お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語

G
  • 吹替
  • 字幕

今日も 「自分らしく」 を連れて行くー。

しっかり者の長女メグ、活発で信念を曲げない作家志望の次女ジョー、内気で繊細な三女ベス、人懐っこく頑固な末っ子エイミー。女性が表現者として成功することが難しい時代に、作家になる夢を一途に追い続けていたジョーは、性別によって決められてしまう人生を乗り越えようと想いを寄せる幼なじみローリーからのプロポーズにも応じず、自分が信じる道を突き進もうとしていたのだが……。南北戦争時代に力強く生きるマーチ家の4姉妹が織りなす物語。

詳細情報

原題
LITTLE WOMEN
関連情報
原作:ルイザ・メイ・オルコット 衣装:ジャクリーン・デュラン 音楽:アレクサンドル・デスプラ 撮影:ヨリック・ル・ソー 製作:エイミー・パスカル,デニーズ・ディ・ノビ,ロビン・スウィコード
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2020-09-16 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(3日間)

標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
高画質(HD)
550
販売終了2020-10-15

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
販売終了2020-10-15

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語の評価・レビュー

4.1
観た人
49405
観たい人
71818
  • 3.7

    sidepocketさん2021/09/27 19:17

    衣裳や舞台セット、舞台小物へのこだわりが感じられた。
    ジョーが若草物語を書き上げている時の一連のショットがハッとさせられるような美しさを持っていた。

  • 4.0

    おおおはらさん2021/09/27 14:34

    景色とか服とか色彩がとにかく綺麗でした
    現在と小説として描かれた過去と行ったり来たりしてるからどこまでがリアルなのかとかとっても面白い
    ずっとティモシーが優勝してる

  • −−

    kaeさん2021/09/27 12:31

    涙が勝手に溢れてくる〜
    自由な生き方
    自分の信念を貫くのもよし
    愛に生きるのもよし
    妻として生きるのも小説家として生きるのも先生として生きるのもなんでもあり
    自分の気持ちを隠さずに正直に教えてくれるのがいい
    結婚なんてしたくない でもたまらなく寂しい 結婚を批判する事が自立した女の人というわけじゃない
    それに加えて映像がなんといっても美しい
    お城 自然 ドレス 家のインテリア
    クリスマス ジョーが出版会社に行って25ドルで買い取ってもらえたシーン 嬉しさのあまり溢れる笑みを止められず人混みの中をかけていくシーン ジョーがlittle womenを執筆するシーン 本になるシーン 最後の学校で姉妹がそれぞれの幸せを感じているシーン 何度も繰り返して観たい映画

  • 4.4

    kさん2021/09/27 07:43

    結婚や恋愛が全てじゃない

    今の時代ではそういう考えも多くなってるけど
    古い考えの人はやはり一定数いて
    どの時代でも物語でもそれが語られるんだろうな

    4人姉妹だからこそ
    それぞれが違う意見、魅力を持っていて
    人物像に惹かれて面白かった

    自分は誰と似た価値観だろう

    結婚しなければ幸せになれない
    ジョーが言う通りそんなはずはないし
    夢を追いかけるのも素敵だと思う

    作品を振り返ってるとCMを思い出した

    「結婚しなくても幸せになれるこの時代に、
          私は、あなたと結婚したいのです」


    自分の意思を想いを大事にしたいなぁ

  • 4.7

    トレンティンさん2021/09/27 04:11

    きっと人生で何回も見返す最高の作品に出会えた。

    とにかく上品で心地良く美しい。みんな違ってみんないい。全てを肯定する描かれ方に感動した。

    「結婚だけが女の幸せなんて絶対思わない。なのにたまらなく寂しいの。」

    この名セリフがラストをどちらにでも解釈できるようにしていて、かつ、どちらをも肯定できるようになっている。完璧。

    そして、4姉妹それぞれにイメージカラーがあって、母はその4色を取り入れた服を着ている。そして、衣装で4姉妹の成長が見て取れるように工夫されていて、アカデミー賞で衣装デザイン賞を受賞したことに納得できた。

  • 3.8

    sutpenさん2021/09/27 03:05

    時間軸などを頻繁に行き来することで話について行こうとする視聴者の気を引く構成はソーシャルネットワークっぽいなと思った。描かれる世界の雰囲気がすごく魅力的だった。ストーリーは面白くはあるが、結婚や女性観に関するセリフの説明臭さ・説教臭さが強く、物語を楽しみきることができなかった。好きなシーンは近所の子供にご飯をあげるシーンとラストの軸がどうなってるのか分からなくなるところ。

  • 3.8

    かなさん2021/09/27 00:58

    出演女優、俳優がすごく豪華だった。
    ティモシーの姉妹どちらにもプロポーズするのはちょっとどうかと思っちゃった。

    結婚が幸せかについて考える機会になった。ジョーが映画の中で実際には結婚したのか否かは分からないけど、結局結婚が女の幸せってことなのかな?って思わされた映画だったかも。
    私がジョーだったら、色々耐えられない場面があるって思った

  • −−

    れもなぎと恋をさん2021/09/27 00:38

    うううん好きじゃない。

    失恋の悲しみと死の悲しみが混在しているのは気持ち悪い。同時期に起こったとしても違う悲しみとして分けてほしい。

    今回、私は裾を引きずるドレスが見たくて再生したから、その欲は満たされたものの、女性・妹として鑑賞した時の違和感が残ってむむむな気持ち。
    姉の二番手という憤りはエイミーからしか感じられない。
    長女がジョーに見えるのは私だけ?4人のキャラクターと4姉妹の立ち位置はかなり重要だと思うんだけど、これは私が次女だからなのだろうか?
    姉の存在ってもっとデカくてウザくて素敵で揺れ動くものじゃないのか?

    シャラメは可愛いし、4人をたぶらかす感じは別に嫌いじゃないけど、急に大人になっちゃった感じがして少し置いていかれる。(ご都合を感じる?)
    あのゆるっとした袖がふわっとしたシャツは個人的に大好きなので眼福ではありましたが、、、。ああいう男に私も惚れるけど登場人物として出てこられると愛せない。(これは好みの話)

    過去と現在、小説と現実でカラーが変化するのは勉強になったし、素敵だと思うけど、小説の美しさと記憶の美しさがごっちゃになっている感じがして困ってしまった。

    困ったなー

  • 4.5

    CHAKKIさん2021/09/27 00:21

    温かくて素敵なお話でした。
    4人姉妹の仲の良さやお互いへの思いがしっかりと伝わってきてとても感動した。
    後半はかなりうるっときた。
    一心不乱に物語を書き上げていくジョーが好きだった。芯のある人はかっこいい。

    友達と一緒に、色んなシーンで「かわいい…!!!」って言いながら観ました。幸せな時間だった。

    シャラメなんだかずるいなあ。

  • 4.1

    ayakaさん2021/09/26 23:53

    なんて素敵なの〜、、

    この手の映画には退屈と感じる人、主人公を好きになれない人がきっといるのだろうけど、私にとっては大好物です…

    赤毛のアンとか、キャンディキャンディみたいなね、そういう作品

    メアリーの総てでも思ったけど、
    女性作家にはなんでだか憧れを感じるわね
    強い女性も然り

    ジョーのもつ深い愛情が伝わってきて
    こちらまで出てくる人物全員に、
    愛の眼差しを向けられるような、そんな映画でした

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す