お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

リトル・ダンサー

G
  • 字幕

1984年。イングランド北部・ダーラムの炭鉱町エヴァリントンに住むビリー・エリオットは、炭鉱夫である父と兄のトニー、そして軽度の認知症を患う祖母と一緒に暮らしている。母はビリーが幼い頃に亡くなっていた。当時のイギリスは炭鉱不況の真っ只中で、父とトニーはストライキ(en)に参加していた。父はボクシングの熱烈なファンであり、近所のジムにビリーを通わせている。しかしビリー自身は、殴り合うというボクシングの特性に馴染むことができなかった。そんなある日、ボクシング・ジムの隅でバレエ教室が開かれることになった。もともと音楽が好きであったビリーは、音楽に合わせて優雅に踊るバレエに魅せられ、密かに教室に参加しコーチであるウィルキンソン夫人の指導を仰ぐ。ウィルキンソン夫人はビリーにバレエの才能を見いだし、ビリーも上達していく。

詳細情報

原題
BILLY ELLIOT
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2000
制作国
イギリス
対応端末
公開開始日
2020-10-21 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

リトル・ダンサーの評価・レビュー

4.2
観た人
40272
観たい人
32309
  • 3.5

    吉田晋之介さん2021/09/27 11:11

    イギリスの田舎のある家庭の物語。
    英語が聞きなれないレベルで訛っている。

    炭鉱のストライキとかの背景はあまり自分に馴染みがないのでよくわからないが、この家庭が置かれている経済状況は察しがつく。
    母親のこととか、色々泣けるところがあるが、まぁ、よくある設定ではある。

    僕は見ている最中、この家庭以外の、映画では描かれていない多くの挫折のストーリーに思いを馳せていた。
    バレエスクールの他の生徒たちや受験生たちはそれぞれ幸せを掴んだだろうか。

    才能があれば成功する。その才能を潰さなくてよかったね、という、才能がある人へのジェラシーも少し感じる映画だった。


    それにしてもこの才能を見出した、先生への感謝がさらっとしている。そこは気になるポイントであった。用済み感の強いフェードアウトである。
    せめて、最後の公演のシーンで先生を見たかった。

  • 5.0

    さとさん2021/09/27 09:00

    ウキワク葛藤ブギダンス!!
    少年の気持ちだけではなく
    周りの人達の気持ちも
    踊りに表現されているようにもみえた。

  • 5.0

    のぞみさん2021/09/26 23:04

    リトルダンサー、出会うのが遅くなってしまった

    久しぶりの満点採点、素敵な作品でした

    自分自身バレエの厳しさ、美しさ、残酷さ、儚さを知ってるからこそ、バレエ映画に共感してしまいます

    バレエの世界って本当に最高だな

    ビリーの踊りたくてたまらない感じが愛おしくて愛おしくて

    偏見、貧困、ジェンダー、家族、あらゆる視点でみれるからこそ名作と言えるのかな

    お父さんと芝生で笑いながらハグするシーンがお気に入り

    お兄さんのi miss youもずるい

    音楽もインテリアもファッションも世界観もカメラワークも本当に可愛くて、アート。ずっとずっと眼福でした

    ミュージカル版もぜひ見たい

  • 4.8

    りんごさん2021/09/25 12:20

    これめっちゃ好きな映画だ、、。

    子どもだからって諦めずに夢に向かっていくビリーが色んな場面で大人だなって感じた。マイケルとの関係も、優しい世界だなと思った。周囲の人に感謝して生きていこうと思った。

    好きなことは気づいたらしているものだよね!!
    言葉でうまく説明できないけれど。

    ビリーの情熱で家族がだんだん一つになっていく。人が努力している姿は他人をも変えうる!兄ちゃんのツンデレ感めっちゃ好き。

    ラストはかっこよすぎるので皆見てほしい。

  • 4.3

    ozaさん2021/09/22 02:37

    不器用な父親の覚悟に泣ける。
    家族愛で感動する映画やと思ってなかったから、意外やった。
    母親を亡くして、反対されながらも夢追いかけて、挫折して、また努力して。自分が天国にいる母親やったら今すぐ抱きしめたくなるやろうなって思った。

    ファッションとかカメラワークがオシャレやからそうゆう面でも楽しめる!ビリー役の子も魅力があって特に髪質が羨ましかった。そしてトムホランドに似てた。

  • 3.8

    LOSTさん2021/09/21 21:55

    1984年、ビリーは父や兄、祖母とイギリス北部の炭坑町で暮らしていた
    ある日、彼の通うボクシング教室のホールの隅でバレエ教室が開かれ、飛び入り参加したことで次第に魅せられていくが…

    バレエの先生なんか見たことあると思ったら、ロン・ウィーズリーのママ役の人か!

    「遠い空の向こうに」のように頑固親父の心情に変化が起きる系の作品に弱いので、今作もウルっときた
    兄貴の声がバス内からは聞き取れない場面も😢

    ばあちゃん、もっとボケてるのかと思いきや意外とはっきりしてた

    地味に気になるのは、序盤でビリーと帰ってた女の子が、車が通り過ぎたのと同時に急に消えたこと…
    車に飛び乗るようなワイルドな娘だったのかな

    サントラの選曲が良い👍
    序盤はT.Rexづくし、後半は炭鉱夫達のストライキやビリーの反抗心を表すかのようにThe ClashやThe Jamなどパンク系の曲が使われていた

    ♪サントラ
    ・T.Rex「Cosmic Dancer」
        「Get It On」
    ・The Clash「London Calling」
    ・The Jam「Town Called malice」etc…

  • 4.6

    Iamリリコさん2021/09/21 19:31

    なぜか涙が止まらなかった😢
    なんか全員不器用で、美しい😢

    ビリーが子供なのになぜかおっさんのように頑固で短気でキレてばかりで
    しかもダンスド下手でどこを見込まれたんだろうって ?がいっぱいで…
    最初イライラしたけど 笑
    後半がどんどんよくて父と兄の豹変ぶりとか面白かった。
    何年か経ったらまた見返したい。

  • 5.0

    銀太さん2021/09/20 17:41

    ビリーを取り巻く全ての愛すべき人々。
    お兄さんのI miss youはズルい😢
    炭鉱もの、名作多いなぁ。

  • 4.0

    nobuoさん2021/09/20 14:47

    バレエダンスに惹かれ、ダンサーを目指すようになった少年の青春映画。
    “不器用な親父が子どもの夢を応援してくれる映画に駄作は(ほぼ)無い。by俺”の法則は本作にも適用された。

    ダンスに疎いのでバレエにタップダンス的な動きがあるのかは知らないが、このタップが滅茶苦茶格好良い。
    そして地味に邦題がナイス。「ダンサー・ボーイ」等とあえて“男の子がダンスしますよ!”という過度な主張をしておらずに品がいい。

  • 2.4

    HSさん2021/09/19 17:43

    田舎町の少年の夢で言うと「オクトーバースカイ」ダンサーの夢で言うと「フラッシュダンス」の2作品を思い出させる映画。
    どうも先生が後半放ったらかしになっているのが気になりました。
    前半は先生との関わり、後半は家族との関わりの2つの構成と思うが、何も後半先生を邪険に扱わなくても良かったのでは…。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す