お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

オペレーション:ウルフパック 特殊部隊・群狼作戦

G
  • 吹替
  • 字幕

ハード・ミリタリーアクション!武装テロ組織の潜む山岳地帯。たった9人の特殊部隊が命がけのミッションに挑む!

トルコ軍のメッテラー隊に所属するキュルシャット大尉は、アフリン地域解放を謳う大規模な作戦のため8人の隊員とともにクルド山地に進軍していた。住民になりすまし、人質をとるテロリストたちを相手に、味方の援軍もなくたった9人で立ち向かうメンバーたち。仲間や戦闘の巻き添えになった少女の死を目の当たりにして苦悩しながらも、故郷に残してきた家族や愛する人を想い、作戦成功のために命がけで戦う。

詳細情報

原題
Meteler
関連情報
音楽:フェリドゥン・エムレ・ドゥルスン
音声言語
トルコ語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
トルコ
対応端末
公開開始日
2020-10-21 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

歴史・戦争洋画ランキング

オペレーション:ウルフパック 特殊部隊・群狼作戦の評価・レビュー

2.8
観た人
43
観たい人
14
  • 1.0

    こんちさん2021/12/06 18:02

    冒頭3分で分かる駄作臭。敵は全員棒立ちで今時FPSのイージーモードでももう少しいい動きします。演技も棒だし、15分持ちませんでした。クオリティの低いプロパガンダ映画です。

  • 2.4

    さとっぴさん2021/11/22 23:22

    自分も戦地にいるような体験型で打ちかます!団結力はいいのに、やられ方がかわいそうな。銃はしっかり狙っって!

  • 3.0

    えりみさん2021/11/20 07:26

    トルコ戦争映画をよく放送してるイメージのWOWOW、ついつい録画。
    お馴染み国威発揚系ミリタリーアクション😃
    邦題はめっちゃ狼推しやねんけど、
    本編にはそんなくだりは全く無かった気がする🐺🤔
    メテラー隊8人😨の活躍を描く。
    ニュース映像入れてきたりするけど実在するのかどうかは不明🙄
    2018年1月27日シリア、アフリン近郊が舞台。日付は直近でリアル。
    映画のトルコ軍が相手にするのは大体クルド人かISISと相場が決まってる🚬
    米国に「シリアで活動するな」と釘を刺されてもガン無視😏
    アメリカ妨害工作にも怯まない!
    「アメリカ映画を見るやつはぶん殴ってやる💢」
    エエゾーモットヤレーw

    タイガーストライプとウッドランドパターンの中間的なデジタル迷彩が格好良い♪
    民兵相手とはいえ、初っ端から特殊部隊らしからぬ無茶な突撃を仕掛ける8人😨
    でも村人には感謝される😄
    今回はクルド労働党が敵だそうです⚔
    カフル・ジャンネに向かうメテラー隊
    目的地🤔は兎も角、
    8人の区別が全くつかないのがツライ😵
    チョイチョイ差し込まれる歴戦の回想シーンで
    強い絆があるのは分かるけど、
    みんな髭面の濃い顔で誰が誰やらサッパリ❓
    車に乗ったり降りたり忙しい行軍の意味もサッパリ❓
    地雷対策なのか?!
    リアリティを追求するのか
    強さをアピールするのか
    どっちつかずになってるヨ😓

    クライマックスは
    援軍が来るまで4〜5時間😨60人を相手に死闘😱
    スナイパーの2人が兄弟やと此処で知る😨
    もっと早よアピールしてよー!!
    小隊長が死に急いじゃダメデショ−😫
    メメタン無防備過ぎーー😣
    みんな特攻しすぎーーー😱
    旧日本軍かよ🚬
    敵は60人言うてましたけど83人デシタ📺📰
    名誉の戦死てか😥

  • 3.2

    poteoさん2021/11/06 19:23

    2021-849
    独立自治を目指すクルド人テロリストと戦うトルコ軍のプロパガンダムービー。

    取ってつけた各キャラのボックボーンでお涙頂戴と国威発揚が目的だがエンタメ映画としては、稚拙で幅も奥行きも無い。

    全く逆でトルコ内での独立を目指すクルド人民兵組織の悲哀を描いた「フォートレストダウン」と言うプロパガンダムービーと合わせて観ると立体的で良いと思う。

  • 3.5

    真っ黒こげ太郎さん2021/10/19 01:22

    「メテラー隊!」

    「「「「「メテラー隊ッ!」」」」」

    「メテラー隊!!!!!」

    「「「「「メテラー隊ッッッッ!!!!!」」」」」


    …ここに「千葉!滋賀!佐賀!」と混ぜても「「「「「「千葉!滋賀!佐賀!」」」」」と勢いよく返してくれそう。w




    キュルサット大尉率いる特殊部隊メテラー隊は、テロリスト達が支配する村を解放しながら進軍していた。
    彼らはテロリストを討伐しながら、次の村、カフル・ジャンネに向けて進軍を進める。

    休憩を挟むために民間人しか居ない村、カトラに立ち寄った一行。
    だが、その村は民間人を装っていたテロリスト達が沢山潜伏しており、メテラー隊を取り囲んでいたのだ!!!
    援軍が来るまで時間が掛かり、遅くて4~5時間、早くても1時間は掛かるという。
    果たして彼らはテロリストに包囲されたこの地から生きて帰る事が出来るのか…。



    凶悪テロリストの武装集団に囲まれた特殊部隊の戦いを描いた、トルコ産の戦争アクション映画。

    戦争映画をコンスタントに配給し続ける、お馴染み彩プロさん配給の一作。
    偶にはコマンドアクション系の映画が観たくなったのでレンタル。

    前半は最初の村を救出してからの出発、後半からは囲まれた敵地でのドンパチとお話はシンプル。
    まぁ、政治の絡んだ内容をガッツリ語って内容をややこしくする位ならこの位で丁度いいかな。


