お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

気狂いピエロ

G
  • 字幕

「ピエロ」と呼ばれるフェルディナンは、不幸な結婚をしていた。退屈な生活から逃げ出したい衝動に駆られていたフェルディナンは、ふと出会った昔の愛人であるマリアンヌと一夜を過ごすが、翌朝見知らぬ男性の死体を見つけ、彼女と共に逃避行を始める。アルジェリアのギャングに追われながらもフェルディナンは充実した生活を過ごすが、そんな彼に嫌気がさしたマリアンヌは、ギャングと通じてフェルディナンを裏切る。マリアンヌを銃殺したフェルディナンは顔にペンキを塗り、さらにはダイナマイトまで顔に巻きつけ、死ぬつもりで火を点ける。我に返ったフェルディナンは火を消そうとするが間に合わずに爆死する。カメラは地中海を映し、アルチュール・ランボーの詩「永遠」が朗読される。

詳細情報

原題
PIERROT LE FOU
音声言語
フランス語
字幕言語
日本語
制作年
1965
制作国
フランス/イタリア
対応端末
公開開始日
2020-11-13 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

気狂いピエロの評価・レビュー

3.8
観た人
11969
観たい人
11138
  • 3.8

    かぼすさん2022/01/19 23:52

    生まれる時代を間違えなかった男、ベルモンド。噛めば噛むほど色気が出るスルメ男、ベルモンド。アンナカリーナの隣が似合う男、ベルモンド。
    ピエロといえば白塗りなのに、そこは青なんだ。そしてなぜジャケ写は人物の方が白黒なの?

  • −−

    そうちまんさん2022/01/19 14:01

    再見。ゴダールの中で一番くりかえし見てるの気狂いピエロだと思う。時々、ベルモンドがお道化るのも好きだし、アンナ・カリーナが車のボンネットでガソリンスタンドの店員を始末するのも好きだし、もう最高だよ

  • 4.0

    じゃけエルウィさん2022/01/12 20:47

    もおわけわからんけど、引き込まれて短く感じた。
    ストーリーは曖昧模糊。全てが唐突で理由や背景も希釈。
    なのに、かなり心に残る。

  • 3.0

    きょんさん2022/01/11 22:45

    なぜクリップに登録していたが忘れたが、たまたまTSUTAYAで見かけたのでレンタル。
    うーん。。笑
    わからぬ!笑
    ところどころの演出の意味は私には理解できず。

    男女がお金を盗みながら、男は小説を描きながら、女は刺激を求めながら展開されてく二人の話。
    「どーしよーどーしたらいいのー」という恋人同士が理解しきれないシーンが印象的。笑
    全然人には勧められないけどなぁ笑

  • −−

    seitasuzukiさん2022/01/08 18:28

    色の使い方がいい。赤と青、情熱と自若。相反する表情をうまく表現してる。
    今年はジャンポールベルモンドくらい赤が似合う男になりたい!
    ただ、話の内容は一切分かりません!

  • −−

    れんさん2022/01/07 19:42

    期末課題のために初ゴダール。
    なんやねんこれとしかならん。。。

    ガソスタの茶番何。
    なんで毎回ピエロ??

    唯一ドライブのシーンのカメラの回し方はタランティーノがこの映画から学んだことなんやろなってことだけはわかった。マリアンヌに関しては化粧の感じ、出血してる感じもミアに似てる。

  • 3.8

    jazzの部屋さん2022/01/05 23:46

    昔の恋人と出会った男女の逃避行を描いた名作。
    結構前に鑑賞した時は印象に残ってない作品だったので再鑑賞。
    男女の愛と意識のすれ違いを詩的に表現した本作はまさに宇宙に包括される様で言葉であり感情である。
    二人を切り取った描写はどこか別世界にも見えた。
    2022年の年初め映画はヌーヴェルヴァーグの名作。
    数年前に1回観た時は詩的すぎる表現にピンっと来なかったけど今回はかなり腑に落ちている。
    恋とは一種の気の迷いで論理的な部分と感情的な部分のせめぎ合いが詩的に表現されているのがこの作品か⁈
    まさに気ぐるい。

  • 3.8

    Ryoさん2022/01/04 00:48

    スタートから飛ばしすぎてストーリーはよくわからん。字幕と映像見たたら終わった。

    本当に何だかわからないんだけど、映画、文学、音楽を別々のものとして繋ぎ合わせて完成されたような感じ。それぞれに何か関係性があったりなかったりする。別ではないが一緒ではない、境界線のはっきりしないものをはっきりさせず、ぼんやりと映し出す。

    政治的な思想も見える。アメリカ批判的な。だけどこれも必ずしも批判だけではなく、それに相反する憧憬もありそうで、曖昧だ。

    良いのか良くないのか分からない、そんな映画。



  • 4.1

    ハローさん2022/01/03 23:53

    一体何が起きているのか?突然過ぎる理解不能な展開になかなか頭がついていかないのだが、ぐいぐいと引き込まれてしまったのは何故なんだろう。悲劇だけれども喜劇でもあるし、最終的にそんな道しかないのだろうとは思ってはいたが、まさかまさかってあまりの出来事におののきました。

    逃避行は必ず終わります🚘

  • 4.2

    イシヅカさん2022/01/02 01:27

    序盤の回想/逃避シーンの自分の趣向への刺さり具合はNo. 1かもしれない

    2022早々、凄いモノを観てしまったなぁ

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました