お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

スクール・デイズ

G
  • 字幕

この世は愛で満ちている。実話だから描ける感動が、ここにある!

13歳のニコルは、国語の課題をスタンリーと組み発表することに。彼は人一倍、背が高く、赤毛で耳が大きな容姿をみんなからからかわれていた。そんなスタンリーと組むのは嫌だったが、尊敬するサイモン先生に諭されて渋々納得したニコル。校内でいじめられている子たちは、校庭の片隅にある“変人の庭”に集まっていた。ある日、いつもそこにいるカレンが、ジェイソンからひどいいじめを受け、サイモン先生が激怒した。そのことを逆恨みしたジェイソンは、両親に先生が同性愛者だと言いつける。その後、そのことが問題となりサイモン先生の立場が悪くなってしまう…。

詳細情報

原題
That’s What I am
関連情報
製作:マイク・パヴォーネ,デニス・カミアン 撮影:ケネス・ザンダー 音楽:ジェームス・レイモンド 編集:マーク・ポロン
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2011
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-06-03 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ラブコメディ・青春洋画ランキング

スクール・デイズの評価・レビュー

3.7
観た人
299
観たい人
226
  • 4.0

    怒れるジジイさん2020/07/11 00:13

    尊厳+思いやり=平和

    背の大きい子がいじめられていた。その子とペアで課題をやることになり...ヒューマン

    じわじわじんわりしみる話。主人公の母親みたく自分の子供に教えられるだろうか?ドキッとするような道徳的内容だった。

    子供たちが可愛い。初恋ほほえましい。制汗剤すすめるの笑った。

    ウエストワールドからエドハリスのファンになったせいで、じゃっかん殺し屋感あったけど。素敵だわー惚れるわー

  • −−

    前の髪型おかっぱさん2020/07/08 08:37

    凄く良い映画だった、隠れた名作
    説明もセリフでちゃんとしてくれるし、わかりやすい内容だった。

    同調圧力、差別、魔女狩り、
    おかしいと思ったことはやはり何かがおかしい、きちんと自分と調べて自分で判断する事
    同調圧力にまけてしまうと、自分が考える事をやめ、流される方が楽になる
    そうなると、もう自分ではなくなってしまう、圧力に従うただの奴隷

    いじめている人の思考は大人になっても治らない、残念ながら
    常に誰かと比べて勝らないとダメな思考、自分がもともと無い。

    人生親よりも、誰と出会えたかが大切

  • 3.8

    Takumiさん2020/07/05 21:53

    いじめが横行するミドルスクールに通う生徒たちが、誰にでも偏見なく平等に接する教師のもと、友情や恋愛に目覚めていく青春ストーリー。

    子供の時に出会う教師と言うのは誰にとっても重要なことでこの映画が事実であるのであれば、こう言う教師に出会えるのは幸せなことだと思う。

    いじめられっ子の勇気ある行動と胸を張って生きる姿勢は大人への礎。

  • 3.8

    ねっこさん2020/07/05 19:34

    美化されすぎとも感じないしっくりくる純粋にいいお話。ファーストキスのとこかわいくってニコニコした。エンドロールでちょっと笑った。

  • 3.2

    ぴぽぱさん2020/07/04 11:15

    人生を教師一筋で生きてきた先生と13歳の少年を主人公にした実話🏫
    人生の中で良い先生、良い恩師に出会えるかどうかが思春期の子供たちのこれからに大きく左右してくる、ということがよくわかる作品でした😌
    キャラクターが多すぎるのが少し気になっけど良い作品でした👍

  • 3.4

    マカログさん2020/07/03 22:25

    実話を基にした物語り。

    子どもとは残酷な生き物だ。

    寛容とは、各個人の考えや行為に共感し受け入れること。違いをよしとすること。

    人生はタイミングと機会、選択次第で決まる。

  • 3.5

    アイダさん2020/07/03 07:50

    「学校で見せられる映画」って聞いてそれにしては良すぎる
    こんないいものを見たかったし、「寛容」で素敵な母親と恩師が居るのはいいなぁ

  • 3.0

    yagiko08さん2020/07/02 16:57

    休日に心を休めたい方には良いと思います。
    途中、もたつく感じもあるので、超〜感動した❣️まではいかなかった😅
    エド・ハリスファンの私には、彼の安定した演技を堪能することが出来幸せです🤩

    人の尊厳+思いやり=平和

    この言葉、ちゃんと自分にも刻もう…

  • 3.0

    Kさん2020/07/01 12:34

    いい意味で普通だなぁと思ってたらラスト10分で突然心が動きだして、そこそこ単調だと思ってたけど実は少しずつどころか結構主人公が成長してたことに気付いてぞわぞわした。
    普通だと思ったら実話なんだね。それ知ったらエンドロールも好きになった。
    エドハリスのことどっかですごい見た気がするのに調べてもそれが何の映画か思い出せない。

  • 3.4

    tulpenさん2020/07/01 11:58

    エド・ハリスが教師役というのは珍しいね。
    とても素敵な先生だった。
    校長役で奥さんのエイミー・マディガンが出てたのも嬉しい。
    マッコイ!懐かしい!と思うのは
    「ストリート・オブ・ファイアー」で昔、興奮したからだけど…。
    この夫婦は共演作が多くてイイね。


レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す