お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

極秘部隊シャドウ・ウルフ

G
  • 字幕

《影のオオカミ》それはアメリカを護る最後の盾

アメリカ国家安全保障局はISISによるテロ計画の情報を掴む。それは小型核兵器をアメリカに持ち込み起爆させるという恐るべきものだった。そこで、極秘部隊シャドウ・ウルフと共に、テロリストとの激しい戦いに挑むが…。

詳細情報

原題
SHADOW WOLVES
関連情報
音楽:リー・サンダース
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
アメリカ/イギリス
対応端末
公開開始日
2020-08-05 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

歴史・戦争洋画ランキング

極秘部隊シャドウ・ウルフの評価・レビュー

2.2
観た人
28
観たい人
9
  • 2.5

    風来坊さん2021/05/23 08:23

    一匹狼の敏腕諜報局員が、ネイティブアメリカンの子孫達で構成された異色の極秘部隊"シャドウ・ウルフ"と共に小型核兵器によるテロを阻止する為に戦う姿を描いたB級コンバットアクション。

    亡きポール・ウォーカーさんの弟のコディ・ウォーカーさんが主演。
    やはりお兄さんの面影を探してしまうし、所々の表情はやはりお兄さんの面影があります。

    自身もインディアンの部族のオナイダ族出身で「ダンス・ウィズ・ウルブズ」などでネイティブアメリカンを演じる事が多いグラハム・グリーンさんが部隊のリーダー役。
    アメリカの人気テレビドラマ「クリミナル・マインド」で人気を博しながらも脚本家への暴力行為で降板してその後干されたトーマス・ギブソンさんが出番は少ないが大佐役と渋いキャスティング。

    とにかくテンポが悪くてなかなか物語が進まない。テロ阻止という簡単なお話が余計な登場人物の多さと、イギリスのMI6など余計なエピソードが邪魔して分かりにくい事に…。分かりやすさが売りのB級コンバットアクションのそれが本作にはない…。

    対象者を逃がしてばかりのトロくさい所ばかりがフォーカスされるというどこが精鋭部隊なの?感が満載ですね。
    隊の結束を語る割には命令聞かない小僧だったと纏まりがないという矛盾。
    ヴァル・キルマーさん主演の「サンダーハート」みたいなものにしたかったのかな?それにはちょっとネイティブアメリカンの描き方が足りない。

    アクションシーンはなかなか迫力がありますし、スケールが大きそうな展開と思わせてスケールが小さいというのは、逆に意外性があって面白かったです。ショボさばかりが前面に出てしまいますが、B級コンバットアクションとしてはまずまずな作品でした。

    まとめの一言
    「無駄にエロい秘書官」

  • 1.5

    highburyさん2021/05/07 00:31

    【弱小部隊シャドウ・ウルフ】

    ネイティブアメリカンで構成された極秘部隊がテロリストと戦うアクション映画。

    敵味方共に登場人物が多い割に、説明がほとんどなく場面展開も荒いので非常に分かりづらい作品になってます。
    脳内で補完すれば良いのですが、それが正解かはわからずじまい。

    またシャドウ・ウルフのポンコツっぷりが酷いです。
    リーダーは小太りのおっさんだし、命令を聞かない若造はいるし、冒頭から作戦失敗するしで、精鋭部隊には全く見えません。
    主人公が気の毒でした。

    もうすこし人物の詳細を描いたり、敵味方共に関係性を描けばまともな作品になったのに残念です。

    MI6の必要性はさっぱり・・・。

  • 2.5

    タノさん2021/04/18 09:48

    秘密部隊だし地味なアクション映画だったけど、そこそこの迫力があったのでまあ良いのかな。
    ISISを出してテロだったけど、何か物足りない映画だった。

  • 1.7

    MayumiMさん2021/04/12 21:22

    アメリカの秘密兵器がネイティブ・アメリカンの特殊部隊……という設定はかなり面白かったんだけど、今(?)話題のISISを絡めて風呂敷広げまくった割には何処に着地点を決めたいのか判らなかった、という一作。
    むしろ、クリミナル・マインドを暴力沙汰で降板したトーマス・ギブソンに救いの手を差し伸べたいだけ……という気がしないでもないのはワタシだけでしょうか?

