってきたローズ。
    結末がどうあれ、この残酷さが彼女に刻まれているかと思うとせつない。

  • 3.3

    けいこさん2020/06/22 11:22

    変態ストーカー神父きもい😱

    この神父の嫉妬心により、人生を狂わされた魔性の女ローズのお話😢

    ラストは盛り上がりもなく、あぁ、そうなのね。で終わってしまうが、走馬灯のように流れたローズの軌跡にウルっときた😢

  • 3.0

    RISAさん2020/06/20 18:01

    映画「キャロル」で印象に残っていたルーニー・マーラ。美しい。横顔が本当に美しすぎる。。

    大切な人のそばに居られたらそれだけで人生は輝き出す。どこでどんな風に暮らそうとも、その人が居てくれたらそれだけで満たされてしまう。

    そんな風に暮らしてほしかったな。

    こういった作品はいつも心が締め付けられる。

  • 2.5

    ナナコさん2020/06/19 15:46

    その気はないのに男を夢中にさせるローズ、だって抜群にかわいいもん。別れをわかっていても海をバイクで走る幸せそうな2人とこのシーンと被るラストに泣きそうになった。

  • 3.1

    佐藤洋さん2020/06/14 21:01

    苦しいお話でしたねー。
    当時の時代背景もちゃんと絡んでいるのだけど、
    その辺自分はあまり知っているわけじゃないから、
    そこを知っていたらもっと良かったのかなと。
    時代を描いている作品を観るたびに思うことだけど…

    女性が美しいことって
    同性からすると羨ましさしかないなと思うけど、
    美しすぎるのも生きづらいなぁとか思いました。
    というか男性たちがとにかく怖かったです。

    でも、その中でもマイケルは紳士的だし、
    優しいし、笑顔がとってもキュートで、
    改めてジャック・レイナーやっぱり好き!!
    ってなりました。
    出てるの知らなかったから嬉しかった。

    ローズを看に来る
    スティーブン・グリーン医師も
    かなり重要な役どころなんだけど、
    今作ではローズの人生を辿っていくのがメインで
    他の部分は結構あっさり描かれているのが
    ちょっと物足りなかった感はありました。

    と、ちょっと不満はあったりしたものの
    やはりラストは涙でしたね〜。
    ローズの強さを称えたい。

    原作小説がとても人気らしいのですけど、
    だいぶ映画は内容を変えているようですね。
    設定だけざっと読んだ限りだと
    映画版の設定の方が自分は好みかも。
    (原作にマイケルは登場しないらしく、
    ジャック・レイナーが好きすぎてもう
    そういう風にしか思えないのかもしれない←)

    大好きなルーニー・マーラは
    いつもだけど美しく、そして力強く
    本当に魅力的な人ですね。

    ピアノの音色も美しかった。

    もっとジャック・レイナーと
    ルーニー・マーラの笑顔が観ていたかったという
    願望はありますが、楽しめました!←

  • 4.0

    文鳥様さん2020/06/08 01:07

    ルーニー・マーラもヴァネッサ・レッドグレーヴもホント綺麗。
    お話も綺麗。
    ハッピーエンドかはわからないけど、純愛が素直に伝わる映画だから良し。
    実生活で純愛って感じる場面、あるかなぁ?

  • 4.0

    まきこさん2020/06/07 23:47

    とにかく美しかった。

    ピアノの旋律、純愛、そして母の愛。

    愛を信じて待つ者は報われるよね。


    2020年 123本目

  • 3.4

    パナメタルさん2020/06/01 00:18

    ジャックレイナー、よく見ると笑い方がしばらく会ってない友達に似てる
    ふと今何してるのか気になってフェイスブック見たらガチめのヒッピーになっていた

    脚本はとても素直なので
    原作者の性根は良さそう

  • 3.9

    はるかさん2020/05/31 10:21

    実子殺しの疑いで40年間精神病院に収容されているローズ。
    若い頃のローズ役、ルーニーマーラの美しさに圧倒😊美しすぎたが故の悲劇なんでしょうか。なんて理不尽な…。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す