お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

アンノウン・バトル 独ソ・ルジェフ東部戦線

G
  • 吹替
  • 字幕

絶対指令、拠点を取り戻せ―!!退路を断たれた最前線部隊、独ソ戦史から葬られた地獄のルジェフ会戦がついに映画化!

第二次大戦中、ソ連とドイツの激戦地となったルジェフ。1942年、モスクワ近郊まで進行していたドイツ・ナチス軍に対してソ連赤軍が反撃を仕掛けるが、ドイツ軍戦線を突破できず130万人もの兵士を失う大打撃を負ってしまう。それ故、このルジェフ会戦は、存在そのものがソ連戦史から封印されていた。しかし、この知られざる戦いを契機に戦況は一変、ソ連赤軍は戦線をモスクワから、さらに約160キロ押し戻すことに成功、ドイツ軍は翌年3月に退却を余儀なくされ、増援部隊の補給を絶たれることになった。本作は、この独ソ戦の最前線に実際に兵士として従軍し、戦後に著名作家となったヴャチェスラフ・コンドラチェフ氏によるルジェフ最前線の1日を描いた小説を原案をベースに戦場をリアルに描いた傑作!!監督は、この戦場リアリティをさらに追求、ワールドワイドなメジャー俳優は一切起用せず、主人公ヒーローも存在しない。さらに全編に女性、子供の登場シーンも一切無し。それが、本作が描く戦場のリアルなのだ!半世紀以上の時を経て、戦地に身を捧げた兵士たちの功績が称えられ、初めて映画化された“ルジェフの知られざる戦い”。戦争の是非を問う衝撃の戦争アクションがついに日本解禁!!

詳細情報

原題
Rzhev
関連情報
監督・脚本:イーゴリ・コプイロフ 原作:ヴャチェスラフ・コンドラチェフ 製作:セルゲイ・シュチェグロフ,イネッサ・ユルチェンコ 音楽:マクシム・コシェヴァロフ 『トラップ・ゲーム』,アレクサンドル・マエフ 『黒人魚』 撮影:エフゲニー・コルデュンスキー,エドガー・ジャムガーリャン 編集:ヴィタリー・ヴィノグラードフ 『パトリオット・ウォー ナチス戦車部隊に挑んだ28人』
音声言語
ロシア語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
ロシア
対応端末
公開開始日
2020-10-23 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

歴史・戦争洋画ランキング

アンノウン・バトル 独ソ・ルジェフ東部戦線の評価・レビュー

3.3
観た人
104
観たい人
54
  • 4.1

    えりみさん2021/11/19 12:56

    WOWOW録画。
    フィルマにあらすじが無いのでWOWOWのをコピペすると、
    ー1942年11月、モスクワ近郊まで進軍していたナチス・ドイツ軍に対し、ソ連赤軍が反撃を試みるも、戦線を突破できず、およそ130万人もの犠牲を出してしまったとされるルジェフ会戦。あまりに多くの犠牲者を出したことから、長らくソ連戦史から封印されていたと言われるこの激戦を映画化ー
    ロシア戦争映画。
    ルジェフ会戦全体を描くわけではなく、
    その中の1つ、名もなき小さな村落の攻防戦にフォーカス。
    ー志願兵に捧ぐー
    そして、
    この映画の収益は退役軍人支援の為に使われるとか💰

    レイティングはなかった気がするけど、
    初っ端から地獄の塹壕戦&雪⛄
    CGじゃ無さそう、火薬量が凄まじい😲
    体が木っ端微塵に飛び散る😱、
    戦争映画史上一番痛そうに有刺鉄線に絡まる😱
    殴り殺す😱流れ弾で死ぬ😱
    ナチス兵は敢えてなのか皆顔隠してる(後半顔出しする奴も)
    タイトルが出るまでの8分間?がとにかくエグい😱

    無策っぽいのに村落は奪還出来たが、
    犠牲者多数💀
    運が良かっただけ🚬
    オープニングの戦闘後に長回しとは
    美術さんが大変そう😃

    17歳の少年が志願して来てるっていうのに
    本部は負け戦に応援を出したくないって😨
    ただでさえ動ける兵士が少ない云うてんのに
    しょうもない軍機違反で死刑って😨
    仲間内で揉めてる間にナチス軍が匍匐前進してくるし😱
    火炎放射器やめてー🔥😫
    残り32人😱
    それでも無情な本部命令😢

    フェイドアウトした後、お約束のエンドロール前のテロップ補足
    ー1942年から43年のルジェフでの戦いでは130万人以上のソ連兵が死亡
    ルジェフの戦いを契機に戦況は一変
    スターリングラードでドイツが敗北
    43年3月退却を余儀なくされる
    赤軍は戦線をモスクワから更に160km押し戻すことに成功
    ドイツ軍は補給を断たれることになったー

