お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

21世紀の資本

G
  • 吹替
  • 字幕

全世界300万部、“格差”の真相を暴く今世紀最大のベストセラー経済書「21世紀の資本」まさかの映画化!

なぜ一握りの富裕層だけがますます富んでゆく一方で、大多数の人々は、非正規雇用に甘んじ、保障も手当てもなく、新型コロナのような災害が起これば最初にしわ寄せがゆく弱者へと落ち込んでゆくのか? それを防ぐために政治が、社会が出来ることはなにか? そんな核心的なテーマを軸に、戦後の高度成長、バブル崩壊、リーマンショックの真相までも分かりやすく描く。「ウォール街」「プライドと偏見」「エリジウム」「ザ・シンプソンズ」など、時代を映す鏡である数々の映画やアニメのシーンを巧みに引用し、五感に訴えかけてゆく。いよいよ混迷するこれからの時代をわたしたちはどう生きるべきか――?「21世紀の資本」原作者のピケティを始め、ノーベル経済学受賞ジョセフ・E・スティグリッツ、イアン・ブレマー、フランシス・フクヤマほか世界をリードする学者が集結、資本主義の知られざる真実を暴いてゆく……。

詳細情報

原題
Capital in the Twenty-First Century
関連情報
監修・原作:トマ・ピケティ「21世紀の資本」(みすず書房) 撮影:ダリル・ワード 音楽:ジャン=ブノワ・ダンケル(エールAir)
音声言語
英語/フランス語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
フランス/ニュージーランド
対応端末
公開開始日
2020-08-08 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

21世紀の資本の評価・レビュー

3.6
観た人
1214
観たい人
3306
  • 1.0

    けんときさん2021/05/09 23:06

    正直、ぜんぜん話がはいってこんかったなぁ

    結局、金持ちになるにはなにするん?ってなった

    そんな戦争の時の昔の話必要だったか?って疑問すぎる。
    要点まとめて誰でも話にのめりこめて分かりやすいの期待してたから残念

  • 3.3

    しいたけさん2021/05/04 12:08

    21.3.4 WOWOWシネマ

    基本的な知識のおさらいで終わって物足りない。まあ知識欲満たしたいなら本読んだ方がいいよねという当たり前の感想になった…。でも人が話してる姿を見つめるの好きなんだよ。

    テレビマンユニオンの『欲望の資本主義』シリーズは本当頑張ってるんだなと改めて感じた。

  • 3.8

    MudbloodPrinceさん2021/05/01 17:02

    この危機的な安定を少しでも引き延ばすために、税金はちゃんと払おうと思った。

    Capitalism is no longer about labor.

  • 2.6

    タノさん2021/05/01 14:03

    お金って難しい物と思った。
    何でも絡めるとお金が出てくるのかと。
    でも、皆が金持ちも難しいし議論されてもダメなんだろうなと思う映画だった。

  • 3.5

    笹川パンダさん2021/04/30 15:41

    話が分かりやすいし見やすい。
    劇映画で物語を描くより遥かに語りとして面白いのではないかと思ってしまった。
    NHK的な解説なのだけど、結局この方が語るという意味合いにおいては面白いのかも分かりませんね。

  • 3.8

    godmtさん2021/04/30 14:55

    2021/4/6 #3

    ドキュメンタリー調でスピード感もあるので、釘付けになってみてしまった。それよりなにより、ピケティってこんなに若い人だとは知らなかった🤔

  • 4.0

    Giuliettaさん2021/04/29 18:46

    中盤の実験の、運で金持ちになったのにそれを認めないって傾向が一貫してあるってのはびっくり💦心がそう解釈するって表現も事実もすごいな〜〜

  • 3.6

    二兵さん2021/04/25 08:59

    経済学者であり原作者であるトマ・ピケティ本人の解説による経済学書『21世紀の資本』のドキュメンタリー。

    現代の資本主義世界が格差社会だと言われて久しいが、それは何故なのか、何故そうなってしまったのか。そしてその格差を是正するためにはどうすればいいのか。ピケティ本人の解説とさまざまな映像の引用により、それらが解り易く語られる。

    分かりやすいといっても、恐らくはあくまで原作(未読)に比べればの話で、僕のような経済の素人が見ると、勉強にはなっても、やっぱり内容が難しかった。とりあえず富裕層への課税と富の再分配が必須だと言いたいのは分かったが、いわゆるトリクルダウン理論を推す政治家が見たらどう思うんだろうとか、タックスヘイブンの存在等、生意気にもいろいろ考えてしまった。

    他のレビューでも言われているように、モノポリーを用いた心理実験の結果は非常に興味深い。最近あのマイケル・サンデル教授がいわゆる能力主義を批判する本の日本語訳版が出たが、やはり人間は偶々与えられただけの自身の幸運な状況を自分の努力や実力だと思ってしまう生き物なのだろうか。この結果は、富裕層がなぜ富裕層なのか、なぜ格差が無くならないのかを考える良いきっかけになると思う。

    あとは劇中で引用されていた『エリジウム』を見直したくなりました(笑)。本作もまた見直したい。

  • 2.7

    イギーポッポさん2021/04/22 01:35

    お勉強になる一作ではあるが、ピケさんのメッセージも中々強く打ち出されている。資本主義に生きているのに、日本は「資本」の教育っちゅうかリテラシーが低いと言われる。確かに資本の実態を歴史を遡ってまでしてじっくり考えた事なかったかも…。
    放ったらかしにしてたら、この資本て奴は資本を持つ人達の為にしか活躍しない。きっちり皆で意識し合わないとヤバイぜこの先。
    なんですよね。

  • 3.8

    えいがうるふさん2021/04/21 23:01

    もちろん勉強になるが説教臭いわけでもなく、テンポもよくとても解りやすかった。たまたま原作者と同い年のせいか、世界経済の歴史について過去から現在に至る時間経過を無理のない感覚でおさらい出来た気がする。
    ボードゲーマーとしては、モノポリープレイヤーをモニタリングする実験映像がとても興味深かった。

    歴史からは楽観論も引き出せる、という彼の言葉を私も信じたい。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す