  • 2.0

    ブルースターさん2021/03/24 15:17

    WOWOW.

    アメリカ国家安全保障局の極秘部隊シャドウ・ウルフの活躍を描くアクション。よくある話なんだけどキャラ設定よかった。アクションが少なくもうちょいほしかったかな。

  • 4.3

    ヴァイルさん2021/03/20 07:02

    圧倒的プライムウェーブ感。

    決して出来は悪くないのに、なぜか頭に入ってこない内容。
    この手の映画はこういう展開こういうセリフこういう演技しがちだよねで満たされているものの、いまいち共感できない、製作陣の自己満足感。
    個性強いふうなのに存在感なさすぎるキャラクターたち。
    総じて、逆に二流を強く印象付けられてしまう。

    だが、ラストまで観ると、それなりに良い作品を観たという気分にさせてくれる(気分だけ)。
    役者さんがサンドラ・ブロックとコリン・ファレルに見えてくる(雰囲気だけ)。

    これぞプライムウェーブの神髄。

  • 1.0

    イチロー51さん2021/01/16 17:59

    ネイティブ・アメリカン兵士による極秘部隊が国を守る戦いに挑むアクション。小型核兵器をアメリカに持ち込み爆破させるテロ計画の阻止を命じられた敏腕エージェントのショー。彼は国境線を守る特殊部隊と共に戦いに赴く。
    出演:コディ・ウォーカー/グレアム・グリーン/シボンギル・ミランボ/ルイーズ・ロンバード。

    どうしても、極秘部隊とか特殊部隊のタイトルに引かれてしまいます。

    ストーリーが訳が分かりません。演出も酷いものです。何故そう言う展開になるのか。どうしてネイティブなのか。全く分かりません。
    味方の組織の関連性も説明が無く、全く分かりません。
    キャストにも魅了が無く、とっても残念な作品でした!

    #1140

  • 2.5

    gouさん2021/01/07 23:11

    故ポール・ウォーカーの弟、コーディが主役級。

    クリマイのトーマス・ギブソンの秘書がサービスショット要員か。

    話はよく分からない。悪役野放しだし。

  • 2.8

    りょーこさん2020/08/10 07:38

    「クリミナル・マインド」ホッチ役トーマス・ギブソンが出てる!
    って借りたら、総出演時間5分も無かったアクション映画

    極秘部隊が極秘に頑張る!
    という、よくある作品。

    キャラクタが個性的ぽいのに、細かく描いてくれないのが惜しい。
    イケメンムキムキ上半身裸エプロン料理上手とか最高なのになぁ~( ´∀`)



    国家安全保障省のブランソン大佐(トーマス・ギブソン)。

    ナバホ族などで構成された男女5人の極秘部隊"シャドウ・ウルフ"に、放射性爆弾によるテロを阻止せよと命じた。

    さらに自分の部下も投入して捜査を開始するのだが……



    KISS THE COOK !!

    上半身裸エプロンとか眼鏡ミニスカとか、無駄なサービスシーンが豊富(笑)

    あとはナバホ族の神様か何かがボヤっと出現したりしてましたw

    銃撃戦、素手喧嘩もあり。
    が、薬莢は微妙。
    セミオートでは出るけどフルオートでは出てないのかな?

    プロなのに弾切れなのに気付かず、相手に向かってカチカチするシーンがあったのですが…
    いやいや、素人か??
    ダサいわぁ~ドン引きだわぁ~…

    アメリカとイギリスと極秘部隊とISIS。
    それらのゴタゴタの繋げ方が下手くそで、いまいちよく分からないのは残念でした。

    アクションがこの程度のクオリティならば、せめてキャラクタ1人1人をもっと丁寧に描写して欲しかったです!

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す