お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

エルストリー1976 - 新たなる希望が生まれた街 -

G
  • 字幕

あの時、まだ僕らは宇宙の中心にいることを知らなかった。

1976年夏、イギリスのエルストリー・スタジオで、ある映画が撮影されていた。多くのアメリカ人とイギリス人俳優たちが、クレイジーなコスチュームとヘッドギアを着込み、“ジョージ・ルーカス”ユニバースを埋め尽くした。彼らのほとんどが映画の内容も知らず、今後この作品が映画史に燦然と輝き、世界中のカルチャーの多大な影響を及ぼすことなど想像もしていなかった。

詳細情報

原題
Elstree 1976
関連情報
プロデューサー:スティーブ・ミルン,ハンク・スターズ
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2015
制作国
イギリス
対応端末
公開開始日
2020-06-19 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

エルストリー1976 - 新たなる希望が生まれた街 -の評価・レビュー

3.1
観た人
358
観たい人
795
  • −−

    sakurakoさん2022/01/01 22:05

    世界人口の25%が観た映画って表現、改めて数字的凄さも感じた。
    歴史的作品になったからこそ少しでも関わった人たちの人生を変えたし、まぁ〜エゴも強く出るよね。見ててある意味でしんどさもあった。

  • 3.5

    nachuさん2021/11/24 19:21

    スターウォーズに脇役、エキストラとして参加した人たちが自らの人生とスターウォーズの思い出を語りながらスターウォーズに関わりどう影響を受けてその後の人生をどう左右されたのか、三者三様のお話を聞けて面白かったです。
    お話を聞けば聞くほどスターウォーズの影響力の大きさをあらためて感じました。

  • 1.7

    Solo1968さん2021/11/16 10:48

    世界の人口の25%!が見たとされるスターウォーズの脇役の俳優さん達のインタビュー中心のドキュメンタリー。
    スターウォーズは映画という枠を越えて文化とすら言える大きな歴史の一つだが、本作を視聴した人は世界の人口の0.00001%?にすら満たないようだ。

    スターウォーズが自分の血の半分以上と自覚している自分の感想としては、あらぬ期待をしたせいか?のめり込む事も少なく、失礼ながらいくつかのシーンで早送りすらしてしまった程。

    頂けなかったのは、当時の回想シーンをそれらしきフィルターをかけた色味で、その時の雰囲気を表現したような映像(←だよね?)。それにより、折角の当時の貴重なメイキング(←これも極僅か)と同じように扱われているのが紛らわしいというか、不快に感じた。

    本作は決して 貴重なメイキングシーンの蔵出し!という事ではなく、あくまでの役名すら無いレベルのエキストラに近いキャラクターを演じた人達が当時 その後歴史を生み出す事となる超大作にどういう経緯で関わり、監督やスタッフとのやりとり、そしてその後現在、この先をインタビュー中心に語る作品なので、失礼ながら作品中においてもキャラクターの性格などが伝わるようなシーンすらも無い しかもそのマスクの中の俳優さんのインタビューとなると、役柄と本人のギャップへの興味すらもほぼ無い。
     本作は、名もなき脇役キャラを演じた役者さん達、、というふれこみとの解説ながらもダースベイダーしかり、ボバフェットと言った作中でもトップクラスのキャラクターの役者さんらも同じ温度で登場しているので、当たり前ながら それらの役者さんの語りとそれ以外の方々のインタビューへの感心度、興味も自然に大きな温度差を持ちながら見てしまった。

     映画史に残る ある大きな文化ともなったひとつの歴史に彼ら無くしては成り立たなかった作品とは言え、ほんの一瞬程度映った事はその後彼らの人生をどう変えたのか?それも役者さんによりまちまちで、ドラマチックなそれを期待してしまったが、期待以上のものは僕には受け取れず。

     冒頭、エンディングにおけるオールドケナー、ヴィンテージのフィギュアを写し出し それぞれの俳優さんが語る その想い、のシーンは、BGM含めて かっこよく思えた。

     ベイダー役のデビッドブラウズの大きなドラマを知っており 別でそこだけを取り上げた作品を観た後だけに、全体に薄味な作品と思えた。

  • 3.5

    たなしょさん2021/10/04 10:02

    この映画は、スターウォーズ/エピソード4でダースベイダーやトルーパーといったキャラの中の人や、パイロットなどのエキストラがスターウォーズの製作や中の人の苦労、スターウォーズに携わる前と後等の秘話を語っているドキュメンタリー映画。

    私はスターウォーズをまじまじと見たことはないんですが、やっぱ世界で大人気なんだな~っていうことが改めて感じました!

