お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

WALKING MAN

G

どん底からラッパーを目指す”音楽&青春”映画!

川崎の工業地帯。幼い頃から人前で話すことも笑うことが苦手なアトム。極貧の母子家庭で、母と思春期の妹ウランと暮らしながら、不用品回収業のアルバイトで生計をたてる日々を送っていた。ある日、母が事故にあい重病を負ってしまう。家計の苦しさから保険料を滞納していた一家に向かって、ソーシャルワーカーの冷淡な声が響く。「自己責任って聞いたことあるでしょ?なんでもかんでも世の中のせいにしちゃダメだからね」。毎日のように心無い言葉を投げつけられるアトムだったが、偶然ラップと出会ったことでバカにされながらも夢へと向かっていく―。

詳細情報

関連情報
企画・プロデュース:高橋ツトム 製作:藤田晋,勝股英夫 エグゼクティブプロデューサー:西山剛史 音楽:ハリマユウコ,K.A.N.T.A 美術:露木恵美子
音声言語
日本語
制作年
2019
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2020-04-24 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

青春・学園邦画ランキング

WALKING MANの評価・レビュー

3.1
観た人
1942
観たい人
2169
  • 1.0

    ManaTwunさん2021/09/13 08:37

    なめんななめんななめんな♪が頭から離れなくなる。妹家族のくせにやばすぎてアトム可哀想になった。映画自体、短って感じた。t-pablow演技上手いしイケメンだった。以上

  • 4.3

    のどちんこなし男さん2021/09/07 07:03

    日本のHIPHOPとバトルとラッパーが好きだからテンション上がった場面がいくつもありましたが、それらに興味無い人が見たら微妙な作品なんじゃないでしょうか。

    HIPHOPの世界に魅了されていくのをもっと丁寧に描いて欲しかったし、妹は自分でお金を稼いで助けて欲しかった。

    前半の不幸な生い立ちの描写も、演技臭いシーンも多く、ANARCHYが映画素人と言えど安っぽいカメラワークや演出が多く見受けられました。

    8mileもそうだけど、色々あったけとま1歩を踏み出して終わるって感じで、HIPHOPドリームを叶えるまでが見たいなぁと。
    最後も急に1年後、じゃなくそこまでの道程が見たかったです。

    ただ、野村周平がANARCHYへの寄せ方が凄まじく上手で衝撃でしたもう最高。

    あとTーPablowがかっこよ過ぎたので言う事ないです。やられっぱなしで良いのかよのシーンが好きすぎるので、もう少し主人公を影から見守ってアドバイスをする描写を増やしてくれたら良かったです。HIPHOP界に1人でも認めてくれてるような立ち回りのキャラクターいたら面白くなるじゃないですか。

    邦画全般に言えることなんだけど、「食べられる」とか「なにか」とか接続詞とか、登場人物の口調が丁寧すぎるのがリアリティに欠けているなぁとつくづく思います。

    あと最後に測量機を捨てるのが、グーニーズで吸入器を捨てるシーンみたいで大好きです。

  • 3.7

    山崎さん2021/08/29 00:44

    この世は全て自己責任
    そのワードが多く聞こえた
    たしかに自己責任の所は沢山あるけれど、全部が全部そうなのか?
    父親が他界して母親が女手一人で子育てして一生懸命頑張ってるけど支払いが遅れてしまう事は自己責任?
    クラスでいじめられて、狭い世界で逃げ場もなく、自殺してしまう事は全てその子が悪いの?なこと絶対ない
    世の中、数人、何人かは違った意見を言うかもしれないけど、そんな馬鹿な話はなくて自分の未来は確かに自己責任
    でもその瞬間、弱ってる人や困ってる人に対して、自己責任というワードを押し付けるのは違うんじゃないだろうか
    同じ同種族として助けてあげる事が人間がすべき事なんじゃないだろうか
    世の中固定概念が多すぎる


    例えどんなにクズになってもどんなに苦しくても上がるやつは上がる
    やるやつはやるぞっていうANARCHY の強い気持ちとガッツ感じた

  • −−

    小野洋平さん2021/08/28 08:00

    登場人物と事象が前半に多くて、もっと長くて丁寧だったらなと。でも、良い終わり方。野村さん、アナーキーを踏襲しまくり。あと、コインランドリーのシーンの変わり方だけ、残念。いろんなラッパーが観れたのは嬉しかった。

  • 2.8

    yuuさん2021/08/26 11:21

    内容的にはそれほど、野村周平がかっこいいから最後まで見たけど、アトムがラッパーに至るまで練習や苦悩がもっと表現されていたら感動していたのかもしれない。
    ビフォーアフターがすごいのにその過程が心の変化くらいしか表現されてなくて、もっと技術面など他の点も表現して欲しかったなあ。

  • 3.6

    いかたこさん2021/08/24 00:54

    ラップの世界に徐々に引き込むというよりは、初っ端に底の底を見せつけて逃げるか浸かるかの選択を迫るような映画。最後のライブシーンでの曲、野村周平の歌い方含めてanarchyすぎて圧巻だった。

  • 2.9

    KENTACHIBANAさん2021/08/20 12:25

    最後のラップシーン良かったし、野村周平の演技もキレてた。
    カメラワーク、編集含む演出がダメすぎてもったいないの一言。

  • 3.6

    やまはさん2021/08/18 17:41

    格好だけじゃない心からの叫びを綴る日本語ラップが好きだと改めて思わされた。頭の中で永遠と野村周平とANARCHYが舐めんな舐めんな舐めんながリーピトされる。

  • 3.2

    AzusaKawakuboさん2021/08/17 20:17

    最後のいけてる野村周平を見るための1時間半。野村周平のニット帽(深め)がイケメンすぎて本当きゅんです。

  • 5.0

    Taigaさん2021/08/15 16:35

    日本の8mile
    HIPHOPが好きしか見てないような映画だろうけど万人に見てほしい。
    大人になると大なり小なり責任がついて回るけど、自分の選んだ道に責任が重くのしかかるのがアングラの世界。
    当たり前に進学して当たり前に企業に入る若い世代のどれくらいが自分の「生き様」に責任を持とうとしてるのか…

    最低の環境でも最悪の環境じゃない。
    片親でも金なくても、夢持って生きれば最悪じゃない。

    作中歌が軒並み最高だった
    WALKING MAN THE ALBAMのラインナップに加えてBAD HOPのOcean View、ANARCHYとAwichのPromise、バトルビートで使われたWHORU?なんかも必聴

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る