お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

真夜中の弥次さん喜多さん

G

爆走!青春ロードムービー

お伊勢を目指せ!時代劇の常識をブチ破る奇想天外な冒険!ディープに愛し合う、ワイルドで男らしい弥次さんとヤク中の喜多さんは“リヤル”を探してお伊勢さまを目指す“てめぇ探しの旅”に出発。しかし、行く手には笑いをとらないと通れない関所、歌い踊る主人のいる茶屋、アーサー王のとろろ汁屋など奇天烈な関門が・・・。果たして二人の旅はどこにたどり着くのだろうか!?

詳細情報

関連情報
原作 しりあがり寿:音楽 ZAZENBOYS:撮影 山中敏康:照明 椎原教貴:美術 中澤克巳:スタイリスト 伊賀大介:録音 藤丸和徳:整音 浦田和治:編集 上野聡一:VFXスーパーバイザー 田中浩征:VFXプロデューサー 曽利文彦
音声言語
日本語
制作年
2005
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2019-12-20 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

時代劇・歴史劇邦画ランキング

真夜中の弥次さん喜多さんの評価・レビュー

3.1
観た人
6137
観たい人
1233
  • 3.0

    かおりんさん2021/09/17 16:07

    公開当時、母に誘われて観に行ったことを思い出して記録。

    とにかくぶっ飛んだ映画だな、ということしか覚えていない笑
    個性的な俳優さんがたくさん出てましたね。もう一度観てみようかな。

  • 1.1

    サクラさん2021/09/16 08:46

    私が幼稚園児の頃、母が観てたので、私も隣で観ていたけど、トラウマになった。
    今は物語自体覚えてないけど、小さい頃の私にとってなんだかすごく気持ちの悪い感覚になったことだけはっきり覚えている。
    肩から人の顔?が出ていたのが当時の私にとってとても恐怖を感じた。
    大人になった今、改めて見返したいけど、少しこわい。多分今なら怖いとか気持ち悪いという感覚はないと思うけど、やっぱり、こわい。

  • 3.4

    まさん2021/08/23 15:54

    クドカン脚本お馴染みのキャストがいっぱいだった。ストーリーいまいち理解できなかったところあるけどクドカン節炸裂しまくり!

    数秒だけ出てきた妻夫木くん可愛い

  • 5.0

    bettyerikoさん2021/08/14 23:09

    数年に一回は観たくなる中毒ムービー💘
    いや、青春時代のバイブルと言っても過言ではないくらいハマッていた(笑)
    髭の花魁の歌がどこからともなく自然と頭に流れてきてニヤニヤしてしまう…
    こんな映画、きっとクドカンだから撮れたんだろうなぁ!
    愛し合う男二人でお伊勢参りとか最高かっ!!

  • 2.0

    いじみさん2021/08/12 13:52

    はちゃめちゃですね。
    しりあがり寿の原作ね。
    よく映画にしたな。
    出演者は豪華だしね。

    でも、この感覚はよくわからない

  • 3.4

    Franroseさん2021/07/23 14:04

    もう、期待以上に面白い。とても良かった。長瀬君とか興味なかったのですが迫力頑張り演技がとても良い。七之助さんも、長瀬君の奥さん役も良かった。後は噂に聞いてた豪華脇役キャストもナイス!最後の「不健康ランド」と三途の川はもう素晴らしい。いやあ、やはり百聞は一見にしかずです。

    とはいえ、つぼにはまったのは私ですが、やはり好みは分かれるのかしら。まあ、それはしょうがないとはいえ、ここのところ、ずっと邦画は出来栄えがいいのですが、ヒットと思いますー。思わず音声解説まで聞いてしまいました。

    ちょっとだけ思ったのは、「てやんでぃ!」や「べらんめぇ!」「こちとら」みたいな江戸っ子言葉、英語には訳せないよなあという事。今朝たまたまそんな事を思ってたら実はDVDに英語字幕があったのでちょっと見てたら、やっぱり現代風の訳し方でした。というか言葉がない?この本来の言葉の感じは日本人でないとわからないかも。。。

    外国の人にもわかってもらいたいと思いつつ背景というのは三途の川にしろ、難しいかもと思いました。だから逆に、そのての映画が日本で公開されたとき、本国で大ヒットしても日本ではいまいちだったりするんだよね。「おかしなおかしな訪問者」とかもそうなのかもしれない。ジャン・レノがでてたけど。

    とはまあ、それはともかく、いやあ、とても良く出来た作品でした。面白かった。

    2006年鑑賞記録

    追記:そもそも原作が「しりあがり寿」なのでそれをきちんと作品に出来たことじたいがすごい!

  • 5.0

    かいとさん2021/07/12 12:38

    60億
    長瀬さんの一つ一つのリアクションはやっぱりピカイチ
    そこまで演出する!という宮藤さんの好きなところ

  • 1.5

    ブタブタさん2021/07/09 17:14

    「ホモ」ってハッキリ言っちゃうのが矢張り15年前の映画なんだな。
    有名人が次々に出てきてひと笑い?とって、はけて行く所は最近自分はもう見なくなった年末の番組みたい。
    しりあがり寿による原作漫画『真夜中の弥次さん喜多さん』及び続編『弥次喜多indeep』
    特にindeepは『バカボンド』と『ワンピース』を押しのけて第5回手塚治虫文化賞を取った程の作品。
    『indeep』の前半のシュールでSFでコントであり怪談もある、時間や空間を自在に行き来するカフカやディックみたいな世界は本当に凄い。
    ただ後半になるとファシズムへの批判や風刺、『1984』みたいな話しになって少しも面白くなくなる(この後半部分が凄い、評価する人も多数。手塚治虫文化賞取ったのもこの後半部分による物も大きいと思う)
    この映画版は『真夜中の~』の映画化。
    やっぱりこういう時間や空間を自在に行き来し、シュールかつ其れをギャグやコメディにするのはセンスも必要だけど日本でやるには圧倒的に予算が足りないのだと思う。
    福田雄一作品て謂わばコレのエピゴーネン。
    時代劇パートでも着物とチョンマゲのコスプレにしか見えないから突然現代になったりしても別に違和感がないので単なるコントにしか見えないのが辛い。
    原作漫画の持つシュールさやデタラメさが実写ではやっぱり無理なのか。
    『パンク侍、斬られて候』の習作的な感じもするけどパンク侍もあんまり上手くいってなかった。
    松本まりかさんは15年経っても全く年取ってない。




  • 2.8

    けいこさん2021/06/28 17:19

    16年ぶり、2度目の鑑賞。

    俳優陣が豪華で軽すぎなタッチは昔から変わっていないんだなあ、宮藤官九郎は。
    が、他の作品に比べると、物語として成立していないというか、支離滅裂感が半端ない😅




  • 2.7

    alienchibullさん2021/06/09 20:17

    ところどころの小ネタは面白かったものの、全体的には寒い感じだった😨
    クドカンちょう好きだけど、なんかちょっと受け入れられなかったな😂

    同性愛に嫌悪感抱いたことないけど、イチャイチャぶりがしんどく感じた。
    BL好きの人向けなのか!?

    キャストがめっちゃ若いのでそれは楽しめたな😋

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す