お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ブルーノート・レコード ジャズを超えて

G
  • 字幕

ジャズの過去・現在・未来がここにある

第二次世界大戦前夜、ナチス統治下のドイツからアメリカに移住したジャズ好きの二人の青年が立ち上げたブルーノートレコード。アーティストに完全に自由をあたえ、ジャズのみならず、アート全般やヒップホップ等の音楽に消えることのない足跡をのこしてきた。映画はロバート・グラスパーを中心とする若手アーティストに2人のレジェンド、ハービー・ハンコックとウェイン・ショーターが加わる夢のセッションからスタートする!

詳細情報

原題
BLUE NOTE RECORDS BEYOND THE NOTES
関連情報
プロデューサー:ヘルクリ・ブンディ,スザンヌ・グッゲンベイガ―,ソフィー・フーパー,チエミ・カラサワ
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2018
制作国
アメリカ/イギリス/スイス
対応端末
公開開始日
2020-06-03 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

ブルーノート・レコード ジャズを超えての評価・レビュー

3.9
観た人
517
観たい人
1567
  • 4.0

    スズシロさん2021/05/10 11:30

    ジャズの歴史が学べる。ブルーノート、かっこいいなぁ。衰退もありながら、また新レーベルで復活。素晴らしい音楽は形を変えても、後世に残るという良い例だった。2019年に映画館で見たが、迫力がすごかった。またぜひ機会があったら映画館で観たい。

  • 4.4

    KazuhiroKiraさん2021/04/28 23:15

    失敗を失敗にしないところだったり、自分のスタイルを貫く姿が賞賛されたり、一人一人に主張する場所があったりするジャズの器の広さが好きです:)

  • 5.0

    azuuuuさん2021/03/19 23:49

    最高すぎ
    "Are you tired to play the music like music?"ってマイルスのモノマネしてるエルケがまじツボ

    音楽を使って戦った
    黒人音楽が一番かっこいい

  • 4.2

    Akariさん2021/02/07 02:47

    最初からレジェンドいっぱい出てくる!映画館で観たかったなあ
    レコーディング風景とかなかなか観れないから興味深かった
    ハービーハンコックはオレ様なイメージあったけどそんなことなかった。どうか生で聴きたい
    ブルージャイアントでもウェインショーターとハービーハンコックのコンビが取材受けてたけど本当に相性がいいんですね
    いつも思う、マイルスデイヴィスの声をみんな真似しがち。
    ノラジョーンズの声はほんとに好き。

    偉大な芸術は混乱から生まれる
    ブルーノートは音楽だけでなく人間性も記録した
    音楽は内面を表現するための道具だ。
    音楽をやるか死ぬか、
    だから音楽なんだ、時代を和らげるために

  • 4.3

    smzさん2021/02/05 12:28

    「ジャズは共同作業であり自由」

    ブルーノートってナチスドイツの迫害からアメリカに渡った2人のドイツ人によって創設されたんだね。黒人霊歌やゴスペルなんかもそうだし、作中終盤で触れられていたヒップホップなんかにも通ずる部分だけれど、人間の負の側面から生まれるエネルギーってほんとうに大きい。それが音楽というアートフォームに昇華されてきたこと。それ自体は祝福したってしきれないものだなと思った。

    ここでは初期のブルーノートに重きを置きながら、設立者たちのDNA―アーティストを心から理解し信頼し創作を委ねる―がいかにブルーノートを形作ってきたかが描かれる。

    時には市場やお金とは正反対の場所に居ざるを得なかった彼らのDNAは、ジャズといういちジャンルにとんでもない飛躍をもたらした。レーベルの人間がここまで音楽に関われるのか、と胸を熱くしたが、ビジネスの枠組みに囚われきってしまっている(囚われざるを得ない)現代のメインストリームの音楽産業ではあり得ないことなんじゃないかな、とやや物悲しくなった。実際にブルーノートも過去に買収されていたわけで。

    一方でたくさんのジャズマンに焦点が置かれていて、断片的ではあるけれどジャズ史やショウも多少楽しめた。ウェイン・ショーターとハービー・ハンコックに「楽器に演奏させる境地だ」と言わせしめたマイルス・デイヴィスが至った境地って半端じゃないんだな、とか。モンクって音を聴くだけよりも演奏を観ながらのほうがどっぷりモンクの世界に浸れるな、とか。

    終盤にはちょこっとだけジャズからヒップホップへの接続/蜜月が描かれ、ノラ・ジョーンズもfeatureされる。ノラのイントロと歌声を聴くと、とっくの昔に胸の奥の方へ仕舞い込んだはずの優しい物悲しさがどっと押し寄せてきて、あたたかい涙が出る。ノラの名盤を生んだのも、アルフレッド・ライオンとフランシス・ウルフ二人の想いがレーベルに生き続けていたから。

    そして"音楽の属人性"みたいなものに関するロバート・グラスパーの発言がいちばん刺さった。「偉大なジャズメンのやったことは 自分であり続けたことだ 自分自身や経験から 目をそらさなかった」

  • 4.0

    えみさん2021/01/03 19:03

    ロバートグラスパーが尖った感じの人じゃなくて意外だった。ブルーノートの歴史、面白かった〜ノラジョーンズもすごいや。

  • 4.0

    mugcupさん2020/12/02 07:57


    言葉も音楽も変わっていく
    しかし、核となるものは変わらない。

    生き様、情熱、希望
    そういうものを伝えたいという心。

    その愛とも魂とも呼ぶ不変のものを
    下に繋げていく事が私たちの役目でもある。

  • 4.0

    Teijijiさん2020/10/21 15:28

    一番ヒップな音楽だった時から今もなおいろんな音楽を取り込んで進化し続けるジャズの中心を担うレーベル。
    今のオールスターズもかっこいいけど、ハービーハンコックのカッコ良さには負けるかな。

  • 3.8

    いちごさん2020/10/21 00:26

    錚々たるミュージシャンを輩出し伝統を守りながらも時代に即したレーベルであり続けた軌跡を辿るドキュメンタリー。カッコいいレコジャケと有名ジャズナンバーが次々と。ロバートグラスパーを中心に世代を超えた豪華ジャズマン達がセッションするシーンには痺れた!

  • 4.0

    ゆきさん2020/10/09 15:58

    曲名もミュージシャンの名前もよく知らないけれど、でも単純にカッコ良くて聴いてるだけでワクワクした。リード・マイルズの作り出すLPジャケットのアートワークはどれもスタイリッシュで痺れたなぁ。そんな学生時代の憧れだった「ブルーノート」の世界をぐっと深く理解できた85分だった。演奏シーンの臨場感すごい。ライブハウスで聴いてる気分。と浸っていたらその傍らに流れる字幕の言葉にハッとなり、メモとりたい…でもスクリーンに次々映し出されるモノクロの写真に魅せられて、あぁもう残念だけどメモどころじゃない!諦めた!と映像に集中。フランシス・ウルフのカメラは抜群の「瞬間」を捉えてて、どれも素敵な写真だった。若き日のマイルス・デイヴィスめっちゃカッコよかったー😍😍😍

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す