    …エ❓百三十万人?!
    ただ単に人口が多かったから勝てただけやん😨
    幼女戦記をみた後やったから妙にハマった😃
    第二〇三航空魔導大隊が上空で華々しく戦果を上げている時、
    雪で泥濘んだ地上では原始的で不毛な戦いが繰り広げられていていた、と夢想😌😢

  • 4.3

    Kaiさん2021/07/25 19:45

    いや〜、良かった。
    第二次世界大戦中の独ソ戦。この頃のソ連は粛清の嵐で軍はガタガタ。
    そんなところも良く伝わってくる。
    深く歴史を勉強した人ならこの映画の良さがわかるはず。
    スターリンの下でもがいていたソ連兵は、みんな人間臭くて必死に生きていたんだよね。
    これはただの娯楽映画なんかじゃない。

  • 3.4

    アラバンさん2021/07/21 19:05

    極悪対決独ソ戦。
    最初の塹壕での戦闘シーンが凄惨の極みで、暴力による血まみれの殺し合いが続く超接近戦のリアルな戦闘描写は凄まじい迫力です。

    ソ連といえば、指令部が無能過ぎて桁外れの損害を出しながらも、愚直でタフな田舎兵士達が粘りに粘って粘り勝つというイメージでしたが、まさにそのまんま。
    そりゃ現場はたまったもんじゃありません。

    戦力の半数を失いながら奪取した拠点を死守すべく増援を頼んだら拒否られ、おまけに内部監査官まで送り込まれて士気ガタ落ち。

    「これで取り返されたら俺たちのせいかよ」
    って、ブチ切れて吐き捨てる兵士さん。
    ごもっとも。

    そんな上層部の酷すぎる指示に怒り狂いながらも、最善を尽くそうとする現場の兵士たちの葛藤と気概が描かれています。。
    ですが、人物描写が弱くて兵士たちの感情がもう一つ強く伝わってこなくて勿体無かった。

    なんだろうか。、このロシア映画独特の?謎の感動空回り。。

    独特とか言えるほど観てませんが。。。😅

  • 2.5

    ブルースターさん2021/07/17 15:03

    WOWOW.

    第2次世界大戦時、独ソの激しい戦闘を描いた戦争アクション。ドイツ軍に奪われた村を奪還に成功したが本部からの命令は残存部隊だけで村を死守せよとのこと。物質も疲労も限界の中、兵士たちの究極の選択が待っていた。
    ロシアの人たちの愛国心が詰まった作品でした。

  • 5.0

    上野尾花さん2021/06/30 21:31

    第二次大戦の独ソ戦、ルジェフの戦いの一部がテーマの作品。拠点となる村を防衛する、ソ連軍の視点で描かれている。もちろんロシア製。

    同戦いはソ連軍の被害が甚大で、英語版のWikipediaには "Rzhev Meat Grinder"(肉挽き機)とまで書かれてるほど。劇中では、拠点となる村を奪取するところから始まるけど、初っ端から火薬と血糊でいっぱい。オープニング10分の迫力はハリウッドにも負けてなかった。

    村を奪ってからは、防衛側として塹壕にこもって戦う。この映画、例えば思い出的なシーンみたいな、戦場以外のシーンが全くない。たぶんゼロ。その舞台になる村に掘られた塹壕も、血糊とドロドロでぐちゃぐちゃだし、戦闘が相次ぐから緊張感が尋常ない。

    ストーリーがないなんて指摘があるけど、本当に観たのかな?作品の中で最後まで描かれてる、この防衛戦の顛末こそ強烈なストーリーだと思うけど。

    あと、登場人物の描写もかなり良かった。新兵、一般兵、下士官、士官がそれぞれの立場できちんと写されてた。戦争映画の士官ってかなり嫌なやつなことが多いし、事実この映画でも悪魔みたいな人間だったけど、そいつなりの苦悩があることが説明されていて、納得がいったし、なまなましく感じた。

    戦場そのものを写した映画として、かなりの傑作だと思う。

  • 3.0

    MayumiMさん2021/06/27 20:44

    塹壕戦の悲惨はむしろWW1の方が壮絶だったと思うけど……イヤむしろ、THE共産主義国家の色んな問題が浮き彫りになってるトコロが何というか。孤児に対してあんなに手厚い保護制度があったのに、兵士は使い捨て感満々って一体……。
    ともあれ、開始5分でソ連兵の勇猛果敢ぶりは十分理解できたけれど、兵士間の数多のエピソードが浮き彫りになるにつれ、何故ドイツはこんな連中に負けたのか……という疑問を感じないではいられなくなること請け合いな一作。イヤ、ドイツはドイツで一番偉いヒトがお花畑だったから仕方ないっちゃ仕方ないのかもしれないけど……。

  • 3.2

    風来坊さん2021/06/27 16:01

    第二次世界大戦時、ドイツ軍とソ連軍が激闘を繰り広げたルジェフ会戦を題材にした戦争アクション。ソ連兵、約130万人が死亡したとされる無謀で凄惨な戦いをリアルな描写で綴る。

