お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ベスト・オブ・エネミーズ ~価値ある闘い~

G
  • 字幕

タラジ・P・ヘンソンとサム・ロックウェルのW主演による実話に基づく感動の友情物語。

舞台は人種問題が白熱していた1971年夏のノースカロライナ州ダーラム、討論会の議題は学校の人種統合である。弁の立つ公民権運動家アン・アトウォーカーと、白人至上主義をかかげる過激派団体の支部長を務めるC・P・エリスはしぶしぶ地元の討論会の共同議長を引き受けたにより友情が育まれ始める。しかし、その裏で投票者たちへの妨害工作を企てる者たちがいた。ダーラム、そして二人の人生を一変させる衝撃のラストが待ち受ける。

詳細情報

原題
THE BEST OF ENEMIES
関連情報
原作:オシャ・グレー・デビッドソン
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2019-12-04 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
販売終了2020-10-15

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
販売終了2020-10-15

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

ベスト・オブ・エネミーズ ~価値ある闘い~の評価・レビュー

3.9
観た人
199
観たい人
1127
  • 4.1

    Takoさん2021/04/04 21:58

    こういう映画心動かされるなぁ、
    CPの勇気ある行動、もっと評価されて映画化とかされててもおかしくないんだけどね。

  • 4.0

    YYamadaさん2021/03/21 13:36

    【実話に基づく傑作映画たち】
     ~事実は小説より奇なり

    ◆ベースとなった史実
    〈学校施設の白人・黒人「統合」〉
     ~「人種隔離政策」緩和 / 1971年
    ・場所: アメリカ/ノースカロライナ州
    ・人物:
     アン・アトウォーター(公民権運動家)
     C・P・エリス(KKK幹部)

    〈見処〉
    ①わずか半世紀前の出来事と思えない
     実話に基づくストーリー
    ・『ベスト・オブ・エネミーズ 〜価値ある闘い〜』(原題:The Best of Enemies)は、
    1996年のノンフィクション小説『The Best of Enemies: Race and Redemption in the New South』を原作とした、2019年に製作されたドラマ映画。日本では劇場未公開作品。
    ・舞台は、人種隔離政策が続く1971年のノースカロライナ州ダーラム。黒人専用の学校が火災に見舞われたことから、白人・黒人の教室を統合する必要性がありながら、それに異を唱える住民とそれを支持する住民たちの対立は深まる一方であった。・事態を重く見た役所は黒人活動家、アン・アトウォーター(タラジ・P・ヘンソン)とと白人のKKK幹部であるC・P・エリス(サム・ロックウェル)をを招いて協議の場を設ける。
    ・正反対の立場でありながら、アトウォーターとエリスは共にブルーカラー層の出身で、家族トラブルを抱えているという共通点を持つ2人は、奇妙な友情を育んでいくが…。

    ②結び…本作の見処は?
    知名度の低い作品ながら、余韻溢れる終盤は、まさに「掘り出し物の佳作」!
    ○: 対立していた2人が次第に歩み寄っていく姿を、主演二人のリアリティ溢れる演技で表現により、胸を打たれる作品に仕上がっている。とくに終盤の「投票シーン」と「ガソリンスタンド」の描写は、胸を熱くされる。
    ○: わずか50年前とは思えない実話。根深い社会格差を描くための題材に合致している。
    ○: 『スリー・ビルボード』同様に、サム・ロックウェルによるクズ人間の覚醒ぶりが
    ▲: ちょっと長い。。

  • 4.2

    しめさばさん2021/03/20 17:02

    敵だと思っていた相手に相違点を見つけ合う事が理解者になる近道なのだろうな。
    こんな素晴らしい2人のストーリーあんまり話題に挙げられていないのが不思議
    かと言って私が投票に参加したあの女性だったなら同じく声を上げたくても怯えて従ってしまうのだろうな…と感じた
    強者はマイノリティに手を挙げ凡ゆる手を尽くして嫌がらせをするが、弱者は手を差し伸べ迎えてくれる
    白人至上主義者、特有の常に何かと闘って優位に立たないと気が済まない人達が集まる究極のグループがKKKなのだろう

  • 4.0

    ChiharuSasakiさん2021/03/15 03:34

    KKKのトップリーダーと黒人アメリカ人活動家達の間でこんなことがあったなんて、知りもしなかった。最後のシーンは、めちゃくちゃゾクゾクした。
    Charretteという物事を決める時のデザインプロセス、似たような事例を紛争後のアフリカで聞いたことがある。そういう場でも、こうした一部での真実の和解は起きるのだろうか。

