お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

五億円のじんせい

G

五億円稼いで、ボクは死ぬ

幼い頃に、善意の募金の五億円により心臓手術に成功し、命を救われた17歳の少年、高月望来。健康に成長した望来は、五億円にふさわしい自分であろうとして周囲からの期待を引き受け、マスコミに晒されるという、窮屈な青春を送っていた。

詳細情報

関連情報
プロデューサー:遠藤日登思,押田興将,松田広子,中澤元
音声言語
日本語
制作年
2019
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2020-03-18 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

青春邦画ランキング

五億円のじんせいの評価・レビュー

3.7
観た人
1334
観たい人
3559
  • 4.8

    もーりーさん2021/03/05 23:44

    五億円で自分の命が救われた、それを想像したら何だか少し怖くなりました。
    めちゃくちゃプレッシャー半端ない。

    前半と後半で主人公の成長が感じられて勇気を貰えるそんな映画、お気に入りの1作になりました。

    1個だけツッコミたいのは、10年以上毎年密着と、ミライちゃん救う会の集まりを続けるのは引っ張りすぎ。そりゃ、旅にも出たり死にたくなるよ。


    2021年 映画10本目

  • 3.6

    soutaの映画まとめさん2021/03/04 11:46

    【soutaの邦画つぶやき No.287】
    "五億円のじんせい"


    五億の募金によって心臓移植手術に成功し、現在 17歳の望来。五億に相応しい人生、価値が自分にはあるのか、、自殺する前に 五億円を返す旅に出る決意をした。


    あらすじが 気になり鑑賞した。
    私自身も急病で 一命を取り留めた経験があったので、望来の気持ち分かる気がする。
    病気が治っても より良い人生が歩めるとは限らなくて、死にたいとまではいかなくても生きるのにプレッシャーは感じる。五億の恩恵が 彼を生きにくくさせていた。

    闇バイトのディープな世界へ踏み込んでいくのが少し引っかかったが、行動することから学び、稼ぐことで 生きることの本当の価値について知っていく。

    "3年A組"や"アンナチュラル"の殺人遊戯 回で印象深い演技を魅せた 望月歩 主演でとても惹き込まれた。

  • 3.6

    こんにちはさん2021/03/03 09:41

    2020年にみた。
    友達が望月歩のファンで勧められて見たが面白かった印象ただ少し微妙なところもあった。

  • 3.9

    ポチさん2021/02/28 02:09

    心臓手術のために皆からの5億円の寄付で命を取り留めたミライちゃん。

    日本人が生まれてから死ぬまでに使うお金が平均二億百万円。
    稼ぐお金は約二億三百万円。

    ミライちゃんは人生序盤で五億使ってしまっている。
    それは本来アイノカタチなのだろうけど、ミライちゃんには重い十字架になってしまった。

    自分に5億円の価値がないと思ったミライちゃんは、死のうとした。
    しかし、甘ったれが!五億稼いで死ね!
    との事で、ミライちゃんの五億稼ぐ旅がはじまる。
    この苦言者が本当にいい事を言う。

    ここまでするか!ってくらいいろんな仕事してた!童貞売っちゃったし、、

    すごい貴重な経験をしたと思う。

    あまり好きなタイプの映画では無いので文句も出そうなのに完全ガード。
    良くできている。
    付け入る隙がないじゃないか!
    ラストもよかったし、、、

    名作!すごい!ってわけじゃないんだけど、矛盾がない映画。
    触れられない所をズバっとやった潔さはすごい。よく出来ている映画なのだろうね。やっぱり。

    愛されて育った子は幸せよ。なんにしろ愛されている安心がある子は強い!
    前向きになりたい時におすすめです。

    人を好きになれる映画。

    優しさや凶器って、時と場合によって
    優しさが凶器になるし、凶器が優しさになるし、ただ優しければいいという安易さは無関心に等しいなと感じた。

  • 3.6

    コーディーさん2021/02/25 19:50

    幼少期に5億円の募金により難病を克服した望来。多額の善意という重荷を背負う彼の生かされた人生からの解放=死、の前に5億稼いで荷を下ろす旅!
    当然道は険しいがw荒波に揉まれながらも、やはり他者との関わりが自分の価値や善意の真意に気付かせてくれる素敵な物語。お伽話みたいw

    目標はどうあれ初めて自分を生きる望来の危なっかしいけど持ち前の善良さで修羅場ですら何かを惹き寄せる、そんな垢抜けない魅力に癒されるwただそれでもお伽話に振り切らないのは、ある意味世間知らずな望来が見つめる世知辛さの中の純粋さ、プライスレスな部分がちゃんと描かれてるからかなw結構好き!

    5億円稼ぐのに正攻法は無理って事で怪しい職を転々とするけどこれが結構ハードwその度にクセのある出会いもあるし飽きない。更にこの映画に関しては都合良過ぎとか気にならなかったし望来くんの程良い現実離れ感wシンプルな思考は修羅場にあっても堅苦しくなく、演じた望月歩の鼻に付かない魅力も丁度良い。

  • 4.0

    ルリイロイロさん2021/02/25 18:28

    これは是非おすすめしたいです。

    さわやかなキラキラ青春ストーリーかと思ったら違った。
    過酷な肉体労働から始まり次から次へと闇バイトに足を突っ込んでしまう「望未ちゃん」。
    それなのにどうしてか望未ちゃんはキラキラしてさわやかで。関わった人はみんな手を差し伸べたくなる。(じゃない人もいるけど)

    主演の望月歩さんの魅力が素晴らしい。
    他の人がこの役をしていたらこんなにもあたたかさや優しさや新鮮さ、そしてハラハラする気持ちも起きていない気がする。

    そして、望未と出会うことで何かが心に芽生えた人たち、いちさんや日雇い手配師のおじさんなどなどステキな人がたくさん。
    中でも闇の仕事の仲介人役の森岡龍さんとの関係がとても良かった。


  • 4.0

    ともともさん2021/02/22 21:27


    今までに考えもしなかった
    善意の圧力とか
    兄弟への期待感とか
    また新たな視点で考えさせられた。

    色んなこと起こるけど
    人の温かさが身に染みたなぁ、、


    『優しい人と優しくない人がいるんじゃない、
    優しくしたくなる人と優しくしたくない人がいる。』

    って言葉が今でもふと思い出して浸ってる。


  • 4.0

    まきんこさん2021/02/15 15:27

    誕生日は、生んでくれたお母さんに感謝する日。
    あのホームレスの人と話してみたい気持ちになった。
    みらいちゃん。いつまでもみらいちゃんじゃないよね。成長したね。

  • 4.0

    Haru22さん2021/02/14 23:10

    みらいちゃん役が
    ハマり役!とても素敵な俳優さん!
    出てる方が皆よかった。

    未成年は守られている。
    この映画は極端かもしれないけど
    普通にご飯と寝る場所があって
    普通に仕事ができることほど
    幸せなことはない。
    極端だけど分かりやすい。
    恵まれていることに慣れてしまった
    今をつまらなく感じている
    若い子に見て欲しい映画。

    賞味期限切れのおにぎりすら
    食べることに躊躇してから、
    経験し、顔つきが変わっていく。
    そのままで居て欲しいな、と思わせる
    みらいちゃんでした。

  • 3.6

    46さん2021/02/14 16:08

    優しい人と優しくない人がいるんじゃなくて、優しくしたくなる人とそうじゃない人がいるんだって。生かされてるんじゃなくて生きてるとおもって生きていきたいね
    旅!

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す