お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

グレート・ウォー

G
  • 吹替
  • 字幕

終戦まで数時間 ― 残された部隊を救出せよ!

第一次世界大戦末期。敵陣にてアメリカ軍部隊を率いるウィリアム・リバーズ大尉は、行方不明となっていた黒人部隊“バッファロー・ソルジャース”の居所を突き止める。仲間である彼らを救い出すためには、人種の壁を越え兵士たちを団結させ、熾烈な塹壕戦を戦い抜かなければならなかった。終戦まであとわずか数時間。果たしてこの激戦を生き延びることが出来るのか!?

詳細情報

原題
THE GREAT WAR
関連情報
エグゼクティブプロデューサー:ディーン・ブロックソム,グラハム・シューツル 撮影:ジョセフ・ロエフラー 編集:アリソン・バーグ 音楽:ハリソン・マウンテン
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-03-20 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

歴史・戦争洋画ランキング

グレート・ウォーの評価・レビュー

2.7
観た人
55
観たい人
90
  • 1.5

    gotaroさん2020/05/22 00:32

    なんだろ。全体的に足りない。。。

    まず役者達に華がない。
    メインテーマ?の白人・黒人のいざこざも足りなく、感動が少ない。(ところどころ感動させよーとしているのが見え笑えてくる)
    銃撃戦は努力あるも、ほぼ玉砕の作戦ばかり。
    ロン・パールマン 出番ないし、「連れ戻せ」しか台詞ない。


    役者には、見栄えの華と役のキャラが大事と改めて気付かされた作品!

  • 3.0

    silversamuraiさん2020/05/16 23:50

    第一次世界大戦、孤立した黒人部隊の救出命令を受けたリバーズ大尉とその黒人部隊、終戦まで数時間の間丘を死守するためのアメリカとドイツの攻防戦。

    なんか見たことあるような内容でイマイチ盛り上がりに欠けるし、ジャケットのメインになってるロン・パールマンとビリー・ゼインがほとんど出てこない。

  • 2.9

    ゆーさん2020/05/02 09:48

    第一次世界大戦終戦直前、ドイツ領内に孤立する黒人部隊を救出するために少ない仲間たちと歩みを進めるとあるアメリカ兵部隊。

    同じ部隊内で黒人を偏見し対立したりと、敵以前に仲間内で諍いが起こったりするも、大尉の戦争中は肌の色は関係ないという言葉の元、話は進んでいく。

    アクションの派手さはちょっと物足りないかなーと。

  • 3.0

    イゲさん2020/05/01 22:10

    第一次世界対戦。1918年11月11日の11時に休戦協定が結ばれる間際のストーリー。
    ドイツ領域に孤立した黒人部隊を探し、救出するミッション。
    過去に観た、ライアン二等兵を探す出す作品の様相(笑)
    それに加えもっと昔に観た、サンダース軍曹のテレビドラマの雰囲気(爆)

    出だしは銃撃戦が多く、単純にドンパチするだけの作品の印象。
    だけど黒人部隊を救出する指令が出てからの見応えはありました。

    戦争中なのに仲間の黒人を人種差別するシーンが痛々しい。
    実際にあったのか知りたいところだけど、これが本作の肝と言った感じ。

    孤立した黒人部隊をやっと見つけ出し、その数時間後には休戦。
    なのに、そこからの展開は熱い軍人魂が表現されて作品に釘付け。

    その最前線での攻防戦が生々しい。
    攻めては前進。
    攻められては後退。
    この繰り返し。
    銃、銃剣、手榴弾等の接近戦が戦争の恐怖感を倍増。
    正に「殺し合い」。

    そんな戦いの中、休戦になる時間が観賞中でも待ち遠しい。

    レビュー数も評価点もイマイチな感じな作品だけど自分的には心に響い作品だと思います( ´∀`)

  • 3.0

    りょーこさん2020/04/12 10:12

    ロン・パールマンとビリー・ゼインが出てる!って借りたらほぼ出てこなかった戦争映画

    第一次世界大戦終結間際のお話。

    こんな時ですら肌の色で差別し合うなんて、本当に馬鹿馬鹿しい。



    1918年11月11日午前11時。
    休戦協定が執行される。
    その寸前まで、各地では領土争いが起きていた。

    執行間近のフランス。

    ウィリアム・リバーズ大尉率いる部隊は、将軍(ロン・パールマン)から行方不明になった黒人小隊第365部隊を探しに行けと命令を受ける。

    なんで黒人の為に!見殺しにすれば良い!
    そんな部下もいたが、なんとか部隊を発見。
    しかし彼等は帰らず、丘の上を死守すると言う。

    大尉も彼等と闘うことを選択するが……



    国に帰れば白と黒に分けられる
    だがここでは皆兄弟だ

    とても優秀な部隊なのに、黒人というだけで無知無能と思われ、使えないと置き去りにされそうだった彼等。

    フィクションだろうけれど、似たようなことは実際起きていたのだろうな。

    大尉は黒人に救われたことで、考え方が変わった。
    しかしそうでもしなければ変わらなかったのか?

    戦争は本当にろくでもないことだけれど、良い方向に変わることもほんの少しはあった。

    しかしなんだかな。。。

    休戦までの数時間。
    ただ地図の何処に線を引くかどうか、それだけの為の戦闘。

    なんて無意味なのだろう。

  • 2.9

    ほうすいさん2020/04/12 00:05

    あまり第一次世界大戦系の映画を見てこなかったけれど、第二次に比べると銃器の差がある結構ある?、とぼんやりと。
    第一次から第二次にかけて兵器開発は進んでいたんだな、と思うと第一次の辺りの兵器も少し調べようかなと思いました。

  • 2.0

    リック吉村さん2020/04/05 03:20

    いやぁ 本場の差別は筋金いりですごい。
    俺も黒人の握る寿司と障害者が焼くパンは
    いくら空腹でも無理だ。
    しかし 話が長い 飽きとの戦いが…

  • 2.0

    ぎょんたさん2020/03/28 19:24

    ロンとビリーが出ているので借りましたがチョイ役でした。テーマは良かったですが、低予算でB級感満載の映画です。

  • 2.5

    ぽんぽこさん2020/03/27 23:01

    人種差別、PTSD、陣取り合戦
    色んなテーマが絡み合った戦争映画で
    物語自体はそこそこなんだけど

    なにせ監督のセンスのなさよ。
    音楽どーした?
    スロモの使い方とか草
    この監督の作品は観るに耐えない

    それに加えて低予算醸し出してる地味な戦闘シーン
    グロ描写も全くなく味気ない仕上がりに。

    内容が良いだけに残念。
    でもこーゆー事実があったんだなー、人間も捨てたもんじゃないなってゆーお勉強にはなりました。

  • 2.5

    けいたろさん2020/03/23 06:12

    戦争映画だけど、結構こじんまりした戦闘シーン。ま、戦うことがメインテーマではないからまだ許せるのかも。
    ギリギリまで領土を死守する為に無駄な犠牲者を生む戦い。
    戦っている者達も終わりを知っているのに戦わないといけない。
    卑怯者の自分だったら後数時間で終わるのならば領土なんて知ったこっちゃないからどっかで戦わずにやり過ごしちゃうだろうなぁと思うけど、そんなのバレたら大変なことになるだろうね。
    大変な時代ってこと、今が平和なことを改めて気付かされた。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す