  • 3.5

    cocoさん2021/02/11 19:37

    白人至上主義者はアホな集まりだとしか思ってなかったが、大半は宗教のように弱い人たちの拠り所になっているんだなと思った。何かに属すことでしか生き甲斐を見出すことができなくて、自分の弱さを見せたくないから他者を排除するんだろうか。

  • 5.0

    unkosamさん2021/01/17 14:14

    こうして実話に基づく素敵な物語って沢山あるけど、いまでも、恐らくこれからも差別って無くなることがない
    けど少しでも信念を信じて行動できるのが素晴らしいし、少しずつが集まってたくさんの変化を起こすことができる
    生きるってこういうことなんだろうなぁ
    周りに影響されて自分を見失わない、枠に囚われない思想がもっと発信されて、お金だとか地位だけではない、豊かな人間が増えたらいいと思う
    これこそ映画の醍醐味
    ご本人達やこの作品に関わった全てのひとが素晴らしい

  • 5.0

    阪本嘉一好子さん2020/12/31 04:57

    この映画が米国の1971年だということがひっかかった。なぜかというと、1964年に公民権法が成立しているし、ブラウン対教育委員会裁判はとうに可決されているし。。。。。しかし、ノースキャロライナは名前は北キャロライナというが、実際はアメリカの南部の州なのである。最高裁で可決して、人種隔離が廃止されたといっても州法が生きているから、南部はまだまだ人種差別制度が残っている。

    実は、ノースキャロライナ州で、いつ公立学校においての人種隔離が廃止されたのか映画の後調べてみた。
    私の検索が正しければだが、1971年とでた。ある記事では、ノースキャロライナのダーハム(Durham)ではある家族の1959年の訴えで(MaKissick Family)公立学校は人種隔離ではなくなったと。でも、ダーハム市全体はこれから十年以上もかかって人種隔離が廃止されたとあった。

    この映画は1971年の夏、夏休みにシュレーット(Charrette)が始まった。このビル レドリック(Babou Ceesay)はマネージャーで彼の役割に興味があった。10日間で、黒白の敵同士の人の心を動かしていくんだから。それも、KKKのリーダーのC.P.(サム ロックウェル)の心を動かしたわけだから。
    ビルはNAACPかと思ったけど、いや、そうなると、C.P. が受け入れるわけないと思った。
    映画の後、調べたことによると、1971年ごろ、ビルは自営でコンサルタントの仕事を始めたらしい。ダーハムのWilbur Hobbyという労働組合のリーダーがビルをシュレーット(Charrette)としてダーハムに招いたと。このミーティングはThe American Federation of Labor and Congress of Industrial Organizations (AFL –CIO)主催で国が金を出している。ということはこのシュレーット(Charrette)の出席者は幾らかのお金を貰っていることだと思う。

    シュレーット(Charrette) という形は、真っ向から対立する意見をまとめるだけでなく、このような形式は会議で使われる。特に、教員の会議(PD)で学校の問題点を解決方向に持って行ったり、教員がまとまって、問題解決の方向に進めるようにする。個人的にはこれほと、分断しているトピック会議に出たことがないので、『change』における達成感、または失望感を経験したことがない。米国は分断の時代にあるが、このような映画は人々に『change』という心を与える。Charretteでもう一度、課題をテーブルの上に全部出して、人と人が交わり、課題以外の話題で繋がり、お互いを見直していけるのではないかと思う。

    この映画はかなり多くの人に感銘を与えたようだ。ハリウッドの監督や俳優がでている。ストーリーは『誰でも馴染がある』とは言えないかもしれないが、グローバル的に分断が広がった社会にこの作品は人々に『人間はいつでも変われる』という深い意味をもたらす。

    この映画で一番好きなシーンを書いておきたい。シュレーット(Charrette)が行われた会場の廊下にはKKKの勧誘パンフレットとユニフォームが飾られている。ここに、3−4人の黒人の男性とがきて、パンフレットを破ったり、マスクを取ったりする。その時、
    アン(タラジ・P・ヘンソン)が『パンフレットを読め』と。これはとても大事な概念なんだよ。分断の時は相手を知る/相手の気持ちを理解することが大事になってくる。これは、教員が生徒によくいうことなんだよ。相手を知ることで、そこに、相手の立場で物事が理解できるようになり、心が動き、分断に歩み寄りが出てくるんだ。この映画でも、このシーンをC.P.が部屋から見ていたんだよ。(気づいた?)彼の心をうったんだよ。

  • 3.0

    Fitzcarraldoさん2020/11/20 19:17

    "The Best of Enemies : Race and Redemption in the New South" by Osha Gray Davidson