    たしかに顔が出ている役よりダースベイダーとかトルーパーとか被り物している役の方が人気なの分かる気がするな~!

    役者さんがコンベンションに参加して、ファンの方へサインを何時間と書いていることに驚き。何年経っても変わらないんでしょうね~。

    コレ見たらスターウォーズ最初から観てみたくなってきた!!

  • 3.0

    まつこさん2021/04/21 23:04

    全世界の20%がSWを見ている。改めて考えるとすごいことだ!そんなSWのこぼれ話と作品を支えた役者たちが語るドキュメンタリー。

    SWに脇役でも出演ってもう家宝というか有名武将の下っ端だったらしいってくらい語り継げるトーキングアイテムだと思う!羨ましい〜ご子孫!日本の役者版でも見てみたいなぁ。名脇役やエキストラが語る悲喜交々。作品が自分を支えても作品は自分じゃない。語る場が孤独な役者を救うこともあるのかな。

    まぁ、ベイダー卿のあの人が語ると切なくなるね。怒らせたけどそこまで悪いことはしてない…そう語っちゃうから溝も深まるのかな。

    キャストの高齢化を考えると直接思い出話を聞ける機会も減っていくよね。こうして残してくれると後世のSWオタクも嬉しいはず。私はニワカなのでこぼれ話も楽しかったけ俳優業を続ける葛藤についての話が興味深かったなぁ。

  • 4.5

    ジョン123さん2021/04/02 20:58

    スターウォーズエピソード4のパイロット、エイリアン、ストームトルーパーなどの脇役で出演した人たちのドキュメンタリー映画(ほぼインタビュー)

    スターウォーズ鑑賞済みの方におすすめ

    登場シーンは少なくても演じたキャラがフィギュアになるって一生自慢できることだよね

  • 3.2

    kanekoneさん2021/03/24 15:54

    出てくる人同様地味なドキュメンタリー。スターウォーズの撮影現場の裏話はなかなか面白かったのと、サイン会についてのそれぞれの考え方は興味深かった。

  • 2.5

    たろささん2021/03/24 09:48

    「スター・ウォーズ」に出演したエキストラやボバ・フェット役のジェレミー・ブロックやダース・ベイダー役のデイビッド・プラウズといったスーツアクターへのインタビューで構成されるドキュメンタリー映画。



    「スター・ウォーズ」の舞台裏が知れるのはよかった。ただインタビューをする役者さんが多すぎたし、それぞれの役者さんの過去や「スター・ウォーズ」後の人生を語るのでとっちらかった印象。

  • 3.5

    taroさん2021/03/18 14:28

    脇役、エキストラにスポットライトを当てたドキュメンタリー。
    正直、筋金入りのファンとかマニアでないと退屈かも。

  • 3.5

    あかぽこさん2021/03/01 18:31

    幼稚園か小学生の頃、CMで見た衝撃的なSF映像が子供ながらに心に響きまくって父親に駄々こねて劇場に連れて行ってもらった、人生初の洋画『スター・ウォーズ』

    タバコの紫煙立ち込める超満員の劇場に、立ち見で親父に肩車してもらいながら字幕も解らず夢中で観た第一作目のメカ描写や数々のキャラクター達。

    その素顔の見えない着ぐるみやエキストラ役で出演した『スター・ウォーズ』に関わった俳優達のインタビューと当時の映像を交えたドキュメンタリー。

    有名な『時計じかけのオレンジ』のシーンでのエピソードや、有る意味本編よりメジャーな(笑)オールカットになったビッグズとルークの未公開シーン 。

    後継の作品の自虐ネタになった 扉に頭をぶつけたストームトルーパー役の俳優や、オビワンのフォースで言いくるめられる(?)宇宙港でのデザートトルーパーの役者達のエピソード等、ファースト?世代には興味深い内容。

    YとXウイングのコクピットが同系統とは知らなかった~(笑)

    『スーパーマン』や『ジャッジ・ドレッド』の裏話もあったり、実はダース・ベイダーは、子供達に交通ルールを教える正義のヒーロー『グリーン・クロスマン』だったりとか人柄が知れるインタビューや、皆大好きボバ・フェット役の俳優とルーカスの人柄を滲ませる会話の内容等もなかなかニンマリ。

    ダース・ベイダー役のデビッド・プラウズと制作側との確執等、流石はオカネーランドの ●ィズニーならではの闇が深いエピソード。

    エキストラや着ぐるみ役者の当時なりの栄光や自尊心、エゴや嫉妬絡みがちとリアルな『負』のドキュメンタリーで内容的にはちょっとアレだけど、個人的にはそこそこ楽しめました!👍️

    …因み、キャラじゃ無いけど『X-ウイング』が一番好きなメカです!

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました