お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

さらばアフリカ

G
  • 字幕

裁判沙汰にまで発展したシリーズ最大の問題作!

「世界残酷物語」シリーズ(62-63)で一世を風靡したモンド映画の始祖G・ヤコペッティが約3年の歳月を費やし完成させた超大作。本作は60年代に独立運動が激化したアフリカ諸国の実態と混迷の様を克明にとらえたヤコペッティ最大の自信作になるはずであった。が、前2作と比べて重く悲惨な映像が多いうえに、いくつかのシーンでまたしても“やらせ”疑惑が勃発。マスコミに叩かれた挙句、映画は興行的大惨敗を喫してしまった。さらに終盤のコンゴ動乱シーンでは、反乱軍の拠点となる村の掃討作戦にカメラが同行。傭兵たちによる略奪・虐殺の一部始終を撮影したばかりか、本物の処刑シーンすらもフィルムに収めた。このことは大問題となり、ヤコペッティは殺人教唆の罪で告訴された。イタリア司法省の調査により最終的には無罪となったが、真相は今も不明である。これ以降、ヤコペッティはドキュメンタリー映画を撮ることを完全にやめてしまった。

詳細情報

原題
AFRICA ADDIO
関連情報
製作:グァルティエロ・ヤコペッティ,フランコ・プロスペリ 撮影:アントニオ・クリマーティ 音楽:リズ・オルトラーニ
音声言語
イタリア語
字幕言語
日本語
制作年
1966
制作国
イタリア
対応端末
公開開始日
2020-08-05 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す