お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

絶望の怪物

G

アニメファンがざわついた個人制作劇場アニメがついに登場!!

ある日、中学生の星野葵は自分と家族が醜い宇宙人の怪物だと知る。彼女と弟の雄太はそのことを知らないまま育った。両親がずっと隠していたから。怪物はおぞましい姿をしている。彼らは薬を使って人間の姿に化けていた。その薬がなぜか葵にだけゆっくりと効か なくなっていく……

詳細情報

原題
DESPAIR OF THE MONSTER
関連情報
プロデューサー:コタニジュンヤ 音楽:AKIKO
音声言語
日本語
制作年
2019
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-02-19 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

アニメ邦画ランキング

絶望の怪物の評価・レビュー

3.5
観た人
17
観たい人
48
  • 3.8

    黒猫式さん2020/04/04 15:05

    Amazon primeレンタルにて鑑賞。
    ちょうど良いダークSF短編アニメ。
    日常がズレていき、絶望へと落ちていく様を割と淡々と描いているが、シンプルなピアノのBGMと相まって不思議な綺麗さがある。
    個人的には日の出前の瞬間を描いた2カットが印象的。

    コタニ監督は漫画家(自身のホームページで閲覧可)であり、アニメーター経験を経ずに個人製作ということでデジタル万歳ですかね。

    そのうち「SMO」シリーズもアニメ化してくれたら嬉しいです♪

  • 4.5

    ひでりんstarさん2019/12/28 18:24

    シンプルに出来が良い。自主制作特有ののっぺりした画面、単調に繰り返されるグランドピアノの旋律、救いのないストーリー…観ていてとてつもなくブルーな気分にさせられる。

  • 2.7

    復活のよにださん2019/12/28 13:48

    「音」以外は全て個人制作のまさに怪物みたいな劇場アニメ。

    個人制作あるあるの、美術はキレイなのに人物残念なクオリティではあるのだが、30分の中に監督のやりたい事がものすごくキレイに収まっていて好感度が高い。

    環境に恵まれれば化ける人かもしれないなぁ。

  • 2.7

    ホイッスルさん2019/07/20 00:03

    30分の短編自主制作アニメーション。

    綺麗にまとまってたし、最短距離でエンディングまで歩き続ける作品でした。
    そして、そこそこダークで暗い作品でした。

    個人的には、もう少し遊びがあってもいいのかな、なんて思ったりもしました。。

  • 2.7

    irodoriさん2019/07/15 19:56

    2019 47本目

    暗い雰囲気が好きということは伝わったが、逆にそれ以外は何も無い。雰囲気そのものを単体で楽しめる人でないと厳しい。作画に関しては個人製作ということで多少目を潰ったとして、演出の荒さが目立ちすぎるように思う。場面転換時にいちいち背景カットを差し込むが、特に意味はないので無駄に感じる。ストーリーにも一切の具体性が無い。
    感情的なアニメーション。

    良いところをあげるとすると、ED主題歌が個人的に好き。ただ、メロディーが良いというだけで、監督が手掛けた歌詞は本編とあまり関連性が無いのが残念だった。(関連性が無いだけで歌詞もそこそこ好き)

    良くも悪くも「作りたい」という思いが先行し過ぎている作品でした。

  • 4.0

    ノラネコの呑んで観るシネマさん2019/07/14 20:40

    ある日突然、自分が人間でなく、異形の宇宙人であることを知ってしまった女子高生の物語。
    コタニジュンヤが音関係以外、一人で全て作り上げた30分の短編アニメーション。
    一家は特殊な薬で人間に化けていたのだが、主人公には薬の効果が薄れてくる。
    決して商業アニメーションの様に洗練された作りではないが、短い尺の中でやりたいことが明確で、ストーリーにもテリングにも力がある。
    使えば使うほど効かなくなってくる薬。
    自分が怪物であることがバレるのを恐れる主人公の中に、絶望という名の別の怪物が頭をもたげてくる。
    平凡な日常が急速に失われても、帰る星も無く、抗う術も無しという救いのない状況。
    主人公の中に最後に残るのが、始まってもいないかった初恋の記憶というのが切ない。
    エンディングの主題歌もえぐってくる。

  • −−

    はなさん2019/07/11 16:54

    冒頭の家族の会話で引き込まれてしまった
    最後の歌でどん底に落としてくる感じ…と思ったら作詞も監督の人だった

  • −−

    まめたぬきさん2019/06/23 20:01

    30分の中に、きれいにストーリーがまとめられていて、内容もとても面白かった
    一つ気になる点があるなら、主人公の声の甲高さが耳に障る所が…。

  • 4.0

    JTさん2019/06/11 19:59

    先日オープンした大須シネマさんにて鑑賞

    音響と声優以外ほぼ全てを監督が独力でこなした作品だそうな
    最近こういう超人さんがちらほらいるけどお身体大切にしてくださいね?

    30分の短い作品だったけど切なめに綺麗にまとまってたなーと
    短編らしい短編というか

    あとお母さんが可愛い

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る