    1996年のオシャ・グレイ・デヴィッドソンの原作に記された実話に基づく、日本劇場未公開であったRobin Bissell監督デビュー作。

    この監督はプロデューサーとサントラと役者もやってたようで…50歳を過ぎての監督デビューなのだが、興行的にも大失敗したのでもう監督は、できないだろう…。


    とっても食いつきが良い題材なはずなのに、終始…無難。可もなく不可もない。画作りもホントに普通。もう少し雰囲気出せそうな箇所もホントにあっさりしてる。まるで制作期間がタイトなテレビドラマのような、ながら見でもいけてしまうような…耳でセリフを追っかけていけば、間に合ってしまう感じというか…映像的表現に特化したものがまるでない。

    ただSam Rockwellだけは安定して素晴らしかったけど。まさか自分がKKKの支部長だったC.P.エリスという男に感情移入できるとは…もちろん彼が心変わりし始めるところからだけど…

    しかし、全体を通してのバランスが悪い。エリスと比べるとTaraji P. Henson演じるアンという黒人運動家の側をあまり描いてない。

    エリスか抱える子供の問題やKKKとの狭間に揺れる様をみて、心の移ろいは読み取れるが、アンの置かれた事情が全く提示されないのは不均衡であろう。黒人の女性だから言わずもがな?という扱いなのか…右にならえというか、ご多分に漏れずというか…アンならではのパーソナルなところが見えない…

    お節介なのは分かったけど、なぜそうするのか?なぜそこまでの熱いハートを持つに至ったのか…そこを見たかった。取材不足なのか構成の不備か…

    とにかく出てくるアメ車が全部カッコイイから、それだけでも気分は多少は上がるけど…年式とか名称は分からないけど、FORDが多かった。



    シャレットの開催
    シャレットの成功には運営委員会の熱意が必要です。まず大切なのは開催を周知し、できる限り大勢の市民に参加してもうこと。

    共同議長にアン・アトウォーターとC.P.エリスを推薦。

    エリス
    「値踏みされる謂れはないが答えてやる。全て黒人の要求から始まり、人は黒人に耳を傾けてばかりだ。だが白人の望みはどうなる?」

    アン
    「全て持ってる」

    エリス
    「持ってない。わずかに残ったものも奪われてる。南軍の歌"ディキシー"を学校で流せないし、南軍の旗を球場で掲げられない」

    アン
    「あの旗のもと、黒人の子供に野球をしろと?」

    エリス
    「誇りある南部の歴史だ」

    アン
    「白人の誇りだろ!私たちのじゃない」

    エリス
    「黒人が教えるキング牧師だって、俺たちの歴史じゃない」

    んー凄い言い分だけど…これがKKKの支部長クラスの見解なのか?…島国日本に住む自分には、どちらの見解も理解できるとは決して思わないが寄り添おうとは思う。


    弱者に寄り添うのは当然かと…
    人災でも天災でも、被害に合った人を救わなくてはと思うのは、人間に課せられた良心があるゆえだろう。しかし自分さえ助かればいいと思う人もいるのもまた事実…


    KKKの衣装を飾ることに、泣く泣く同意したアンだが…若い黒人の男の子たちが展示されたKKKの衣装の帽子を剥ぎ取る。それを目撃したアン。KKKの中身を知るためだと諭して家へ帰す。剥ぎ取られた帽子を元に戻す時のアンの表情が半端ない!いろんな感情が身体全体から湯気のように発している。これは凄い!震える…



    親としての無力感はあなたも感じてるはずでしょ?という鋭い指摘をするアン…そしてエリスのダウン症の息子ラリーの部屋に新しい患者が入院すると、ラリーは怯えて暴れる。それを見て看護師に個室に移せと凄むエリス。

    エリス
    「個室はいくらだ?」

    看護婦長
    「1週間75ドル高くなります。払いますか?」

    エリス
    「(財布を漁り札束を出す)これで16ドルだ」

    白人だけど金のないエリス…辛い。ここで同情してしまう…。



    KKKの下っ端共が、同じ白人であるベトナム帰還兵でお店を経営しているトロンブリーと、美人のお姉さんを脅したけど…
    それでは勝てないんじゃない?…黒人6対白人6なんだから、勝つためには黒人の方にも脅しを入れないと!白人を脅したところで、6-6でしょうが!何をしてんの?!そこに気づけよ!

    怖いから投票しない!とか泣き寝入りした白人の美人お姉さん。大した説得もしてないのに、普通に投票の現場にいるし!なんなん?


    パートⅢの案は…この案自体がどうなんだろ?…いまいちな印象を受けるのだが…中途半端で微妙。これだと黒人サイドも気持ち良くないというか、逆に危険なのでは?