    前半、別の村へ行く道中の世間話や過去の回想で「この戦が終わったら結婚するんだ…」とか「必ず家族の元に帰るんだ…」的な死亡フラグビンビンなシーンを入れてくるのが余りにもあからさますぎて寧ろ笑えます。w
    そして後半の戦いで、そのフラグをしっかり回収してきます。w
    殉職シーンは感動的に演出してますが、前半のフラグ立てがあからさますぎて逆に笑ってしまうよ。w

    ただ、仮にも特殊部隊なのに仲間が死んだだけで感傷的になりすぎるのはどうかと思う。w
    自分は戦場でメソメソする展開はどうかと思うが、今作の場合は余りにも急に慟哭しまくるので、寧ろ笑ってしまう。www
    豆腐メンタルか!お前らは!!!wwww

    後、お国柄かやたら祖国万歳!なノリが多いのは結構気になるかも。
    ラストも明らかに祖国に捧げる感じだったし。


    それでも、銃撃戦やゲリラ戦等のドンパチはそれなりに見れるし、テンポも悪くない。
    自分は「戦いは嫌だぁ~」「お家帰りたいよ~」なノリでメソメソする展開は嫌いだが、今作の場合は基本勇んで戦いに挑むので潔くて良い。

    ただ、予算の関係からか、戦闘シーンはやや地味な印象があったので、もうちょっと派手な内容でも良かったと思う。
    やたらと激しそうなジャケに反して、火薬の爆発が2回程しか無かったのも残念。予告編の映画の方が火薬多そうw
    (着弾に土煙は出てたが。)


    正直戦争映画としては重苦しさに欠けるし、地味だし、祖国万々歳なノリはどうかと思うけど、B級のコマンド・アクション映画としてはまぁそれなりに暇つぶしになるとは思う。
    レンタル料金半額の日とかにでもどうぞ。

  • 3.5

    ブルースターさん2021/07/22 16:20

    WOWOW.

    シリアとトルコの国境付近の村が舞台の戦争アクション。村民に変装したテロ集団と決死の攻防を描く。
    アメリアに楯突いたトルコの男らしさはとてもよかった。なくなく作戦がたてられたわけではなくトルコ側の主張がはっきりしてて分かりやすく面白かった。
    短い尺に上手くまとめられていていい作品でした。

  • −−

    MayumiMさん2021/07/08 20:47

    何でトルコ軍って強く見えないんだろうというか、どうしていつも救世主扱いされたがるんだろうと思わず眉間にシワを寄せていたんだけど、水の中から飛び出して敵を一掃したシーンに大いに笑った……けど、ソレ以上は無理だった。

  • 3.0

    風来坊さん2021/06/30 10:51

    シリアとトルコの国境付近の村を舞台に、村民になりすましていた武装組織に包囲されたトルコ軍特殊部隊の決死の戦いを描くミリタリーアクション。

    てっきりダンテ・ラム監督のオペレーションシリーズかと思ったらトルコ映画でした(笑)
    ミリタリーアクションはその国の軍の宣伝の側面もあるので、仕方ないのですが本作はかなりプロパガンダ的な意味合いが強いです。

    「フォートレスダウン」はシリア視点のクルドとトルコとの軋轢でしたが、こちらはトルコ視点でのシリアとの軋轢。
    なのでクルド人の方達を悪者として描いていますし、トルコ軍を孤高で人情味溢れる感じでカッコ良く描いています。
    悪く言えばトルコ軍にとって非常に都合がいい解釈をしています。

    敵が何処に潜んでいるかも分からないのに、戦場で大声で歌ったり掛け声したりとこの辺は映画的な演出で誇張していると思いました。
    ミリタリー物としては戦闘シーンは少なくクライマックスに集約されていますね。厳しい大地での行軍や地雷処理など地味な感じですが、ある意味リアルなのかも知れません。

    自然の映像が綺麗。戦闘シーンは長回し風のカメラワークがなかなかの臨場感を出していました。
    孤立無援な状況下で仲間を失っても最期まで諦めない信条は熱い。
    途中で頻繁に入る回想シーンはテンポを損ねている気がしますが、好きな人も居るでしょうし好みの問題か。

    爆発演出などもCGに頼っている事が多く、ミリタリー物としては地味な部類。
    世界情勢など余計な事を考えなければまずまず楽しめる作品と思いますが、ミリタリー作品がお好きな方向けだと思います。

    まとめの一言
    「旗を掲げろ」

  • 2.3

    highburyさん2021/06/05 10:56

    【日本語訳が微妙】

    トルコ軍特殊部隊とテロリストのシリア国境付近での戦いを描いた作品。

    9名の隊員がテロリストと戦いながら村を解放していき、最後に大ピンチを迎えます。
    死亡フラグはきっちり建ててくれる親切脚本。
    ですが、ジャケットに描かれているヘリは出てこないし、全体的に戦闘シーンが地味過ぎました。


    トルコが大好きな方、ミリタリー映画が大好きな方以外にはお薦めできない作品です。

  • 3.0

    Jasminneさん2021/05/04 11:43

    トルコ側から見たシリア国境のテロとの戦いの話。
    トルコ側から見たものでテロリストが誰なのかちょっとよくわからない。ぼかしてある。
    実際にあった出来事をモチーフにしているがトルコ側の兵士の日常とかちゃんと書いてあってトルコ兵に自己投影できるならいいかも。
    BGMが単調で荘厳でうるさい。


    108

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました