お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

エスケープ ナチスからの逃亡

G
  • 字幕

迫り来るナチスの恐怖、その時“少年”は・・・

1942年冬、ナチス占領下のノルウェー。14歳のエスターが住む小さな町トロンデンハイムにもついにナチスの手が及び、愛する家族たちは次々と逮捕、殺害されてしまう。ナチスの目をかいくぐり、なんとか一人だけ生き残ったエスターは、真っ白な雪が積もる森の中にある農場にたどり着く。人手が足りないその農場で何とか居場所を見つけたエスターだったが、その家はナチスに協力する一家であった。エスターにとって、そこで働くことは自分の家族を殺したナチスに加担することを意味する。恐怖感に怯えながら、何とか脱出の機会をつかもうとするが…。

詳細情報

原題
The Birdcatcher
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
イギリス
対応端末
公開開始日
2020-03-04 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

歴史・戦争洋画ランキング

エスケープ ナチスからの逃亡の評価・レビュー

3.5
観た人
81
観たい人
195
  • 3.5

    てけてけさん2021/03/10 02:38

    1年以上前からクリップしていた作品でようやく旧作になったため鑑賞(ケチなのでどうせなら旧作まで待つ人)。

    サラソフィー・ボウスニーナさん目当てで鑑賞した人も多いはず。

    ナチスを題材とした映画は本当にたくさんあるよな。

    それほど人類の歴史の中で与えた衝撃の多い出来事だったのだろう。

    女が訳ありで男装するは割と多いけど、やっぱり男が女装することが少ないのは男性のほうが身分が高かったことと、単純に女装しにくいことが関係しているのだろうか。

  • 2.4

    シネフィルmonkさん2021/03/06 08:55

    U-NEXTでポイントが溜まっていたのでフィーリングで視聴した作品。

    ナチス・ドイツ占領下のノルウェーが舞台。ナチスのユダヤ人狩りが小さな町トロンデンハイムにまで及び、家族を惨殺されたユダヤ人少女が髪を断ち男装して身分を隠しながら生き延びようとする。しかし、たまたま逃げ込んだ先が親独派の農場で…。

    ロス・クラーク監督作。サラ=ソフィー・ボウスニーナがヒロインを演じるが、扮装した少年役がすぐに見破られそうなのが少し残念な点でした…🙊。

    ※本作は視聴期間が終了しました。

  • 3.4

    ころぴさん2020/12/06 14:12

    第二次世界対戦時
    ナチス占領下にあったノルウェー
    映画や舞台が大好きな女の子
    14歳のエスター
    この一家に忍び寄るユダヤ人狩り

    密告、父親の拘束
    母と命からがら逃亡するが
    北欧の厳しい寒さの中
    エスターは一人きりになる
    真っ白な平原、
    雪に包まれた岩
    流れる清流
    とにかく
    見ているこちらが寒くなる
    ノルウェーって寒いよーっっ!
    :(´・ω・`):

    エスターが運よく入り込めた家は
    ナチスへの忠誠心が強い
    保守的な家
    厳格で暴力的な父親
    使用人扱いの妻、
    身体の不自由な息子を
    恥として隠そうとする
    息子なのに息子ではなような扱い
    この戦争時代特有なことも
    あったのかも知れないけど
    それにしてもひどい…

    どん底から這い上がって
    大きな農場を築き上げた
    苦労人の父親は
    自分も同じようにような扱いを受け
    育ってきたのかもしれない
    養護するつもりはないけれど
    愛情がわからない可哀想な人
    そんなふうにも思えた…

    男尊女卑、ノルウェーも
    こんな時代だったのか…

    髪を切り男の子として
    ユダヤ人であることを隠す
    女性としての気遣いと器用さが
    父親の望む息子像と重なり
    重宝されたおかげで
    居場所が確立されていく
    ここでの
    恩人でもある息子との関係
    母親との関係が
    その後の動向に絡んでいく…

    エスターが女性であることが
    バレてしまう出来事が起こるんだけど…あれって…何🤔
    :(´ºωº`):

    ユダヤ人エスターの
    逃亡劇だけでなく、
    戦時中のドイツの一般人の
    ヒトラーに威圧された
    暮らし、考え方、
    ヒトラーが滅びた後の街の様子
    人々の変化が描かれていて
    生き延びられたのは
    一握りかもしれないけど
    こんな人達がいたのかもしれない
    それは伝わってきた🥺

    ジョジョラビットと一緒に
    レンタルした作品で
    どちらも視点は違うけれど
    君臨したヒトラーが行った罪が
    いかに、人々の人生を狂わせたか
    そこは、同じだよね🥺

  • 3.7

    さくさん2020/07/24 14:47

    ナチスに従うことを選んだ一家とユダヤ人女性の、生きるための駆け引き。
    大局的に見ると「ナチスからの逃亡」だけども…邦題に違和感。
    復讐劇でもなく逃亡劇でもなく、良作ドラマの要素が強い。良い意味で裏切られた。のめり込むように見た。

    パパは、ナチスに靡き、実の息子に冷たく、当てつけのようにウーラを贔屓する。愚かに見えるが、極貧に喘いだ過去や、障害者がホロコーストの対象であった時代背景を鑑みると、生きるための精一杯の選択だったと思う。それだけに、最期が切ない。

  • 3.5

    bagsさん2020/07/22 21:54

    特捜部Q キジ殺しのサラソフィーボウスニーナの主演

    ナチスドイツの迫害で追い詰められるユダヤの少女
    追っ手を逃れ少年に変装
    潜伏先にはナチスに協力する夫に従う妻
    二人の違いってなんだろうね

  • 3.6

    らままさん2020/07/18 18:49

    邦題が残念すぎるけど、内容はよかった。
    テーマが戦争に留まらず多岐にわたっている重層的な映画で、飽きずに最後まで緊迫感を持って観られた。

  • 3.9

    denilさん2020/06/20 08:42

    ホロコーストの中のほんの一部の悲惨な物語。
    ユダヤ人女性という真実を隠して別の他人になり、迫害のない場所を求めるという実話らしい。
    こういう映画を観ると、私自身、日々を惰性ではなくしっかり生きねばと感じます!

  • 1.9

    りょーこさん2020/05/12 01:37

    https://twitter.com/ryoko_movies/status/1259870045154377740?s=21

  • 3.9

    あやたんさん2020/05/09 20:34

    男性の風貌でユダヤ人である事を隠し、ある家族に身を寄せてドイツ軍ナチスから逃げる女性。
    そんな簡単に男性と思わせられるの?と思っちゃうけどね🤭
    でも、最後まで飽きる事なく観れて作品自体は良作。
    最後の友情?に胸が熱くなったな😄

  • 2.0

    ぎょんたさん2020/04/22 07:51

    声、体つき、顔と少年って難しくないと思いましたが、実話ベースならありなんですかね。ラストは心が痛くなりました。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す