お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

居眠り磐音

G

この男、切ないほどに、強く、優しい。

坂崎磐音は、故郷・豊後関前藩で起きた、ある哀しい事件により、2人の幼馴染を失い、祝言を間近に控えた許嫁の奈緒を残して脱藩。すべてを失い、浪人の身となった──。江戸で長屋暮らしを始めた磐音は、長屋の大家・金兵衛の紹介もあり、昼間はうなぎ屋、夜は両替屋・今津屋の用心棒として働き始める。春風のように穏やかで、誰に対しても礼節を重んじる優しい人柄に加え、剣も立つ磐音は次第に周囲から信頼され、金兵衛の娘・おこんからも好意を持たれるように。そんな折、幕府が流通させた新貨幣をめぐる陰謀に巻き込まれ、磐音は江戸で出会った大切な人たちを守るため、哀しみを胸に悪に立ち向かう──。

詳細情報

関連情報
原作 佐伯泰英『居眠り磐音決定版』(文春文庫刊):企画 藤村直人:プロデュース 藤村直人:製作 今村:大角正,谷和男,中部嘉人,有馬一昭,安部順一,エグゼクティブプロデューサー 伊藤響:吉田繁暁,プロデューサー 西麻美:福島大輔,ラインプロデューサー 砥川元宏:撮影 安田雅彦:照明 はのひろし:録音 山本研二:整音 鈴木肇:音響効果 岡瀬晶彦:美術 原田哲男:倉田智子,装飾 郷原慶太:中込秀志,編集 川瀬功:音楽 高見優:主題歌 MISIA『LOVED』(アリオラジャパン):音楽プロデューサー 千陽崇之:音楽ディレクター 岩崎充徳:アクションコーディネーター 諸鍛冶裕太:VFXプロデューサー 斎藤大輔:VFXディレクター 土師翔太:助監督 井上昌典:演技事務 城野浩人:記録 西岡智子:制作担当 高塚映里香:村山大輔
音声言語
日本語
制作年
2019
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2019-11-06 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

時代劇・歴史劇邦画ランキング

居眠り磐音の評価・レビュー

3.6
観た人
3780
観たい人
3583
  • 3.7

    国茶さん2021/09/07 06:54

    この映画1本で終わらすのは勿体無い
    一応2007年頃にドラマ版があったようで
    主演は山本耕史ですが。

    激しい剣劇じゃなくて
    こんな感じの重みのある
    ちゃんと型のあるやつがもっとみたい
    るろ剣ももちろんいいけど
    1対多もいいけど

    2人の真剣勝負の映画

  • 3.5

    HyperRさん2021/08/31 04:45

    時代劇ものですが、すんなり見れました。
    ストーリーはちょっと切ない感じでしたが、最後磐音が1200両ためるつもりでいることに、なんかちょっと救われた感じがしました。

  • 3.9

    けいこさん2021/08/28 01:37

    好きな演者さんが多くて見応えあった。
    やはり松坂桃李の涙はキレイ。
    そして、柄本親子が強すぎてたまらん。
    根本にあるのは深い悲しみとか人間愛なんだろうけど、殺陣のシーンとか穏やかな暮らしとかそっちの方が印象的だし好みに合う感じ。
    あと、中村ゆりさんの顔面が強すぎて、個人的に芳根さんを弱く感じてしまってごめんなさい。

  • 4.2

    kyoさん2021/08/27 23:54

    祖母と鑑賞
    目新しさは無かったけれど、今どきの俳優さんでもう一回時代劇やろうよって作品に感じた
    続編あれば観たいと思わせてくれた古き良きを重んじた作品

  • 4.0

    ユナマリアさん2021/08/16 18:32

    南沙良目当てで鑑賞。

    静かな会話劇、景色と立廻りのギャップが見所の一作。

    二部構成たなっているが、いずれも異なる色合いを見せていて面白い。

    剣の腕は確かながらも争いを好まない主人公居眠り磐音。

    道場仲間と共に平和な日々を過ごしていたが、とある陰謀によって、仲間同士斬り合う事になってしまう…

    やはり時代劇は(いわゆる映画用語の)カセが強くて感情移入がしやすい。

    思いの外、人間関係や政治、経済が絡む内容は、現代にも通じる部分があり、とても観やすい。

    立廻りも必要最低限の演出のみで描かれているから、とても緊張感が伝わってくる。

  • 3.5

    キムトモさん2021/08/08 20:20

    初)邦画界の軸となってきた桃李兄さん主演の時代劇物。兄さん演じるお侍サンが出奔するまでは山田洋次監督作品の硬派な時代劇を観ているようで見入ったのですが…その後は軟派になってしまいました👎某テレビ局制作のテレビ時代劇の劇場版を見せられているようでした_| ̄|○

    (ノ-_-)ノ~┻━┻桃李兄さんはちょんまげ似合わないなぁ〜

  • 3.9

    筑前筑後さん2021/08/01 23:29

    ――原作重視!松坂桃李の成長に目が離せない!――

    NHKのドラマ版より、原作に忠実な作品になっていた。個人的にはテレビ版より好き。そして、松坂桃李の磐音に終始魅了されてしまっていた。こんなによい役者だったかなって。はぁ~善き時代劇だった。

  • 3.8

    ゆちゃおさん2021/08/01 16:15

    序盤から物語の展開がおもしろくて、中盤から最後にかけての展開も好きでした。
    最初から最後まで切なかった…。
    相手のことを思うと身を引くのも大切かもしれないけど、どんなに辛い現実だろうが相手に合わせる顔がなかろうがちゃんと向き合うべきだなと思いました。

  • 2.5

    HUNTさん2021/07/26 10:52

    正直時代劇はよくわかんない。
    時代劇好きな人とみた。(良かったらしい👌)
    芳根京子すき💞
    切ない部分もあり、色々凝縮されとるのになキャストも豪華やのに
    もともと時代劇苦手意識が邪魔したんかも。

  • −−

    隼さん2021/07/21 02:37

    松坂桃李さんの演技を無性に観たい気分だったので鑑賞。

    「居眠り磐音」っていう題名ですがそこまでそのシーンなかった気がする。でも、アクションといい恋愛といいどちらも楽しめちゃう作品。
    ストーリー展開も「江戸時代版マネーゲーム」みたいな感じで、新鮮で面白かったです。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す