お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

江戸城大乱

G

徳川三百年最大の危機!!

時は延宝八年(1680年)春。四代将軍の徳川家綱は生来病弱で子宝にも恵まれていなかったため、幕府は、早急に五代将軍選定を迫られていた。連日衆議の末、雅楽頭が強く推す、家綱の次弟「綱重」に大方の賛同は得たものの、尾張当主の徳川光友だけは「将軍位継承の権利は徳川宗家だけでなく御三家にもある」と異を唱えた。雅楽頭の独裁政治には反感を持つ者も多く、三代将軍・家光の血を引く館林当主の綱吉もその1人であった。そんな中、堀田備中守正俊に「甲府宰相綱重」出迎えの大命が下った。ところが、江戸に向かう甲州街道の山中で、綱重は何者かに殺されてしまう。この事件の後、先代家光の側室・桂昌院は実子の綱吉を五代将軍にと考えるのだが…。

詳細情報

原題
THE GREAT SHOGUNATE BATTLE
作品公開日
1991-12-14
音声言語
日本語
作品公開日
1991-12-14
制作年
1991
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2019-04-03 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

時代劇・歴史劇邦画ランキング

江戸城大乱の評価・レビュー

3
観た人
78
観たい人
21
  • 3.3

    さすらいの旅人さん2020/01/25 18:40

    東映得意の時代劇。当時、時代劇は衰退していたが、オールスターキャストで製作。松方弘樹は冷酷な老中を見事演じている。松方の眼力も物凄い。
    また、今はバラエティーしか出てない坂上忍が、若き日の徳川綱吉を演じていたのには驚いた。将軍の跡目争いをアクションを交えて描いているいるのは良いが、ただの娯楽作品になっていたのは残念。

  • 4.0

    平野レミゼラブルさん2019/08/25 15:53

    松方弘樹の首が飛んでるこのパッケージ凄いな!!正気とは思えん!!

    『柳生一族の陰謀』の系譜の将軍継承を巡る陰謀劇を描く時代劇。よってやっぱり本作もこの時期に死んじゃいけない人物がじゃんじゃん死んでいく時代考証クソ喰らえ映画である。
    流石に『柳生』と比べると規模は小さくなってしまったし、松方弘樹が仰々しすぎてやたら目立ってしまっているんだけど(若き日の三浦友和はこの頃から凄く巧いんだけどこの仰々しさに比べると受けが弱く感じてしまう)、それでも金子信雄や加藤武、丹波哲郎、神山繁といった重鎮が並ぶ幕閣会議は迫力があって面白い。もうこの重鎮達も全員鬼藉入られてしまったからなァ……平成初めにこのメンツで時代劇が造られた事実がただただ有難い。

    殺陣の見せ方も面白く、西岡徳馬との決闘は炎噴き上がる小判製造場で行われて迫力満点。流石に溶鉱炉に落とされたりはしないものの、ちゃんと燃えて死ぬ剣客もいるので見応えがある。
    あと、滅茶苦茶強い貴族とかのハッタリはないものの、途中で出てきた僧侶がやたらアグレッシブで強くて笑った。大規模な爆破シーンとかもあって、滅茶苦茶な娯楽時代劇路線は微塵も変わっておらず安心する。

    本編の結末に関しては、もう時代考証完全無視すぎの滅茶苦茶さで凄まじいの一言に尽きるが、ここで松方弘樹の仰々しすぎる芝居が活きてくる。あまりの迫真っぷりにもうこれが正史でいいよっていう気分になってしまうのだ。全体的に力技すぎるし、あまりに無茶な結末だが、役者パワーで妙な説得力を持ってしまっている。

    なんか現代でも頑張ってこういう滅茶苦茶だけど重厚なパワーある時代劇をまた造ってほしいものだけど、流石にもう厳しいのかなァ……こういう系譜の時代劇としては最後の時代劇に位置する作品ではなかろうか。

    オススメ!

  • 1.9

    紅孔雀さん2019/01/06 19:06

    今をときめく坂上忍が綱吉役で出演!『柳生一族の陰謀』に始まる東映大型時代劇シリーズ第3弾。『柳生』が興収30億円(制作費は9億7千万)の大ヒット。それに肖(あやか)らんと何作も作られたが、みな(本作他『将軍家光の乱心』『影の軍団 服部半蔵』『真田幸村の謀略』等)、第1作に及ばぬ“乱暴過ぎる”時代劇でした。舛田利雄、降旗康男、工藤栄一、中島貞夫等の一流監督(以上、制作年順)が枕を並べて討ち死の惨状。やはり『柳生』(および『魔界転生』)の深作欣二が偉大だった、ということでしょうか?

  • 4.0

    にっきいさん2016/07/21 22:22

    主役級の俳優が大勢出ている、所謂オールスターキャストのアクション大作。
    前半は次から次へと色々な事がおこり、飽きる事なく画面を見入ってしまう。
    ただ後半は将軍の世継ぎ争いを中心とした陰謀がメインとなり、テンポが悪くなるのが残念。
    CGなど無かった時代、全て生身のアクションで、豪華絢爛。今ではこれ程の作品は作れないたろう。
    一応、ラストにどんでん返し的なものもある。
    DVDが出ていないので、気軽に観れないのがもったいない。

  • 2.3

    nanaさん2016/07/03 22:09

    坂上忍って演技しているところは今作が初見なのだが、意外といけるのでは...?
    バラエティではあんなに偉そうにしているが、こいつ実際のところ何なの?と思ってはいたが、こういった過去があったとは。
    ストーリーとしてはまずまず。
    色々とあったんだね、といったレベル。
    どこの世界でもどの世代でもお世継ぎというゴタゴタドロドロはあるもの。
    ラストのどでかいシーンは見事だったが正直言って面白みに欠ける感じは否めない...。

  • 4.0

    ヨッシャーさん2015/12/26 17:51

    この時代は詳しくないし、どこまで史実に基づいているのか怪しいものもあるが、かなりドロドロのお世継ぎ争いは見応え十分だった。
    自分が知らないだけかもしれないが、徳川五代目くらいを題材にした映画って意外に見たこと無くて興味深かった。
    それにしても世代的に坂上忍さんは近頃の姿しか知らないが、顔立ちも演技も凄い良い俳優だねー。
    そりゃ再ブレイクというより、テレビ業界はほっとかないなと思った。

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す