    3分の2の8票で案は通過と説明されたが、7対5になったら、どうすんの?多数派だが、3分の2に達しないから廃案?それとも、やり直し?それも予め説明しといてくれないと…

    ずっと、疑問持ったまま見てなくてはいけないんですけど…読めない漢字を飛ばして読んだつもりになって先に進む小説みたいに気持ち悪い。

    ラストバッターのエリスの投票の時点で7対4なんですけど…KKKの会員証を出して云々エリスは結果をなかなか言わないけど…YESでもNOでも3分の2いきません!しかも、いまさら思ったんだけどKKKって素性明かしていいの?秘密結社じゃないんだ?

    大っぴらに素性が割れたら黒人は復讐し放題じゃん!


    投票で裏切るエリス…

    支部長クラスが鞍替えするなんてことがホントにあったのか…

    仕返しにエリスのガソスタが襲撃される。給油口に火をつけて火炎放射器のように空に炎が上がる。よく爆発しないな…実際にやったら爆発すんだろ…


    ラスト…暴れん坊アニー改めお節介アニーの世話焼きに泣いてしまった…黒人の車が隊列をなしてガソリンを入れにくる…

    エンドクレジット。

    アンとC.P.は共に全米を回り、この経験について講演した…

    そして…本人登場!

    Ann
    「私の友人になったことでC.P.は多くを失ったよ」

    C.P.
    「人生の大転換に代償は付き物だ。代償は必ず払うのだと身を持って知った」

    Ann
    「友情で結ばれたんだ。ケンカしても仲直りして30年来の付き合いになり、今も友達だよ」

    C.Pの葬儀ではアンが弔事を読んだ…

    本人映像を交えたドキュメンタリーの方が面白そう…

  • 3.8

    随你行さん2020/11/13 22:17

    いやいい映画だった。白人と黒人も学校統一をめぐる実話を描く。アメリカ最大の社会問題である人種差別へのこの映画がもたらすメッセージ性をとても感じる。クランに所属しながら、次第にいい人間味を出すサム・ロックウェルが素晴らしい。スリー・ビルボードでも印象深かったけど、今作もめちゃいい。

  • 4.0

    おじょーさん2020/10/29 14:22

    良い映画でした。

    今、また世界中で多くの人々が直面している問題がこの作品のテーマです。

    歴史は繰り返されるのか…と胸が痛くなる。

    コロナによって海外に住むアジア人も差別を受けている。

    映画の話ではなく、現実で起きている。
    今も見えない何かに怯えながら生活している人々がいる。

    コロナが怖い、と思っていた。
    今はそこに人間も怖いがプラスされてしまった。

    シャレットというまちづくりの手法は初めて聞いた。
    日本でもこの手法を取り入れたまちづくりをしているところもあるよう。


    人の考え方はなかなか変えられないと思う。
    余程のきっかけがない限り難しい。

    反対する人間と賛成する人間とが話し合う機会を設けても、まず話し合う土俵にすら立てない。

    シャレットの初日はそんな状況だった。
    ビルの心が折れかけた気持ちがよく分かる。

    もうシャレットは始まってしまった。
    スタートしたのならとにかく結果がどうであれゴールしなければならない。

    ビルが中立的立場でシャレットを進めて行く。
    ランチの席を指定したり、誰よりも変化を求めていたと思う。

    まずはお互いの意見を聞くことが何よりも大切だから、と。

    なぜ人種統合をしたいのか、なぜ人種統合に反対なのか、お互いの気持ちを知らないままではシャレットの意味を成さない。


    神を信仰している。
    ケガをすると赤い血が出る。
    子を持つ親である。

    共通点ならいくらでもある。

    親が我が子へ、その子が親になり子へ…。
    無限ループのように教育されていく。

    親が子を思う気持ちは同じなのに、教える中身は人種差別をする側、される側で異なる。

    黒人男性のこの話はとても胸が痛くなる場面だった。


    KKKのやっている事には驚愕した。
    白人が白人を苦しめているのだから…本末転倒だ。

    同じ経験をするとその人の気持ちがよく分かる。
    初めてきちんと理解できると言ったほうが正解かな。

    相手の立場になって考えることがいかに大切か改めて教えられた。

    簡単なようで難しい。
    自分のためではなく他者のため。

    他者が幸せだと自分も幸せだという考え方が好きだ。
    他者の幸せを願いながら生きたいものである。


    だからこそ、このタイミングでこの作品と向き合えて良かった。

    もう一度言う、良い映画でした。

    147/2020

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す