    冒頭の戦闘シーンは非常に臨場感がありました。最早、戦闘能力とか関係なく、生き残るのは運だけのような無謀な特攻作戦がリアルでした。
    命令を出す上が大馬鹿で兵士をただの消耗品としか思ってなく、無謀過ぎる任務を命令される最前線の兵士の悲哀は丁寧に描かれています。

    そんな事にかまけている場合じゃないのに敵のビラがどうとか…ホントにくだらないですね(# ゚Д゚)
    そんな事は今はどうだっていいような、味方同士での諍いや揉め事ばかりが描かれるので、ちょっと変わった戦争映画になっていて好みは分かれると思います。

    爆発シーンはCGではなく火薬を使用した本物の爆発で迫力が違います。
    特に迫撃砲の爆発はスゴかったです。
    戦闘シーンの迫力と臨場感はお金を掛けていて素晴らしいが、ストーリーにはクセがあり個人的にはイマイチでした。
    それでも悲愴感を感じるリアルな戦争映画で見応えはありました。

    まとめの一言
    「バカ中佐」

  • 3.5

    塔の上のカバンツェルさん2021/06/11 02:18

    全般的にはロシア愛国映画。
    ただ、印象的なシーンもチラホラある興味深い作品でもあったかなと。

    本作ではルジュフ突出部の戦いが、スターリングラードの戦いに影響を与え、ドイツに致命的な打撃を与えたとするんだけど、ロシア国内だとそういう評価なのかーとちょっと新鮮。

    ルジュフの戦いの個人的な認識としては、モスクワの戦いで味を占めたスターリンと指導部は、ドイツ軍への反撃を企図して、赤軍の尻を蹴って大反攻に出るんだけど、ドイツ軍陣地が硬すぎて惨敗、結構な損害を受けてたんじゃないかと。

    そもそもこの期間の戦いは、ソ連側資料も少なく、比して日本語文献もそこまで揃ってない。
    ドイツ軍が発動するブラウ作戦が、ルジュフ戦後に戦力を整える時間をドイツとソ連に与えたと言う意味では、補助的な遠因を与えた程度だったというレベルだったので…個人的には今後ロシア国内でも文献増えてくのかなぁ…と期待。



    で、本作と言えば冒頭から激しい白兵戦が展開され、戦闘シーンは流石のロシアクオリティ。
    火薬量も申し分ないです。

    何というか、現場の苦悩みたいなものに焦点を当てた映画だったな。

    出張ってくるNKVDとか、戦場でアクシデントでフレンドリーファイアを喰らうとか、本部から援軍が延々と送られてこないとか…現場の混乱と疲労が伝わってくる。

    特にNKVDの嫌な奴っぷりは、必見。
    政治将校がビラを拾う件とかはブラックユーモアとも。
    所々で、皮肉めいた場面があるので興味深い。

    ただ、全般的には愛国心を誘うような導線になってるので、その辺はロシア向けなので当然かなー
    ソ連人なんか知るか、ロシア人だから戦う!の会話とか、ソ連邦の文脈とはちょい違うな〜だし、キリスト教の演出がやたら多いのもソ連とは異質ではあるかなと。
    照明弾がユダの壁画を照らすとことか、燃える十字架がグワングワン映るとか。


    本作の兵士達の泥臭さは良かったです。
    特にキリスト教徒の古参兵の爺さんが良い味を出してるし、NKVDや政治将校も人間として描かれるので、彼等も人間だよ!ってロシア人が言いたいのもそりゃ理解。

    あと、本部の中佐が援軍を送ってくれないのは最後に説明はあるものの、突出部に下手に人員を送って損耗したくない+後退させると退却主義で裁かれるっていうのもまぁあるんじゃねとも。

    この辺の赤軍の指揮系統の硬直っぷりと未熟さは、大戦を通して大変な犠牲を払って改善していくわけだけど、
    その大変な犠牲にこのルジュフの戦いも含まれるので、今作も悲壮感が満ちた一本だった。

  • 3.8

    ニハルさん2021/05/12 00:56

    T-34からの戦争映画マラソンの一環で鑑賞。

    ソ連から見た独ソ戦ってなかなかないから目新しさがあって面白かったです。
    どうしてもアメリカ万歳的なハリウッド戦争映画ばかり目にする機会が多いから、ロシア人がロシア語でロシアでの戦争を描く映画を日本で見れるというのはかなり嬉しい。
    独ソ戦の知識をもう少しつけたらまた見直すかも。

  • 3.5

    かりんさん2021/04/21 14:10

    記録 戦闘シーンは凄ったです😲😲
    無謀な作戦だったんですかね😫😫

    突撃シーンはびっくりしました😫
    中佐😠😡😠😡

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました