お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

イーグルス・オブ・デスメタル パリの友に捧ぐ

G
  • 字幕

ライブ中にテロ襲撃に遭ったバンド“イーグルス・オブ・デスメタル”。心に深い傷を負った彼らの恐怖と苦しみ、友情と希望。復活までの道程があからさまに綴られたドキュメンタリー。

2015年11月13日金曜日に起きたパリ同時多発テロ事件。現場のひとつとなったバタクラン劇場で、会場を埋め尽くし音楽に熱狂する観客たちが過激派に襲撃されたその時、ステージ上からその光景を目撃したのがバンド“イーグルス・オブ・デスメタル”だった。凄惨な現場から必死に逃れたものの、89名もの観客と仲間の命が奪われてしまう。特にボーカル・ジェシーの精神的ショックは大きなものだった。だが事件から3か月後。バンドは中断されたライブを最後までやり遂げるために、再びパリのステージに立つことを選択する。彼らの苦悩と葛藤は計り知れないものであったが、それでも復活できた理由とは。音楽の持つ力、人と人との絆の尊さに改めて気づかされる、真実の物語。

詳細情報

関連情報
製作:マイケル・ラピーノ,ヘザー・パリ―,ショーン・M・スチュアート
音声言語
英語/フランス語
字幕言語
日本語
制作年
2017
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2020-08-05 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

イーグルス・オブ・デスメタル パリの友に捧ぐの評価・レビュー

3.8
観た人
27
観たい人
29
  • 4.0

    ysさん2020/10/11 13:37

    ずーっと観たかったけど、
    いつの間にかアマプラレンタルに来てた!
    監督はコリンハンクス。トムの息子さん。
    2017年5月22日に、マンチェスターアリーナのアリアナグランデのライブで、爆弾で23人死亡、120人以上が負傷。
    その2年前の2015年11月13日、
    パリ同時多発テロ発生。
    パリのバタクラン劇場のイーグルスオブデスメタルのライブで、銃乱射で89人死亡。
    イーグルスオブデスメタルはアメリカのバンド。
    ジャンルはデスメタルじゃなくてロックンロール。
    目標はリトルリチャード。
    ダサいと言われるのが狙い!
    チェルミコのレイチェルさんもそんな事言ってましたね。
    マティアス&マキシム🎬のレビューで。
    高校のイジメられっ子ジェシーが、
    助けてくれたジョシュとバンドを結成。
    デビューアルバムはピース・ラブ・デス・メタル。
    ジャケがかわいいな。
    ピースサイン✌️と
    アイラブユーサイン🤟と
    メロイック(ツノ)サイン🤘
    http://hostess.co.jp/import/2016/12/AAA999CD.html
    ジョシュは先に成功したクイーンズオブストーン
    エイジというバンドと掛け持ち。
    ヒゲのスターはフレディマーキュリー、トムセレック、ブーツエレクトリック(ジェシー)だそうです。
    ファンとの一体感がすごいバンドです。
    そして事件を語るのはバンドメンバーと
    生き抜いたファンと、
    当時パリにいたU2のボノとジ・エッジ。
    Tレックスの映像も出る。
    テロが発生し、バンドメンバーは多くの人が銃で殺されるところを目撃する。
    犯人たちは長時間にわたり、生存者を探し殺していく。
    大きなトラウマを抱えつつ、
    12月7日、パリのアコーホテルズアリーナ(ベルシーアリーナ)でのU2のライブに、
    イーグルスオブデスメタルがゲストで登場。
    テロに屈しないことを誓った。
    2016年2月16日パリのオランピア劇場で単独ライブ。
    ノザミ= Nos Amis =Our Friends
    ファンとの絆は更に強固に。
    ジェシーとジョシュの友情がよかった。
    フランスのTVインタビューのシーンは泣けます。
    震災やコロナウィルスや病気と闘うだけでも大変だから
    戦争、テロ、殺人など、人が人を殺すのはダメ。
    全人類が学ばないといけませんね。

  • 5.0

    いさん2020/08/05 23:07

    これはかなり、かなり良いドキュメンタリーだった!
    音楽の力と希望を感じる前向きな作品。

    フランスの同時多発テロで、ライブ中に襲撃されたロックバンドが、3ヶ月後、心に傷を負いながらも同じステージに立つまでの話。

    悲劇が起きた場所で再びライブする、まるでデジャヴのように思えるであろう光景も、あの日途中になってしまったライブを最後まで終わらせることできっと前へ進めるんだろうなと思った。

    まったく知らないバンドのドキュメンタリーを最後まで楽しめるか不安だったけど、観終わったらもうイーグルスオブデスメタルを好きになってた。
    ちなみに全然デスメタルじゃない。伝統的なロックンロールって感じがまた良かった。

  • 3.5

    劉至翰リューツーハンさん2019/09/12 02:10

    この先こーゆー事が自分がいく場所で起こらない保証はないと思った。あの場所にいたら、イスラムに殺意をおぼえるってもんじゃないと思う。アメリカやそれに同調した自分の国がイラクを破壊したから、生まれた結果と思って世界平和を祈れるのか。テロで亡くなる欧米人より、戦争でなくなる中東の一般人たちのが遥かに多い事実 カオス。。内容としては、生々しいインダビューで、見ててつらい。けどメンバーの音楽で返そうとした姿勢も、続けられる精神も素晴らしい。音楽って本当最高ってなったのは間違いない。

  • 4.5

    Gさん2019/08/20 11:27

    当事者が語るディテールも凄まじいけど、怯えた様子で話すジェシーの混乱が、それ以上に事件の凄惨さを物語っている。
    ライブ前にひとりのファンがジェシーに声をかけるシーンが胸を打った。映画で泣くことは滅多にないけど、さすがに泣けた。
    テロ起こしたりバンドやったりそのファンだったりそれを映画にしたり、人間てつくづく愚かでやってること意味不明だなて思った。
    ライブちょーかっこいい!

  • 3.0

    じょのさん2018/08/10 01:07

    イーグルス・オブ・デスメタルのドキュメンタリー。パリ同時多発テロの直後の映像で、想像以上にきつかったけど、見るべき映像とインタビューだった。
    ジョシュ・オムめっちゃいい奴。これを見てジョシュに惚れない理由がない。

  • 3.0

    ErnieHoytさん2018/05/12 23:51

    コリン・ハンクス監督がまた音楽界のドキュメンタリーをリリースしました。2015年11月13日、フランスのパリの事件覚えてますか?アメリカのロックバンドのライブが行われた。フランス、パリ、バタクラン、ライブの最中テロ事件が発生して89人がに犠牲になった。その後はどうなったのか?U2がたったの3週間後後彼らを自分たちのステージに招待して、イーグルズが2曲を披露。ボーカリストがそのあといろんな問題発言しましたが、映画はそれをスルーしたみたい。自分もライブに行くのが好きで。、想像も出来ない事件が起こったな。テロリストはただの腰抜け野郎たちだ”、許せいない!

  • 3.0

    隼人さん2018/03/25 09:17

    一つ一つのライブに魂を込めて臨むミュージシャンの姿が印象的だった。そしてそれを身勝手な暴力で台無しにしたテロリストに対して改めて憤りを感じた。U2の「暴力なんかじゃライブは潰せない」っていう台詞がかっこよかった。

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す